エンディングノート

  1. 【4/24(金)オンライン開催】私のエンディングノート入門講座

    「終活に興味があるけれどもなかなか…」という方にぴったりの講座をオンライン(ZOOM)で開催します!3年前から対面でやっていた講座のオンラインバージョンとなります。

    続きを読む
  2. 「大事な人に伝えておきたい!」ことを今書き残さずにいつ書くの?

    この新型コロナウィルスにより命を落とす方が世界で急増し発症して亡くなるまでのスピードが速いということや家族の誰にも看取られずに亡くなるなどといった情報がわかったときに再び私が手をつけたものがあります。

    続きを読む
  3. 相手の情報や知識を疑うよりも先に自分を疑うことも大事!

    先日、ある方とのメールのやりとりで「終活を50代からする人が本当にいるのですか?」と言われました。その発言の裏には「あなたが終活を仕事にしてるから煽る意味でそういうことを言っているのでは?」というニュアンスが隠れているようでした。

    続きを読む
  4. 故人の意思を事前に聞いている・いないに関わらず遺族の後悔が少なくてすむためには。

    終活カウンセラーとして講座や講演などの仕事をさせていただくといろいろな方々にお会いします。「亡くなった家族の意思を事前に聞いていたからその通りにできてほっとしている。だから自分も準備しておこうと思う」と話してくださる方もいます。

    続きを読む
  5. 私たちなりに終活に向き合っています!~『終活アンケート』入賞5名のコメントをご紹介~

    私の誕生日企画として募集しました「終活簡単アンケート」へコメントいただいた方々の中から今日は【入賞5名】のコメントをご紹介いたします。【櫻木よしこ賞】に選ばれた3名の方のコメントは先日、ご紹介した記事はこちら。入賞された方々が書いてくださったコメントは以下です。

    続きを読む
  6. BD企画『終活アンケート』のコメント“櫻木よしこ賞”3名、入賞5名を発表します!

    私の誕生日企画として募集しました「終活簡単アンケート」へ70名を超える皆さまにご協力いただきました!誠にありがとうございました。なるほどと考えさせらるコメントや今後の指標になるようなもの工夫をしながら終活に取り組んでいるコメントなど本当に参考になりました。

    続きを読む
  7. 入院・施設入居時には、この1冊をバッグにいれていく時代に!

    自分の将来に備えて用意するものがまた一つ増えました。「入居するときにこの1冊をもってきてもらえると助かりますね」とはエンディングノート講座の感想としてグループホーム職員の方が教えてくださった一言です。

    続きを読む
  8. 通夜・告別式への参列を重んじる理由は最後のお別れだからというだけではなく。

    訃報が耳に入ったとき、皆さんは告別式にできるだけ出席するほうですか?それとも場合によりますか?私はよっぽどの事情がない限り通夜または告別式に参列します。結婚式の参列よりも通夜・告別式の出席のほうを重んじます。

    続きを読む
  9. 「終活しない親」に試してほしい3つの方法。

    先日、「親に終活をしてほしいけれどどうやってそれを言えばいいか…」というご相談がありました。親に終活について切り出せば、「親が亡くなるのを待っている」「財産(遺産)を狙っている」「薄情だ」と思われるのではないかと危惧する方たちもけっこう多いのが現状です。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

個人起業ブランディングコンサルタント、編集者、上級終活カウンセラー。鹿児島市在住。
・最初の一歩が踏み出せない。 ・自分の強みがわからない。 ・ブログ記事に自信がない。 そういう悩みを抱える方をサポートしています。
編集者として培った「他者目線で売れるポイントを見ぬく」スキルをいかし、個人向けのブランディングコンサルティングやブログ講座、ブランディング講座を各地で開催(コンサルティングはオンラインでも実施中)。
個人起業家に役立つ集客ツール“セルフマガジン”制作もデザイナーと組んで制作を請け負う。
一方、人生の後半を有意義に過ごしたい、家族に迷惑をかけずに終焉を迎えたい方や、そういう方々をサポートする地方自治体や新聞社、葬儀社等に向けて、“終活の案内人”として講演・講座・執筆活動も行っている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る