ブログ

  1. “経験+知識”という水が溢れんばかりにコップ一杯になっていませんか?

    豊富な経験や本当に伝えたいことがあるなら、それをアウトプットする手段や場所を早く見つけ出したほうが自分のためだけでなく、それを必要とする人たちのためにもなる…そう実感したのは、昨日、私たちの終活ワークショップ“petit shu(プティシュー)”にて、ゲストスピーカーとしてお招きし...

    続きを読む
  2. “セルフマガジンを作る旅”も普通列車からそろそろ新幹線に乗り換え時かもしれません、私。

    セルフマガジン製作に着手していてわかったことがあります。(※セルフマガジンとは個人案内の無料冊子)それは、作らなければ0点、作れば100点という感覚です。言われてはいたことでしたが、今まさに実感中です。中途半端に50点とかはありえないってことです。

    続きを読む
  3. いわゆる“身辺整理”も立派な終活の一部です!

    “終活”っていう言葉を重く感じたり、人生の終焉だけを見つめてすごすイメージを持つ方もかなり多いと思います。しかし、よくよく考えたらこれって、いわゆる“身辺整理”だったりもするわけで。

    続きを読む
  4. 超簡単!今夜すぐに作りたくなる! “あさりと春キャベツのワイン蒸し”

    【あさりと春キャベツのワイン蒸し】材料をすべてフライパンに入れて火をつけるだけ!◆材料キャベツあさりニンニク白ワイン(安いワインでOK)バター塩たかのつめ(なくてもOK)<作り方>①キャベツはざく切り、ニンニクはみじん切り、あさりは塩水につけてギリギリまで砂だしを試みる...

    続きを読む
  5. 長時間のミーティングに耐えられる集中力と気力が残っていたことに自分でびっくりしました!

    室内での打ち合わせが終わり、外へ出てみたらこの景色が広がっていました。午後2時から始まって、終わったのは午後7時半。つまり、5時間半も打ち合わせをしていたことになります。

    続きを読む
  6. セルフマガジン作りで最初に手間取ったことは、芯となるキーワードを探すことでした。

    セルフマガジンを作るうえでの最初のハードルをやっと超えました。企画⇒ラフレイアウト作成という部分です。セルフマガジン作りにトライしている皆さんの進捗状況を横目に、私自身はどうにもアイデアがまとまらなくて、悶絶しておりました。

    続きを読む
  7. 「自分のことより他人のことを 優先してしまう」って自ら言う人は、実際には違う気がします。

    「私は、自分のことより他人のことを優先してしまうんですよね」とは、先日、他人の会話から小耳に挟んだものです。それを聞いて、「それを言葉にした段階で、あなたはそうではありませんから」と言いたくなりました。「私はそういう人なんです。

    続きを読む
  8. ご夫婦での参加、親子での参加ももちろんウエルカムの“私のエンディング ノート入門講座”

    「これから後悔しない人生を送るために何ができるのか、考えさせられました。

    続きを読む
  9. 最後は海という自然に還ることを望まれる方へ~海洋散骨体験から感じたこと~

    最近、自然葬がメディアでもよく報じられるようになりましたが、そのうちのひとつである、“海洋散骨”のデモ体験に初めて行ってまいりました。鹿児島で手元供養や散骨等を手掛けている“有限会社 縁(えん)”さんにお誘いいただきました。

    続きを読む
  10. 認知症介護の大先輩・松元佳子さんに話を聞く、聞いてもらう!

    自分の周りに高齢者がいれば、ちらほらと認知症の方がいらっしゃるはずです。私もご多分にもれず…で、行ってまいりました“認知症介護についてのお茶会”。主催されたのは、認知症介護歴20年、鹿児島市在住の松元佳子さん。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


関連サービス

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る