終活について

  1. 最後は海という自然に還ることを望まれる方へ~海洋散骨体験から感じたこと~

    最近、自然葬がメディアでもよく報じられるようになりましたが、そのうちのひとつである、“海洋散骨”のデモ体験に初めて行ってまいりました。鹿児島で手元供養や散骨等を手掛けている“有限会社 縁(えん)”さんにお誘いいただきました。

    続きを読む
  2. 親が元気なうちに、折を見て尋ねるべきことは尋ねておくこと。

    父の友人が40日余りの闘病生活の末に亡くなられました。父は突然の訃報に驚き、落胆しながらも他の友人たちに連絡をとっていました。最後に会ったのは今年の1月だったとのこと。

    続きを読む
  3. 今、命が尽きても後悔しないと言えますか?

    「はい、後悔しません」とは言い切れませんが、少なくとも一年前の私より、後悔はぐっと減ってきています。何かを達成させたわけでもなく、成功したわけでもないですが、それでも、道を模索しながら歩き、こちらかな? これでいいのかな?と考えながらも、手探りで歩みを進めています。

    続きを読む
  4. 親にエンディングノートや終活のことを切り出すための3つのポイント

    エンディングノートの意義と目的そしてその良さを知った皆さんが、それを親にも書いてほしい、そこに書かれている内容についての答えを親から聞きだしたいと思ったときに、どうするか?※これは“死”に関する話題を親子間で持ち出すことがタブーとされている場合です。

    続きを読む
  5. かさこ塾のプレゼンがきっかけで、新しいワークショップ“こころの置き手紙”をスタートさせます!

    かさこ塾の最終課題は3分間のプレゼンでした。私のプレゼン候補は2つあったのですが、まだたくさんの人前で話したことのないテーマを選んでみました。

    続きを読む
  6. 「人生の終焉を考えることだけが、 “終活”ではありません」と言い続けるのも大切なこと

    最近、ある人に「今、何をやってるの?」と問われたので、「終活カウンセラーになったから仲間と一緒にワークショップとかやってます」と答えたら「え? 死ぬ準備やってるの?」と言われました。“就活”と間違われなかっただけでもまだマシかもしれません。

    続きを読む
  7. “終活ワークショップ”という名の新種の学べる女子会をご紹介します!

    終活カウンセラーの仲間と昨年の4月から月に1回ということで始めた“Petit Shu”(プティシュー)という名の終活ワークショップも今回で11回目を数えました!その中で、私たちは、どんなことをしているのかというと、まず第1部は、真面目にちょっとお勉強です。

    続きを読む
  8. “セルフブランディング”と“終活”がクロスする部分は、自分を振り返る作業がいかに大事かということ

    かさこ塾の宿題である自分の経歴を書きながら、気づいたことがあります。それは、「セルフブランディングと終活には共通点がある」ということです。

    続きを読む
  9. “加齢による単なる物忘れ” と “認知症”の違いを知っていますか?

    “加齢による単なる物忘れ”とは、・体験の一部を忘れる (朝食は何を食べたかな?)・ヒントがあると思い出す・時間、場所、人を間違えることがある“認知症”とは・体験全体を忘れる(ご飯を食べたのに、食べてないと言う)・ヒントがあっても思い出せない・時間、場所、人などがわからなくなる...

    続きを読む
  10. 私たちの終活ワークショップは、真面目顔と笑顔があればとても楽しめると思います!

    今年初の終活ワークショップは、今後、年齢を重ねていくにつれ、誰にとっても現実味を帯びてくる、“成年後見制度”について学び、生活に潤いを与えるべく“テーブルに飾るプチ装花”を皆さんで作るという二本立てでした。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る