ブログ

  1. 自分で媒体を作成するときは、文字の統一にも少し気を配るとさらに読みやすくプロっぽく見えます!

    文章を書くときに、これは漢字で書いたほうがいいのだろうか? と迷うことがあるかもしれません。以下のような表記を雑誌やブログ、または看板や広告、リーフレットなどでよく見かけるのですが、これらは漢字ではなく、ひらがなで表記するのがおおよそ一般的です。

    続きを読む
  2. “編集アドバイス”として「好きを仕事にする見本市!かさこ塾フェスタin福岡6/25」に出展!

    Q:かさこ塾フェスタって何?A:誰もが遊びに来れる!入場無料の楽しいイベント。好きを仕事にする見本市=かさこ塾フェスタ。 それぞれの好きを武器にしたかさこ塾生たちが共同で出展しセミナー、ワークショップ、相談ブース、セッション、展示、物販などで 来場者を楽しませるというものです。

    続きを読む
  3. 一番怖いのは、私が苦手とするただの“そうめん”に戻ってしまうことです。

    photo by かさこさん“あなたにズバ抜けた才能がないなら、そうめんを流しなさい~そうめん流しに学ぶセルフブランディング術”http://kasakoblog.exblog.jp/24252354/という、かさこさんの記事を読んで私はふとあることを思ったのです。

    続きを読む
  4. あなたも“セミナージプシー”から脱却して“自立した個人の一匹狼”になりませんか?

    世の中には、いろいろな起業塾や自己啓発セミナーが溢れかえっています。人の話やネットの情報などを見て、本当にいろいろなものがあるなあと。それぞれに説得力のある成功例なども紹介されているのですが、どの成功例を見ても、「いや、これって私にはできないなあ」と思うことがほとんどです。

    続きを読む
  5. 「素敵な服を着ると素敵な人生になります」と言い切る男前なスタイリスト淡田美帆さんをご紹介

    「今日は何を着ていこうか?」といつも以上に悩んだ私は、結局寒さに負け春だというのにショートブーツを履き出かけていきました。悩んだ理由は、会うお相手が彩りスタイリストの淡田美帆(あわだみほ)さんだったからです。

    続きを読む
  6. 写真に撮られれば撮られるほど、笑顔ではない自分に落ち込んでしまいます。

    ここのところ、写真に写ることが多いのですが、とにかく私は笑顔で写っている写真がかなりレアです。自分では撮影されるたびに、笑顔になっているつもりですが、なかなかどうして仕上がりは仏頂面手前。先日、終了したかさこ塾@鹿児島の集合写真も私だけがなんだか中途ハンパな笑顔手前。

    続きを読む
  7. かさこ塾のプレゼンがきっかけで、新しいワークショップ“こころの置き手紙”をスタートさせます!

    かさこ塾の最終課題は3分間のプレゼンでした。私のプレゼン候補は2つあったのですが、まだたくさんの人前で話したことのないテーマを選んでみました。

    続きを読む
  8. 次はあなたの街に“かさこさん”という“スナフキン”がふらりと訪れることでしょう。

    昨日、全4回の“かさこ塾19期@鹿児島”が無事に終了しました。“かさこさん”という“スナフキン”が鹿児島というムーミン谷を去る日がやってきたのです。スナフキンは、皆さまご存じの“ムーミン”に出てくるキャラクターの一人。

    続きを読む
  9. 本日、ようやく? もう?ちょっと寂しいですが“かさこ塾”を卒業します!

    2月8日に入塾してから、約1カ月半の間に4回の講義を受けたわけですが実際に宿題自体は、自分にとても必要なことだったので、自分のこれからの下準備だと思えば、苦になることはなかったです。むしろ楽しかったことのほうが大きかったです。

    続きを読む
  10. 運転しているときに、信号機のない横断歩道でちゃんと停止していますか?

    自宅近くの信号機がない横断歩道を渡ろうとして立ちどまっていると、4台の車がフルスピードで走り過ぎていきました。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


関連サービス

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る