イメージ

  1. 自分がイメージする色を相手に確実に伝える方法。

    自分が好きな“赤色”を誰かに伝えたいときあなたならどうしますか?言葉で説明するとしたら例えば、イチゴの赤血液の赤赤信号の赤りんごの赤パプリカの赤バラの赤てんとう虫の赤 など世の中にはいろいろな種類の赤色があります。

    続きを読む
  2. 私がずっと続けている“運転する人の無事を祈るおまじない”をご紹介します!

    誰かとお会いしてからの別れ際必ずといっていいほどしていることがあります。特にその方が車を運転して帰るという場合なのですが…。それをすると自分自身もなんだか安心できるおまじないのようなものなのでご紹介したいと思います。それはイメージの活用です。

    続きを読む
  3. ブログを書いているけれども反応が感じられない場合のチェックポイント!

    ブログを書き始めたらまずは習慣化することが一番の目標になると思います。趣味のブログ等は別として仕事に繋げたい場合ですが。ブログを書くのがなかなか続かないという声をブランディングの講座やセッションのときにとてもよく耳にします。

    続きを読む
  4. あなたの“終の棲家”はハワイですか? それともどちらに?

    最近、たまに考えること。それは、「終の棲家」について。。私は晩年、どこで暮らしたいのだろうと。自分の晩年の前にまずは両親の晩年があります。

    続きを読む
  5. たまにはSNSから飛び出さないとあなたのイメージは誤解されたままかもしれないぞ!

    「いや〜ん、櫻木さん、そんなことする人なんですか?」とまたまた言われました@札幌冒頭の写真のようなポーズをとったときのこと。初めてお会いした方々が口々に意外そうにそう言った。私が口にしようとしているものはスイカバーではなく、スイカバーのような付箋紙。

    続きを読む
  6. 自分の仕事に“求められていること”を考えたことがありますか? ~第三者目線を意識するということ~

    時々立ち止まって考えることがある。自分の仕事に求められていることは何か?例えばケーキショップを経営しているとしたら他のお店よりもおいしいスイーツを作ること。他のお店にはないスイーツを作ること。お店が清潔であること。接客がにこやかで親切であること。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る