ブログ

  1. 何かにトライしようとして足がすくむとき、私の人生はワンチャンスだと思い出そう。

    変化することを恐れずに進むというのは勇気がいったり、かなりの不安がつきまとう。その先が不透明だから、どうしてもそこへ歩を進めるのを躊躇する。その先は「成功」か「失敗」のほぼ2択だから。歩を進めなければ、自分が失敗することもないし、傷つくこともない。ごく当たり前のことだと思う。

    続きを読む
  2. 頭の中だけで思い出すということではなく、自分の振り返りができる術を知っていますか?

    日々の生活の中で、仕事についても家族についても、人間関係についても抱えている悩みについても考えず、自分のことだけをトータルで見つめる時間を持つことは、ほぼないに等しい。

    続きを読む
  3. 悩みや迷いの中にいる人は“インナーチャイルドカード”セラピストのラファエラさんに会いにきて!

    何事もうまくいっているときや、自分の中にブレがないときは、誰かに相談しようなんてあまり思いませんが、そうでないとき、誰かに相談したくなりますよね。また、今は良くても今後について少し気になることがあるというような場合でも、他人に意見やアドバイスを求めたくなります。

    続きを読む
  4. メニューだけではなく、トータルでそこに“イタリア”を感じられる料理店“Bisboccia”

    その佇まいからして、イタリアン好きの心をくすぐってくれる“Bisboccia”。“Bisboccia”-ビスボッチャとは、イタリア語で「宴」「飲み会」という意味らしく、そこからにぎやかな感じが伝わってくる。

    続きを読む
  5. “嫌いな人は嫌い”でいい。無理やりいいところを見つけようとするから自分が苦しくなる。

    今、起きている大変なことも、嫌なことも、苦しいことも、泣きたくなるようなことも、この命が尽きれば感じることもなくなる。嬉しいことや楽しいことは終わってほしくはないけれども、それもまた命が尽きれば感じることもなくなる。そう思えば、プラスもマイナスな感情も生きているからこそ…。

    続きを読む
  6. 赤字だとわかっていながら“かさこ塾名古屋フェスタ”へ出展する理由

    ひとえに鹿児島では体験できない空気に自分の身を置き、自分の仕事を試したいからに他ならない。赤字を出すという言い方よりも“お金を出して経験を買う”という言い方のほうが正しいのかもしれない。

    続きを読む
  7. 自分のブログを客観的に見る方法を知っていますか?

    「最近、櫻木さんのブログ記事に食べ物記事がないのですが、あまりお出かけになってないのですか?」と、先日のオフ会で問われた。思いがけない質問にびっくりし、「出かけてはいるんですが、最近は私的にイマイチ~とか、可もなく不可もなくみたいなお店や食べ物だったら記事にはしてません」と私。

    続きを読む
  8. スマホの中で眠っているあなたの好きな写真をインスタグラムで世の中に発信しよう!

    写真が上手いわけではないが、前々からやりたかったインスタ(インスタグラムの略)を始めて1週間。日常生活の中で目にとまるものを、スマホで撮影する日々だが、スマホになるずっと以前からこの癖はあった。編集者としての仕事に大きくよるものだと思う。

    続きを読む
  9. 病気の告知と延命治療について自分の意思を持っていますか?

    私は考えて、決めています。告知を希望します。延命治療は希望しません。(回復の見込みがほぼゼロの場合)何の疑いもなく、明日の朝もいつもと変わりなく目が覚めるはずという日々を多くの人が送っていることと思います。

    続きを読む
  10. 「自慢したつもりではないのに、自慢したと思われたらいやだな」と思ってしまうあなたへ。

    “自慢する”“自慢される”ということは、日常茶飯事の出来事ですが、誰が言うかによってそれは“自慢”にも聞こえ、また、“自慢”に聞こえないということがあります。最近思うのですが、本人が自慢していないつもりでも、受け取り手によってそれは“自慢”に聞こえるということがままあります。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


関連サービス

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る