コロナ禍

  1. 海や山で過ごすのは五感をフルに使うバランスの良いストレス発散。

    コロナ禍で過ごしていると在宅がちになったり、人と会うのも少し気になったり外食もひかえなきゃとかそういうのが知らず知らずのうちに自分の中に少しずつ蓄積されていますよね。

    続きを読む
  2. コロナ禍の私からコロナ禍のあなたへ~日曜ゆるブログ~

    コロナ禍において、先のことがちょっと見通せない状況が長く続いていますが皆さん、お元気ですか?私はぼちぼち元気に暮らしています。

    続きを読む
  3. コロナ禍で文字や電話でのやりとりだけだと見逃すことがあるかも。

    コロナ禍において、リアルで人と会うということが激減していますが、皆さんはいかがですか?他人とのやりとりはLINEやメッセンジャーで文字でというのがほぼほぼになっている私です。あとは、電話。

    続きを読む
  4. コロナ禍において、例えオンラインでもあなたが会いたい人は誰ですか?

    コロナ禍での生活を余儀なくされてもう少しで1年ぐらいになると思います。私の記憶では、昨年の3月初めに沖縄旅行へ出かけてその帰りの機内で、機内誌やドリンクサービスがなくなっていたことが本格的なコロナ禍突入のイメージです。

    続きを読む
  5. コロナ禍で大変だった一年、あなたにとってはどういう年でしたか?

    今年はどんな一年だったかといえば多くの人が「コロナ禍で大変でした」と答えるのではないでしょうか?私もそのうちのひとりです。

    続きを読む
  6. コロナ禍で見えてきた本当にお付き合いしたい人とこれからのこと。

    3月から始まったコロナ禍において人付き合いの部分もだいぶクリアになってきたように思います。私だけかな?(笑)昨日の記事の続きような話ですが…。コロナ禍においてもなお「リアルで会いたい!」と思う人は誰なんだろう?ふと、そう思ったんですよね。

    続きを読む
  7. 今のあなたにとって“豊かで快適な暮らし”とは?

    コロナ禍になってもう半年以上が経過しています。皆さんの生活は変わりましたか?多少なりとも変化を余儀なくされていると思います。私の生活もちろん変化しています。

    続きを読む
  8. コロナ禍において大事な“自分の平和”の守り方。

    コロナ禍において今までの生活や仕事のスタイルが変わってきてというか、変わらざるを得なくなりという人がとても多いと思います。

    続きを読む
  9. コロナ禍をしなやかに生きていくために大事にしたいこと。

    コロナ禍の過ごし方というのもいろいろ言われていますよね。例えば私みたいに個人起業してると働き方を変えなければならないとかサービスメニューを変えるべきとか云々。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る