セルフマガジン、編集者、エンディングノート、終活、終活カウンセラー、かさこ塾、鹿児島市

  1. 毎日ブログを書き続ける理由、それは停滞していた数年間に対する後悔があるから。

    約1年半前にターニングポイントを迎えてからこちら、ブログを毎日書き続け、それまでよりは動き始めている。「なぜ、こういうことをずっと続けていられるのか?」と昨日ふと考えた。それは、悶々としていた時間が長く、動けていなかった時間に対する後悔があるからだと思い至った。

    続きを読む
  2. やりたいことの目標設定が大きすぎて戸惑うなら、小さな目標を確実にクリアすることこそを選ぼう!

    よくよく考えると、やりたいことがやれる時間は永遠ではない。なんだか改めてな感じだが。先日、開催されたかさこ塾東京フェスタで撮影した写真を見返してみると、私はいろいろな人と一緒に写真をとっている。

    続きを読む
  3. “アメブロ”を離れた現実を体感しつつも、新天地“Word Press”でご機嫌な理由。

    「(櫻木さんが)アメブロじゃなくなったから、更新されてもすぐに読むことがなくなりました…」と、最近アメブロをやっている方達に立て続けに言われてしまった。やっぱりな~。

    続きを読む
  4. 結婚相手をシェアメイトだと思うと、夫として妻としての役割を期待しすぎないから腹も立たずに済む。

    結婚してから7年、夫婦喧嘩というものをしたことがない。多少の言い合い?とまでもいかないようなことは年に1回ほどあるけれども、といってもそれがどういうことだったかさえ思い出せない。だからといってラブラブな夫婦というわけでもない。

    続きを読む
  5. “グレイ”で生きれば周囲と波風立てずに済むかもしれないが、自分の心の中は波が寄せてを繰り返す。

    「鹿児島ではグレイで生きたほうが生きやすいのよ」と、かなり前、ある人にアドバイスされたことがある。シドニー・東京・鹿児島と仕事をする場所を変え、最終的に落ち着いた故郷で「いざ、働こう!」としていた私へのアドバイスだった。

    続きを読む
  6. 「あなたはどこに向かってリスタ―トを切ったのか?」と問われた私のシンプルな答え。

    人生最期の瞬間の「私の人生は面白かった!」と言えるゴールに向かって、私は1年半前にリスタートを切った。「人生の折り返し地点に立ったとき、「私の人生このままで終わってもいいのだろうか?」という疑問が頭をもたげてきました。」というのは、私のセルフマガジン“Restart”の出だしの一文。

    続きを読む
  7. ブログネタは決まったものの書き進まない場合、あなたはどうしていますか?

    ブログを書くときに、なんとなく「これを書こうかな~」ぐらいのノリで書き始めるとたいてい筆が進まない(実際にはキーボードを打つ手が止まりがち)。または、書きながら、何度か文章をこねくりまわすことになる。私は4、5行書いた時点でそういう現象が現れたときは、その記事を書くのをやめる。

    続きを読む
  8. 「お宅の旦那さんは何をしてる人ですか?」ええ、普通のサラリーマンですが、何か?

    女子の会話で、よく耳にするのが「旦那さんは何をしてる人?」というフレーズ。それを聞くことで瞬時に俗に言うマウンティングが始まるんだろうなと思う。たまに「うちの夫は○○会社の重役で…」というのが枕詞になっている人(妻)に出くわす。

    続きを読む
  9. 自分が思いこんでいた当たり前は当たり前じゃないかもしれない。もっと“新しい当たり前”を見つけてみませんか?

    セルフマガジンプロデュース(制作請負)“POWER for Restart”プロジェクトは、鹿児島在住の編集者の私と大分在住のデザイナー・西溜さんの共同作業で行われている。つまり、リアルに会うことなく遠隔で、お仕事としてセルフマガジンを制作中。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る