終活について

  1. 終活カウンセラー上級試験に合格しました!

    正確に言いますと、(社)終活カウンセラー協会認定の終活カウンセラー上級試験に合格したということです。上級試験を受験することを決めたのは、昨年の7月ぐらいだったかと思います。

    続きを読む
  2. “収骨”をしない遺族が増えてきているのをご存じですか?

    先日、東京にて全国各地からいらした終活カウンセラーの方々とお話する機会に恵まれました。その中で、「最近、収骨を拒否する人たちが増えつつあるんですよ」という話を伺いました。収骨とは、火葬後、遺骨を骨壺に収めることを言います。

    続きを読む
  3. 地元に一軒こういうカフェがあったらいいなと思わせてくれる“Blue Ocean Cafe”

    終活の事を調べ始めたときに、以前からネットで見つけていた終活コミュニティカフェ “Blue Ocean Cafe”。いつか訪れてみたいと思っていましたが、思ったよりも早くその機会がやってきました! 店内は明るく、スタッフの方々もアロハを着用して接客されています。

    続きを読む
  4. 私たちの終活ワークショップは意外なまでに明るく、楽しく、そして笑えます。

    終活カウンセラー協会は終活の定義を以下ように掲げています。「人生の終焉を考えることを通じて自分をみつめ、今をよりよく生きる活動」これを念頭に置きながら、初回のワークショップから今回の9回目まで、改良を重ねてきました。

    続きを読む
  5. 自分が霊園を選ぶ決め手は何ですか?

    テレビ番組のアンケート結果で、“霊園を選んだ決め手ランキング”というものを見ました。1位 交通/アクセス 46.2%2位 霊園の雰囲気  12.4%3位 価格/予算   11.7%4位 周辺環境    8.0%5位 施設/設備    6.5%の順位でした。

    続きを読む
  6. “墓マイラー”ってご存じですか? 私は初めて知りました。

    昨夜、BS日テレ「私はここで眠りたい~芸能人、墓を買う~」という番組を見ておりました。終活カウンセラー協会の武藤代表がテレビ出演されるということもあり見ていたのですが…。そこで、初めて聞いたのが“墓マイラー”という言葉。有名人のお墓巡りのことなのだそうです。

    続きを読む
  7. 本日、地元メジャー紙“南日本新聞”に終活ワークショップの記事が掲載されました!

    今日の南日本新聞(鹿児島)に、私が所属している鹿児島市で活動中の終活カウンセラー団体“50+(フィフティプラス)”のことが掲載されています!エンディングノートのワークショップについての記事です。

    続きを読む
  8. 自分で用意する会葬礼状“こころの置き手紙”というサービスを本格的に開始します!

    今日は私にとってひとつの節目となる日です。その日に、ずっと温めていた企画をブログでご紹介しようと思います!それは自分で用意する会葬礼状“こころの置き手紙” です。“こころの置き手紙”とは、自分で用意する会葬礼状のことです。

    続きを読む
  9. PCは苦手です。でもやります。だって、それも私なりの終活ですから。

    私は基本的にアナログ人間だと思っています。ブログだって、FBだって基本的には苦手ですが、辛うじて野性の勘を頼りにやっています。人間工学サマサマです。そんななか、周囲からは「ブログとかよく書けるね~。

    続きを読む
  10. 取材されたのを機に改めて考えたい、終活ワークショップのPR方法とブランディング

    昨日で7回目を迎えた終活ワークショップ“petit shu”(プティシュー)が、なんと地元紙の取材を受けました!今回から3回シリーズで、“エンディングノート”のワークショップを展開しており、その第一回目の担当が不肖、櫻木でございました。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る