ブログ

  1. “伝えたい”ことがあるからブログを書く、だから書き続けられるというシンプルな事実。

    私は時々、小林麻央さんのブログを読んでいた。その時々の彼女が放つ言葉に勇気をもらったり、普段の私たちの生活では気づきもしないことを教えてもらったり。だから、時に彼女のブログを読んでいた。昨年の9月から麻央さんが書き始めたブログの記事数は352になったという。

    続きを読む
  2. 鉱物ソムリエ・西内まこさんのセルフマガジン“石に恋するクォーツマガジン”制作秘話

    セルフマガジンプロデュース(制作)を請け負うと依頼人とある程度関わりを持つことになる。そうなると、個々の依頼人がどういうスタンスでセルフマガジン制作に取り組むかが、それぞれに違うから面白い。

    続きを読む
  3. パートナーがいなくなって、あなたが一番困ることは何ですか?

    人間誰しも得手不得手があるから、それぞれが得意なところを担当すればよいと常々思っている。しかし、今朝、夫がこういうことを言い出した。「私がいなくなっても困らないように、できればアレとコレは、少しでもできるようになっておいたほうがいいんじゃない?」と。

    続きを読む
  4. なぜセルフマガジンがあったほうがいいのか? そのヒントは奥様方からいただきました!

    奥様A「ねぇねぇ、ネットでいろいろ見たり、読んだりする?」奥様B「う~ん、ネットで検索はするけど、ネットで本を読んだりってしない。子供はマンガを読んでたりするけどね。私は読むならやっぱり雑誌かな」奥様A「私も~。

    続きを読む
  5. 文字数制限のある原稿作成が苦手な人へご紹介する書き方2パターン

    原稿作成をするときに、時として文字数制限がある場合、制限文字数内に原稿をおさめるのに苦心するという声をよくきく。例えば、決められた文字数でプロフィール原稿を書いたり、寄稿文を書いたり、コメントを求められたり。文字数制限があると、なかなかに原稿が書き進まないという人が多いようだ。

    続きを読む
  6. あなたはライター・インタビュアー鯰美紀のように人生を楽しめているか?

    このたび、7月1日(土)に開催される“かさこ塾フェスタ福岡”でライター・鯰美紀さん(通称:みきてぃ)のインタビューを受けることになっているのだが、一体どういうツッコミがはいるのか楽しみでもある。

    続きを読む
  7. 悶々から脱却するためにちょっとの冒険をお探しの方へオススメのものがございます!

    なんだか悶々としていて、変化を求めているにも関わらずこちらが何かを提案をしたら、「いや、そこへ行くには遠すぎる」「お金がかかる」「そんなことはしたことないからできない」「私には無理」「う~ん、今はやめとく」と、たいていそういう答えが返ってくる。

    続きを読む
  8. 「何をしたいのかわからない」と口にする人ほど、セルフマガジンを作ってみればいい。

    日本セルフマガジン協会主催による“第4回セルフマガジン大賞”の発表が待たれるところだが、応募した方々のFBでのコメントやブログ記事を読んでいると、セルフマガジンを作った後の達成感がことのほかあちこちで感じられた。

    続きを読む
  9. 「好きを仕事にする11人」が鹿児島から出展します!@かさこ塾フェスタ福岡

    あと2週間もすれば、好きを仕事にする大人塾・かさこ塾フェスタ@福岡が開催される。(フェスタの詳細は下部参照)1年前の福岡フェスタは、鹿児島からは私一人の出展だった。初出展ということもあり、要領もつかえめないまま無事に終わったことだけを覚えている。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


関連サービス

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る