編集・ライターの仕事

  1. あなたはどれぐらの頻度で仕事関連のブログ記事を書いていますか?

    私は最低でも週に1回以上は自分の仕事に関連するブログ記事を書くように心がけている。「どれぐらの頻度でブログに仕事のことを書きますか?」という質問が、昨日の「読まれるブログの書き方講座@鹿児島」であった。

    続きを読む
  2. セルフマガジンの構成を考えるときは、まず用紙に書きだして俯瞰してみると集中すべきポイントが見えてくる!

    セルフマガジンを作るときにまず考えるのが、マガジンの中身。頭の中であれこれと考えるより、まずは紙に書きだしてみるとマガジンに盛り込みたいことが整理できる。そして自分は何ページのマガジンを作ればいいかもわかりやすい。そのときに使ってほしい用紙が上の画像。

    続きを読む
  3. ブログを書くときは一文ずつの出来ばえにこだわず、最初に“言いたいこと”を決めてから一気に書こう!

    ブログの文章を書きながら「この書き方はいまいちだな…」などと、文章の一行、二行を書くのにすごく時間をかける人がいる。そして挙げ句の果てには、「今日も書けなかった」「1記事書くのにけっこう時間がかかる」ということが口をついて出るハメになる。

    続きを読む
  4. Webサイトやセルフマガジンを制作してもらう際に知っておきたい修正依頼の方法。

    制作物(例えばWebサイトやセルフマガジン)を依頼する場合、訂正してもらいたい箇所を言葉や文字で文章にして説明する人がいる。「2ページの写真をもっと小さくしてほしい」「3ページの上から5行目の文章を削って、7行目の文章をそこに入れてほしい」とか。

    続きを読む
  5. 鹿児島にいたら編集者にはなっていなかった! 気持ちに素直に従い動けば面白いことは起こるのだ、きっと。

    「櫻木さん、人ってあまり他人のプロフィールなんて読んでいないんだから、もっと自分をアピールしたほうがいいですよ!」と、昨日、ある方に言われて素直に改めまして“編集者”としての軌跡を書いてみることにする。

    続きを読む
  6. 先に予定を決め、それに向けて動くことで、見えてくる・形になってくるもの

    昨年と違った今年の私の動きの特徴をひとつだけ挙げると、「先の予定を入れてそれに向けて動いた」ということに尽きる。先方から依頼される予定ではなく、自分で決めて予定するということ。人によっては当たり前のことかもしれない。しかし、ここ数年の私にとっては当たり前ではなかった。

    続きを読む
  7. “編集アドバイス ”⇒“セルフマガジン制作アドバイス”にサービス名称を変更します!

    現在セルフマガジンの“編集アドバイス”というサービスを提供していますが“編集”という仕事内容がわかりづらいと思い、サービス内容の名称を“セルフマガジン制作アドバイス”に変更することにしました。提供するサービス内容は以下のような方におススメします。

    続きを読む
  8. ブログでもセルフマガジンでも長文を書く場合は、“小見出し”活用をおススメします。

    例えばセルフマガジンを作るときに、同じテーマのもと、1ページあたり、もしくは見開き2ページで文章量がとても多くなってしまったときあなたはどうしますか?想いのまま書き続けるか、もしくは内容に合わせて途中で“小見出し”を入れるか。“小見出し”とは、文章の章などにつける見出しのこと。

    続きを読む
  9. 11/26(土)名古屋かさこ塾フェスタにて“セルフマガジン編集アドバイス”-先行予約受付開始!

    @9月・大分中津かさこ塾フェスタにて@6月・福岡かさこ塾フェスタにて6月の福岡かさこ塾フェスタ、9月の大分中津かさこ塾フェスタにて出展した“編集アドバイス”。今年最後、名古屋フェスタにてやります!“編集アドバイスって何?”という方へ。

    続きを読む
  10. 福岡かさこ塾フェスタにて“編集アドバイス”➡先行予約受付開始いたします!

    2週間後に迫った“福岡かさこ塾フェスタ”に私も出展するのでそのご案内をいたします。“福岡かさこ塾フェスタ”とは、好きなことを仕事にしている人たちが集まった見本市のようなフェスタです。入場無料、子連れOKなので、気楽に誰でも遊びにこれます。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る