食について

  1. 福島の元気な野菜のクォリティを最大限に引き出すお料理はリピート率高し@農家イタリアン Arigato

    福島県の郡山でセルフマガジン講座を開催することが決まってから、行ってみたいお店があった。それは、〝肉と野菜の農家イタリアン Arigato〟。

    続きを読む
  2. モダンガストロノミーのエッセンスを取り入れた料理で目も舌も喜ぶ“鎮座のまんま”@鹿児島

    とにかく運ばれてくる一皿ずつが「おっ!」という驚きをもって迎えられるという。そういうお料理を提供してくれるお店に出合った。その名も“鎮座のまんま”。お料理を順不同で写真にて紹介しよう。▲トップ画像は豆乳クリームチーズに砕いたパイ生地をそえて。

    続きを読む
  3. 鹿児島でウイスキーが作られているなんて!そしていちいちおしゃれなCafe&Barまであるなんて@マルス津貫蒸溜所&寶常

    「こんなところが南さつま市(鹿児島県)にあるんだ! びっくり!」というのが率直な感想。1年前にオープンし、以前から気になっていたスポット、“マルス津貫蒸留所”(本坊酒造)に関東からやってきた親戚を案内したのだが、久々にヒットした。

    続きを読む
  4. 心にも身体にもやさしい週替わりプレートランチが人気の“カフェ豆の木”@鹿児島市

    何よりもバランスがとれたランチというのはこういう食事を言うのだろう。病院敷地内に併設されている『カフェ 豆の木』の週替わりプレートランチは全7品。プレート内でボリュームを占めるのは旬野菜のサラダだ。

    続きを読む
  5. 価値観の違いは悪いことばかりではなく、時として良い方向に作用する~ある日の我が家のお鍋~

    夫と私は当たり前だが性格が全然違う。価値観の違いを見つけても、お互いにそれをとやかく言うことはないからぶつかることもほとんどないに等しい。さて、先日のこと。「今夜は僕がお鍋を作りたい」と夫が言いだした。

    続きを読む
  6. 鹿児島に来たら黒豚だけではなく、ここの絶品シュークリームもぜひお召し上がりください!@A la minuteアラミニッツ

    霧島(鹿児島県)に行ったら、絶対に行こうと思っていたお店があった。それは、私が勝手に『歩く食の殿堂』と呼んでいる通称・“11.5代目(またはてんごさん)”こと株式会社 住まいずの社長・有村 康弘氏が絶賛しているお店・パティスリー「A LA MINUTEアラミニッツ」。

    続きを読む
  7. 誰にも教えたくないけど教えてしまおう“秘密のハーブ園”:大神(おおが)ファーム@大分県日出町

    念願叶って、この“大神(おおが)ファーム”のゲートに足を一歩踏み入れると、そこから空気感が違うのがわかった。日本じゃないような別世界。ハーブや花の香りがうっすらと漂って、肌感覚として異次元にきたような感じがした。

    続きを読む
  8. イタリアの田舎にきたような雰囲気に包まれながら地元食材を堪能できる『イサオクチーナ』@湧水町・鹿児島

    ずっと前から気になりながら足を運べなかったお店がある。それが、鹿児島県・湧水町にあるイタリア料理店『イサオクチーナ』。秋晴れの昨日、友人たちの招待で向かった湧水町のこの店は鹿児島市内から高速を使って約1時間の場所。

    続きを読む
  9. お料理も店内も“インスタ映え”する素敵な異空間カフェ“Factory”@鹿児島市

    最近、SNSでちらほらと目にしはじめた気になるカフェへ突撃したら満席でアウト。ってことで、万全の“予約”までして再訪したのは、磯海水浴場に隣接しているカフェ“ factory”。案内された席は窓際ですぐそこには砂浜が広がり、桜島がドーンとみえる特等席。

    続きを読む
  10. この場所でこんなにモダンなイタリアンが食べられるなんて!@トラットリアシン(霧島市・鹿児島)

    鹿児島市から車で1時間弱の霧島市に本格的なイタリアンがあると連れていってもらったお店『トラットリア シン』。こういう場合、誰に案内されたかはとっても重要。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

個人起業ブランディングコンサルタント、編集者、上級終活カウンセラー。鹿児島市在住。
・最初の一歩が踏み出せない。 ・自分の強みがわからない。 ・ブログ記事に自信がない。 そういう悩みを抱える方をサポートしています。
編集者として培った「他者目線で売れるポイントを見ぬく」スキルをいかし、個人向けのブランディングコンサルティングやブログ講座、ブランディング講座を各地で開催(コンサルティングはオンラインでも実施中)。
個人起業家に役立つ集客ツール“セルフマガジン”制作もデザイナーと組んで制作を請け負う。
一方、人生の後半を有意義に過ごしたい、家族に迷惑をかけずに終焉を迎えたい方や、そういう方々をサポートする地方自治体や新聞社、葬儀社等に向けて、“終活の案内人”として講演・講座・執筆活動も行っている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る