かさこ塾

  1. 私もかつてグダグダでした。あなたもグダグダなら一緒に“ブランディング作戦会議”しましょ。

    先日、ある方に問われた。「なぜ“ブランディング応援セッション”をやりたいと思ったのですか?」と。3年ぐらい前までずっとグダグダで迷路にいた私みたいな人がいるなら自分ができることで応援したいと思ったから、というのが一番の理由。

    続きを読む
  2. 新サービスを始めた原点は、3年前までの自意識過剰でダメダメすぎた自分にあり。

    先日、新しいサービス『編集者目線で強みと魅力を探り出す!あなたのブランディング応援セッション』をご案内しましたが、これをやってみようと思ったのには私なりの理由があります。フリーランス編集者の私は3年ぐらい前まで悶々とした日々を送っていました。

    続きを読む
  3. 出展者、来場者の立場に立った見習うべき細やかなサポート@かさこ塾フェスタ札幌

    17年ぶりに札幌にやってきた目的は「かさこ塾フェスタ札幌」に出展するためだった。そのフェスタも昨日無事に終了したのだが、自分のことはさておき、とても印象深かったのは、札幌の運営スタッフの皆さんの当日の動きと表情だった。

    続きを読む
  4. 伝えたいことの表現手段は「できること」ではなく、「やりたいこと」のほうが人生は今より楽しくなる!

    自分を知ってもらう、自分が伝えたいことを表現する手段としてブログやインスタ、ツィッターといったツールが主流となっている。しかし、何もそれだけじゃなくていいと改めて感じたかさこさんの5月8日鹿児島開催のギター弾き語りライブ。かさこさんは、現在以下の肩書を名乗っている。

    続きを読む
  5. 仲間に会いに遠方まで足を運ぶのは楽しいからだけじゃなく自分のなかにも発見があるから。

    学んだ場所は違えど、同じ塾で学んだ仲間たちと会うと、自分の日頃のスピードや決断力を顧みる機会になると改めて実感する。ちょっと鈍ってるな〜と思ったり、もっとスピードアップしないといけないと感じたり。そういうある意味切磋琢磨する仲間がいることは励みになる。そして嬉しくなる。

    続きを読む
  6. “自分維新”を起こしたければ、小さくてもいいからまずは自分から動くこと。あの西郷どんのように。

    以前の私は、自分ではあまり自覚のないままあきらめていたことがあった。例えば、フリーランス編集者として請け負いの仕事ばかりして、自分から営業して“仕事を獲る”ということ。編集者として、何か他に自分にできることを模索するということ。

    続きを読む
  7. 郡山で「セルフマガジンの作り方」講座を開催するきっかけは、好きな格好をしたたった一枚の写真。

    話は昨年の10月初旬にさかのぼる。元来、私はかぶりものが好きなのだが、その日東京でお会いしたばかりの占いコーチングカウンセラーのグロリアさんがかぶっていらしたピンクの帽子とメガネに心強く惹かれ、早速お借りしてつけてみた(その時の写真がコレ⇧)。

    続きを読む
  8. 勇気が出ないときは、臆病になりそうなときは「誰もあんたのことなんて覚えてやしない」を思い出せ。

    「誰もあんたのことなんて覚えてやしない」いやいや、そうだよね、そうなんだよ。って口をついて出てしまいそうになる。このコピーは、好きを仕事にする大人塾・かさこ塾の塾長かさこさんの8号目のセルフマガジン“好きを仕事にする独立起業の教科書”(無料配布)に収録されているもの。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る