ブログ

  1. “ネガティブ系あいさつ”をいつまで続けるつもりですか? そろそろやめましょうよ。

    「老けたね~」「前より太ったんじゃない?」というネガティブな言葉を“あいさつ代わり”に相手に言う人がいる。他に何か言うことはないのかなといつも思う。会うたびにこういうフレーズを口にするのでもちろん会いたくなくなる。

    続きを読む
  2. 夫婦でもわかりあえない部分があって当たり前。否定も肯定もせずケセラセラ。

    私の夫は実の両親や姉妹とあまり相性がよろしくない。そして、私自身はその逆で相性の良い家族に恵まれている。結婚してからこちら夫が実家へあまり行きたがらないことが理解できず、何度かそのことで話し合いをした。

    続きを読む
  3. ここのフルーツパフェを食べずにパフェを語ることなかれ@“たなかフルーツ”(都城・宮崎県)

    まずは、このパフェの美しき佇まいに注目していただきたい!認知症介護家族アドバイザーの松元佳子さんが折に触れ語ってくれていた都城の“たなかフルーツ”のパフェ。彼女が何度かSNSで発信していたその情報を私はしかと覚えていた。

    続きを読む
  4. 新しく行動を起こすときは “泣こかい、飛ぼかい、泣こよっか、ひっ飛べ!”で!

    鹿児島にはこういうフレーズがある「泣こかい、飛ぼかい、泣こよっか、ひっ飛べ!」(泣こうか、飛ぼうか、泣くぐらいなら飛んでしまえ)というニュアンスです。つまりは、「考えるより、まずは行動を!」ということ。

    続きを読む
  5. サービス慣れしている自分が悪いのか、「はい」しか言わないサービス担当者がまずいのか?

    ガス給湯器のリモコンの取り替え案内がきていたので、希望日時を伝えようとそのガス会社に電話したときのこと。私「(こういう)案内がきていたのでお電話したのですが…」担当者(以下、担)「はい。

    続きを読む
  6. “アイデアを公開することはお金では買えない価値を手にするということ”-ホリエモン講演会での学び

    9月3日(日)大分県・中津市で開催されたホリエモンこと堀江貴文氏の講演会へ足を運んだ。講演会のタイトルは「夢への挑戦」~ぶれない精神力と強い行動力~。

    続きを読む
  7. とにかく作ればいいというものではなく、あなたの“ファーストセルフマガジン”が適当だと効果はあまり出ない。

    個人版会社案内、個人最強の営業ツールといわれる“セルフマガジン”を作りたいと本気で思うならとっとと作ってるだろうと思う。作らないのはなぜか?迷いながら仕事をしてるから。ぬる~く、ゆる~く仕事をしてるから。

    続きを読む
  8. 某ランキングで満足度1位に輝いた『海鳴り亭@道の駅かまえ』(大分県)。そのコスパは期待を裏切りません!

    プリプリとしたカンパチ、コリコリとした鯛、イカにタコにイクラ、ウニそして一見、ホタテ?と見間違いそうなタイラギ貝が丁寧に盛られた『海鮮丼』(1080円、味噌汁つき)。期待を裏切らないヒットが嬉しい一品だった。

    続きを読む
  9. ブログを毎日書くことで、自分は100%飽き性ではないと気づいたことは大きな副産物。

    ちょうど2年前、私はブログを書き始めた。一番最初の記事タイトルは“終活の意味を知っていますか?”。書き始めた当初、1週間毎日書けるか自信がなかった。飽き性だし、ネタに困ったらどうしようなどといらぬことをアレコレと考えた。だから周囲にはブログを始めたことさえ言わずじまい。

    続きを読む
  10. 罪悪感を感じつつも平日の昼間を堪能した、私が初めて学校を病欠した日。

    私が小学3年生だったときの9月2日。入学以来、初めて学校を休んだ。ランドセルを背負って家を出ようとしたら気分が悪くなって、吐き気を催した。(私のことだから、前夜食べ過ぎたのかもしれないが原因は覚えていない)そのまま学校へ無理していくかどうか悩んだ。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


関連サービス

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る