食について

  1. 【お料理ビギナー向けレシピ】焼く+浸すの2ステップでできる“夏の簡単おひたし”

    いかに手抜きをして簡単においしい料理が作れるかを日頃追及している“ズボラ女子なんちゃって料理人”の櫻木よしこです(笑)私が住む鹿児島は今日が盆の入りです。ということで、精進料理風の“夏のおひたし”をご紹介。

    続きを読む
  2. たっぷりの野菜料理とこだわりの器で目にも嬉しいランチは“ 麻里花”で@伊集院(鹿児島)

    最近、ランチのお店を検索していたら何度か目に入ってきたこのお店に足を運んだ。鹿児島の伊集院にある“お食事と陶器と小物のお店 麻里花”。10人以上でなければ予約不可ということで開店時間の11:30に合わせて到着すると、すでに待ちのお客さんが。

    続きを読む
  3. もちもちとした麺とソースの味わいがあの名店を思わせる“calm(カーム)”@東市来町美山(鹿児島)

    先日、気になっていたパスタ店へ行ってきました。ネット情報によると、鹿児島市内で行列ができるパスタの名店「ダローロ」で修行をされた方が東市来の美山に開いたお店だとか。

    続きを読む
  4. 味もインスタ映えも狙えるカフェOZUNU(オズヌ)でカレーとサンドイッチとスイーツを@鹿児島

    満を持して、やっと入れたカフェがある。それは鹿児島中央駅近くにある“CURRY & SWEETS Cafe Ozunu(オズヌ)”。足を運ぶたびにタイミング悪く満席だったので今回は開店と同時を狙ってみた。

    続きを読む
  5. 大量のナスもこれで一気に食べちゃうぞ! ナスの超手抜きレンチンサラダ。 

    夏になると、ナスをあちこちからいただいたりスーパーでも安く購入できることもあって夏の食卓にはナスが登場しがち。ナスのみそ炒めや焼きナスにも飽きた。そして、もっと簡単に大量消費できるメニューはないだろうかと思った私からのご提案。

    続きを読む
  6. 薪窯から出てくるピザも焼き野菜も大人数でもっと味わいたくなるピッツェリア「イルティンバロ」@鹿児島

    以前から気になっていた鹿児島市郊外にあるピッツェリア「イルティンバロ」。住宅地にあるこのお店の店内には美しいピザ窯が設置されていていやがおうにも期待が高まる!で、せっかくこの窯があるのだから窯を生かしたメニューをセレクト。

    続きを読む
  7. 普通の麺で物足りないなら自家製「極太麺」がウリの“ジャンゴ”へ@鹿児島市

    無性に「太麺」を食べたくなって前から狙っていた“ジャンゴ”へ。この店はつけ麺で知られているので迷わず「つけ麺 並」(750円)を。それが上の画像。自家製麺の「極太麺」だけあって、そのもっちり感はハンパない!それを濃厚魚介スープにつけてズズっと食す。

    続きを読む
  8. 時間がなくても新鮮な北海道グルメを一気に味わえる!@はちきょう別亭おやじ(札幌)

    北海道へ行けば、あれこもこれも食べたい!先般、札幌へ行った私も食べたものがたくさんあった。しかし、諸事情により、食べ漏れたものがあったことは確か。それでも札幌初日の夜にこの店で北海道のおいしいものをある程度押さえていたことで、がっかり感はかなり薄れたかもしれない。

    続きを読む
  9. 上質なスイーツと空間、そしておもてなしで客を魅了する「六花亭帯広本店 喫茶室」

    北海道のお土産と言えば六花亭の「マルセイバターサンド」が有名。私も「北海道物産展」があると必ず買うというぐらい好き。そんな六花亭のカフェがあるなんて北海道にくるまで知らなかったという。ということで、行ってきました!「六花亭 帯広本店 喫茶室」。

    続きを読む
  10. 炭焼きの香りと秘伝のタレが絶妙なバランスの元祖豚丼の「ぱんちょう」@帯広

    札幌から帯広まで高速を走って約3時間。ランチのお店として決まっていたのは帯広グルメとして有名な「豚丼」の“ぱんちょう”。11時開店の店に私達が11時すぎに到着するとすでに列ができていた。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

個人起業ブランディングコンサルタント、編集者、上級終活カウンセラー。鹿児島市在住。
・最初の一歩が踏み出せない。 ・自分の強みがわからない。 ・ブログ記事に自信がない。 そういう悩みを抱える方をサポートしています。
編集者として培った「他者目線で売れるポイントを見ぬく」スキルをいかし、個人向けのブランディングコンサルティングやブログ講座、ブランディング講座を各地で開催(コンサルティングはオンラインでも実施中)。
個人起業家に役立つ集客ツール“セルフマガジン”制作もデザイナーと組んで制作を請け負う。
一方、人生の後半を有意義に過ごしたい、家族に迷惑をかけずに終焉を迎えたい方や、そういう方々をサポートする地方自治体や新聞社、葬儀社等に向けて、“終活の案内人”として講演・講座・執筆活動も行っている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る