ブログ

  1. セルフマガジンを作るうえで、内容が決まった後に試してみてほしいひとつのこと。

    セルフマガジンを作るときに内容は決まったものの、何もない中からページ作り(デザイン)を考えようとするとすごく難しい作業に感じてしまう。自分で作る場合(パワポやワードで)は特にそこでつまづく場合も多い。デザイナーに依頼する場合は、自分の好みやイメージをどう伝えるかが問題になってくる。

    続きを読む
  2. 勇気なんてない。ただ、自分の人生をよりよくしたいから勇気を振り絞っているだけ。

    大嫌いな同僚がいたり、パワハラ上司がいたりして人間関係でかなりのストレスを抱えている人は多い。「だったらその会社をやめたら?」「その問題をどうにかするために何か動いたら?」と思う。「そんな簡単なことじゃないんだから…」と言われるかもしれないが、難しくしてるのは自分自身だ。

    続きを読む
  3. プロジェクター選びはやはり自分の最優先事項をベースに!~私の場合は軽量であることが必須条件~

    プロジェクターを選ぶとき、何を基準に選ぶか? 私の場合、軽量であることが今回の一番のポイントだった。2月半ば、ありがたいことに福岡でブログ講座とセルフマガジン制作講座の開催リクエストがあり、プロジェクターを用意する必要に迫られ、プロジェクター購入のリサーチが始まった。

    続きを読む
  4. 今さらながら、私がユーミンに惹かれる3つの理由

    好きな歌の好きなフレーズが断片的に頭をリフレインしつつ、「そうだ、私、もっとやらなきゃ!」と自然と奮い立っていった昨夜の鹿児島でのユーミンの“宇宙図書館”コンサート。

    続きを読む
  5. 県外出身の男性との結婚は、旅好きで嫁業が苦手な人にはおススメかもしれない。

    旅をするのが好きな私は、県外出身の男性と結婚してよかったと思っている。小さい頃から自分の両親の実家が近すぎて(歩いて10分弱)つまらないと感じていた私。母が何かにつけ実家に帰るといっても、それはドライブも必要なく、ゆえにイベントとはならないわけで。

    続きを読む
  6. 断片的な経理の知識を寄せ集めるより、頼れる専門家に基礎から教えてもらい相談するのが得策!

    まだ税理士に頼めるほどではないので…となると、自分で経理に関係することはやらなければならない。苦手意識が強かった経理・お金のこと。「そんなことも知らないの?」と笑われそうだな~なんて思いながらも、今まで適当に自己流でやってきていた。

    続きを読む
  7. あなたはどれぐらの頻度で仕事関連のブログ記事を書いていますか?

    私は最低でも週に1回以上は自分の仕事に関連するブログ記事を書くように心がけている。「どれぐらの頻度でブログに仕事のことを書きますか?」という質問が、昨日の「読まれるブログの書き方講座@鹿児島」であった。

    続きを読む
  8. 4/16(日)かさこ塾東京フェスタにて“セルフマガジン制作アドバイス”で出展!-先行予約受付開始!

    “セルフマガジン制作アドバイスって何?”という方へ。昨年、福岡・大分中津・名古屋のかさこ塾フェスタにて“セルフマガジン制作アドバイス”で出展し、自分自身、良い経験を積んだので、今回は東京フェスタにて出展します!“セルフマガジン制作アドバイス”の内容は以下の通りです。

    続きを読む
  9. 講座が満席にならない場合、告知をためらう理由はどこにもない。必要な人に届くまで、講座当日まであきらめないことが大事。

    自分で講座を開催する場合、満席になればいいが満席にならない場合どれぐらいの頻度で告知をすればいいかを考えるときがある。先週、福岡で“セルフマガジン制作スタートアップ講座”ならびに“読まれるブログの書き方講座”を連日開催したが、急遽決まったことだったので、告知期間は約2週間しかなかった。

    続きを読む
  10. 「いとこ感」を感じる、いや実際にはいとこでもない関係の塾生という存在が私の今を面白くしている。

    これって、今まで会ったことのないいとこたちと初めて会ったような感覚に似ているのかも。というのは、「好きを仕事にする大人塾 かさこ塾」の下関の塾生の皆さんとひとしきりお話したときに思ったことだ。共通のことを学ぶのだから、話題にもそんなに困らない。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


関連サービス

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る