終活について

  1. 自分で用意する会葬礼状“こころの置き手紙”というサービスを本格的に開始します!

    今日は私にとってひとつの節目となる日です。その日に、ずっと温めていた企画をブログでご紹介しようと思います!それは自分で用意する会葬礼状“こころの置き手紙” です。“こころの置き手紙”とは、自分で用意する会葬礼状のことです。

    続きを読む
  2. PCは苦手です。でもやります。だって、それも私なりの終活ですから。

    私は基本的にアナログ人間だと思っています。ブログだって、FBだって基本的には苦手ですが、辛うじて野性の勘を頼りにやっています。人間工学サマサマです。そんななか、周囲からは「ブログとかよく書けるね~。

    続きを読む
  3. 取材されたのを機に改めて考えたい、終活ワークショップのPR方法とブランディング

    昨日で7回目を迎えた終活ワークショップ“petit shu”(プティシュー)が、なんと地元紙の取材を受けました!今回から3回シリーズで、“エンディングノート”のワークショップを展開しており、その第一回目の担当が不肖、櫻木でございました。

    続きを読む
  4. 母から娘へ~命の循環から教わったこと

    友人のお母さまが亡くなられたので昨夜はお通夜へ行ってきました。94歳の大往生で、とても安らかに美しいお顔をなさっていらっしゃいました。友人が言いました。

    続きを読む
  5. FACEBOOKの中にまで“終活”があるって知ってました?

    FACEBOOKをいじることに、とんとご無沙汰だった私が、やっと思い腰をあげて、いろいろとFB内を巡回していた昨日。「追悼アカウント管理人」なる文字を見つけてしまいました!FACEBOOKのホーム画面の右上の▼→「設定」→「セキュリティ」までいくと、出てきます。

    続きを読む
  6. スピーチをすることによって自分を見つめ直した、鹿児島初の終活カウンセラー検定の日

    昨日は、鹿児島で初めて“終活カウンセラー”の検定が実施されました。

    続きを読む
  7. 「就活カウンセラーってことでしょ?」って、それ違いますから。

    ここのところ、立て続けに自分が終活カウンセラーであることを友人達に話す機会がありました。「去年、終活カウンセラーの資格を取得したんだよね」というと「で? 学生の相談に乗ってあげてるわけ?」と。やっぱりね。“就活カウンセラー”と間違われています。

    続きを読む
  8. 自分だけがよければいいという終活ではなく。

    女優の川島なお美さんが亡くなられました。心よりご冥福をお祈りいたします。

    続きを読む
  9. 終活ワークショップ“petit shu”(プティシュー)をPRさせてください!

    終活カウンセラーという資格を取得したのはいいものの何から活動してみようかという時に、カウンセラー仲間で作ったのが50+(フィフティプラス)という団体です。団体名の“50+”には、50歳に重ねた年齢の分だけ、皆さんには実りあるプラスの時間を過ごしてほしいという願いが込められています。

    続きを読む
  10. 終活カウンセラーって何? と思いませんか?

    私もそう思っていましたから。そもそも終活カウンセラーという資格があること自体まったく知りませんでした。“終活カウンセラー”という資格は、一般社団法人終活カウンセラー協会が認定する資格です。この終活カウンセラー協会は、終活カウンセラーのことを以下のように定義づけています。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る