イベント

  1. 自分が気づいていない、自分の「好きなコト」を見つける方法とは。

    やったことがないことで「やってみようか、どうしようか」と迷うことはありませんか?私にとってそのひとつが昨年、ハロウィーン時期にトライしたコスプレでした。みんなのコスプレを見てるだけでも面白いかも~と思わないでもなかったですが、でもコレはやらないとつまらない。

    続きを読む
  2. イベント出店ジプシーから足を洗い、ソロデビューしたいあなたへ。

    できることや好きなことを仕事にしようとするときにまずは誰かと一緒に何かをすることから始める人も多いと思います。手始めにイベントに出店(出展)するとか。●●マルシェや●●フェスタのような感じのもの。

    続きを読む
  3. コラボやイベント出展を決めるあなたの基準は何ですか?

    通常、ひとりで講座をする私です。イベントにどんどん出展することもなくたくさんコラボして何かをすることもない私です。それは、誰かと何かをすることでこれまで大変なことがてんこ盛りで、ひとりでやるほうが気楽だわ~というのが気持ちの根底にあるからです。

    続きを読む
  4. 何のためにイベント出店(出展)するのかを考えたことがありますか?

    イベント出店(出展)する場合、いつも提供しているサービスメニューをそのまま出すことはいろいろな事情で難しい場合が多いです。イベント出店(出展)はお試ししてみてください的な度合いも高いので。

    続きを読む
  5. 皆さんのイベントにもぜひ“イベントコンシェルジュ”を!来場者にも出展者にもストレスのないシステムが作れます。

    一昨日(11/17)、鹿児島市で開催された「好きをカタチにする達人ミニフェスト@カゴシマ」はおかげさまで来場者が途切れることなく無事に終了することができました。

    続きを読む
  6. 誰かと一緒に定期的にイベントを開催するとき、最初に決めておいたほうが良いこと。

    それはひとまず最初に「期限を決める」ということ。毎月1回開催するとしたら3か月続けてみようとか、半年様子を見ようとか。個人だと問題ないが、複数でやる場合、最初はよくてもやっていくうちに不都合が生じやすい。

    続きを読む
  7. コラボでイベントをやる場合、役割分担はしっかりできていますか? 依存されていませんか?

    誰かと一緒に組んで、いわゆる“コラボ”というスタイルでイベントやワークショップを開催する場合のお話。開催までにいろいろな準備があるが、例えば2人でやる場合、その割り振りはあまり平等ではなく、どちらかに比重がかかる場合が多いパターンをわりと見聞きする。PCが苦手だから。

    続きを読む
  8. 新しく行動を起こすときは “泣こかい、飛ぼかい、泣こよっか、ひっ飛べ!”で!

    鹿児島にはこういうフレーズがある「泣こかい、飛ぼかい、泣こよっか、ひっ飛べ!」(泣こうか、飛ぼうか、泣くぐらいなら飛んでしまえ)というニュアンスです。つまりは、「考えるより、まずは行動を!」ということ。

    続きを読む
  9. 複数でイベントを企画するなら相手に「期待しない」「求めない」が平常心を保てるコツ

    誰かと一緒に組んで例えばイベント等をする場合、いろいろな問題が起こってくる。例えばよくあるのが集客を必要とする場合、「私、知り合いが少ないから~」「他人に声をかけるのが苦手だから~」といって、それを免れようとするケース。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

個人起業コンサルタント、編集者、上級終活カウンセラー。鹿児島市在住。
・最初の一歩が踏み出せない。 ・自分の強みがわからない。 ・ブログ記事に自信がない。 そういう悩みを抱える方をサポートしています。
編集者として培った「他者目線で売れるポイントを見ぬく」スキルをいかし、個人向けのブランディングコンサルティングやブログ講座、ブランディング講座を各地で開催(コンサルティングはオンラインでも実施中)。
個人起業家に役立つ集客ツール“セルフマガジン”制作もデザイナーと組んで制作を請け負う。
一方、人生の後半を有意義に過ごしたい、家族に迷惑をかけずに終焉を迎えたい方や、そういう方々をサポートする地方自治体や新聞社、葬儀社等に向けて、“終活の案内人”として講演・講座・執筆活動も行っている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る