ブログ

  1. “八方美人”でいられるのは大人ということ? 私には無理しているように見えてしまう。

    誰に対しても良い顔を見せるいわゆる“八方美人”のような人がいる。世の中を渡っていくにはそのほうがラクかもなと思いつつ私自身はなかなかそうはなれない。誰に対しても愛想よく対応しながら、裏で「いやいや、実はあの人嫌いなの」という人がどれだけいることか。

    続きを読む
  2. 運勢を味方につけたいならラッキーゾーンにいつ突入しても慌てないように、日頃から助走を!

    何やら“木星の射手座入り”というのがあったらしく、射手座の人はがんばればがんばっただけ結果を出せる一年になるらしい。かくいう私は射手座。そのことを知っていてこういうことに詳しい方々から、「これからの一年、すごい年になるかもね」と言われた。

    続きを読む
  3. 他人と比べて落ち込むあなたへ。「すごい!」と言われるために生きてるの?

    周囲の人が頑張っているのを見ると、「うわー!すごい。それと比べて私って…」とすぐにその人と自分を比較して落ち込んで、焦って、ドツボにハマる人がいる。それはわかる。だって私も同じだったから。でも、今は「わー!すごい」でとどまるようになった。

    続きを読む
  4. あなたという“人”をもっと知ってもらえるブログ記事の書き方

    ブログを書くときに私が意識していることがある。それは「自分の気持ちが動いたこと」を書くということ。嬉しかったこと。楽しかったこと。感激したこと。感動したこと。イライラしたこと。すっきりしないこと。とまどうこと。悲しかったこと。がっかりしたこと。

    続きを読む
  5. 人生は花火にも似て。あなたはどういう花火を打ち上げたいですか? 

    昨夜、実家の近くで2千発の花火を打ち上げる花火大会を間近で見る機会に恵まれた。大小、様々な花火が秋の澄み渡る夜空を美しく彩り、何度も歓声が上がった。そんな中、花火を写真に収めようと必死にスマホでシャッターを切っていた私。

    続きを読む
  6. 最初から妙にウマが合う人にはちょっとご用心ということも?!~私の手痛い人生勉強のお話~

    もう8年ぐらい前の話になります。2年間ぐらい、行動を共にしていたAという人がいました。今から考えると、Aも私も「何かをしたい!」けれども何をしたらいいのかわからない状況でした。そういう気持ちが似ていて急速に親しくなったのだと思います。

    続きを読む
  7. 思わせぶりなブログ記事タイトルはやめてね。中途半端な内容だとがっかりしすぎるから。

    ブログで“お役立ち記事”を書くと読まれやすいということで、お役立ち記事を書く人も多い。しかし、タイトルで一瞬お役立ちと見せていながら、記事を読むと中途半端な内容のものをよく見かける。記事を読んでみてあ~、残念ということもままある。

    続きを読む
  8. 「私って存在感薄いな~」と思っているあなたの存在感をアップする方法!

    例えば、起業しようとしているとして。起業したばかりだとして。なんとなく、何か始めたとして。知ってもらうために、あちこちに顔を出したり、イベントに出展したりするのはよくあること。でも、なかなか自分のことを知ってもらえない。覚えてもらえない。

    続きを読む
  9. “あなたのブランディング応援セッション”をするにあたり、私が対面にこだわる理由。

    “あなたのブランディング応援セッション”という新しいサービスを今年5月に札幌で開催されたイベント出展を皮切りに始めた。編集者として培った他者目線を生かすべく、自分のスキルを切り取って始めた新メニューだ。

    続きを読む
  10. 「私もどこかで似たようなことをやらかしてない?」と振り返った神社参拝での出来事。

    神社にて参拝させていただいたときのお話。偶然、その場に居合わせた私達はありがたくも神主さんのお祓いをうけさせていただくことになった。そこには私達以外にも複数の方がいらした。神主さんの祝詞がはじまるやその中のひとりの女性も同時に祝詞をあげはじめた。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


関連サービス

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る