ブログ

  1. 「フリーランスで仕事をしていて、嬉しいことは何ですか?」

    この問いに皆さんはどう答えますか?この思いがけない質問に対して、私は「お客様が自分が思う以上に喜んでくださったとき」という風に答えました。

    続きを読む
  2. ブログ記事の改行のしどころ、字切れについて悩む方に朗報!

    ついて、けっこう悩んでいました。私の読者はスマホが多いので、一行あたりだいたい16~17文字として書いていたのですが、字切れが自分の中でなんだかうまくいっていなかったのです。本当にお恥ずかしい話ですが…。

    続きを読む
  3. 宗教に限らず何かを他人に勧めるときは、自分の熱意を伝えるだけでなく、引き際もきれいに。

    「私は●●教で救われたから、あなたにもぜひ勧めたいと思って」という電話をある方からいただきました。夫側の親戚でしたので、夫に電話を代わろうとしたのですが、「いえ、今回はあなたに話しておきたいと思って」というピンポイントでターゲットになった私。

    続きを読む
  4. 自分が“オンステージ女”になっていないかどうか振り返ることは人間関係を築く上で大事なことです。

    最近、立て続けに自分独壇場で話をする人と一緒になることがあり、ずっとそういう人の話を聞き続けることをとても苦痛に感じている自分に気づきました。今まではさほど思うことはなかったのですが、最近、頻繁にそういう機会があるからなのか…。

    続きを読む
  5. 自分で自分のための棺を作るのは縁起でもないことでしょうか?

    (画像はイメージです)“ニュージーランドではDIYで棺を作る”ということが広がりつつあるという記事を雑誌で目にして、驚きました。10年ほど前にある一人の男性が言いだしたのがきっかけだそうで、その男性の自宅ガレージで作り出したのがことの発端とか。

    続きを読む
  6. 2016年9月のアクセスランキング! TOP5

    第1位“40分間という長さ、300人を対象に”という講演をするために私が準備したことhttp://ameblo.jp/syd1990/entry-12204640759.htmlこれからプレゼンや講演が控えている方に何かしらヒントになることがあればと思い、記事にしました。

    続きを読む
  7. 「やる・やらない」の決断はすべて自分の手中にあるのであって、他人のせいではないということ。

    何か事を起こそうとするとき、「こういうことをしたら、あの人たちに何か言われるかもしれない」と思って、あきらめてしまう人も多いのではないでしょうか?そして、「あの人たちのせいで自分はできないのだ」という風に考えたりもする。しかし「やらない」とあきらめたのは自分。

    続きを読む
  8. 自分の外にいらっしゃる目には見えない存在だけではなく、自分の内の存在にも目を向けてみては。

    “パワースポット”と呼ばれる場所に足を運ぶことは嫌いではありません。むしろ好むほうかもしれませんが、最近では、“パワースポット”行きに誘われてもそのすべてに行くことはなくなりました。

    続きを読む
  9. “より自分らしいエンディング” のために今からあれこれと見聞きすることは選択肢が広がるということ

    華道家・假屋崎省吾さんプロデュースによる美しく、シックな棺。花筺(はながたみ)という名前がつけられていました。先日、開催されました“第3回セカンドライフ&終活フェア”での展示場を見てまわっている時に思わず足を止めてじっと見てしまいました。

    続きを読む
  10. 櫻木よしこオフ会“Restart”を10/28(金)鹿児島市内で開催します!

    今までブログに2回ほど若干予告していた櫻木よしこオフ会“Restart”を初めて開催します。(今回はランチです)私は有名人でも何でもありません。フリーランスの編集者かつライターであり、終活カウンセラー、エンディングノートの講師をやっています。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


関連サービス

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る