終活について

  1. やってみたいことを躊躇してるなら自分の命の儚さへ目を向けてみる。

    父の同級生が元旦に自転車で転び、頭を打ち、翌日、お亡くなりになりました。その方からは父宛に年賀状も届いていました。年賀状を投函するときにまさかお正月に自分が命を落とすなんて思ってもいらっしゃらなかったことでしょう。

    続きを読む
  2. 今年の誕生日にいただいたプレゼントは私があの世へ持っていけるもの。

    一年前の誕生日(下の画像)鹿児島で私は家族と友達とで食事会をしていた。そう、こんな感じで。そして今年は札幌にて誕生日を迎えた。一年前、偽札束を持ってウハウハと笑っている自分に教えてあげたい。「一年後、あなたは札幌で誕生日を祝っていただいているよ」と。

    続きを読む
  3. 高齢の親に対し、子どもとしてできる“終活”の進め方。

    「50代でエンディングノートを書くって早すぎるんじゃない?」と今回の帰省で義母に言われた私達夫婦。夫も私もそれぞれにエンディングノートを一冊ずつ書いている。

    続きを読む
  4. “墓じまい”で終わらせるのか? ご先祖問題。〜我が家の場合〜

    今回、東京へきた一番の目的は「ご先祖問題」の話合いだった。私の実家は訳あって、次男である私の父が継いでおり12代まで続いてきている。しかし、子供の私たちは姉妹でかつ子どもがいないことからこの先の跡継ぎ問題が浮上。

    続きを読む
  5. エンディングノートは家族を繋ぐ“伝言ノート”。書きすぎてダメということは何もない。

    先日、佐賀新聞主催の“さが終活セミナー2018”にて上級終活カウンセラーとして講演をさせていただいた。題して『親子で考えたい終活~思いを伝えていますか?』。事前予約120名を大幅に超えたお申込みがあり、当日、会場は立ち見の方までいらした。

    続きを読む
  6. 棺の中に我が身を横たえ蓋が閉められたとき、私が思ったたったひとつのこと。

    “入棺体験”をしたことがありますか?入棺なんて、自分が亡くなってからのことだから体験したところで何か意味があるの?とも言われそう。けれども私は体験してみたかった。先日、佐賀で開催された“さが終活フェスタ2018”(佐賀新聞主催)でそのチャンスが訪れた。

    続きを読む
  7. 思っているだけで実行に移さなければ意味がない。“親子で考えたい終活~思いを伝えていますか?~”

    ブログを3年間毎日更新し続け「3年もよく続いたな~」と感慨にふけっていた9月のお話(笑)。ネット検索からブログ、そしてサイトを見ていただいた佐賀新聞サービスのご担当者様から終活の講演依頼のメールをいただいた。

    続きを読む
  8. 櫻木よしこの真面目ではないプロフィールのご紹介(いわゆるプライベートもの)。

    知りあって間もない方も多いのでこのあたりで自己紹介を!<櫻木よしこの真面目なプロフィール>→こちら。<櫻木よしこのプライベートプロフィール>●鹿児島市在住。●12月12日生まれ※姉妹で同じ誕生日。●血液型:(おおざっぱと言われる)O型。

    続きを読む
  9. 【親子で終活】親の生活や健康状態、気持ちに寄り添うことから始めてみませんか?

    エンディングノートに関するテレビ出演や終活の講演依頼などがあり、ここ最近、そのことを考える時間がいつも以上にある。終活に関することでよくテーマになるのは「親子で終活」ということ。親子で終活についてあれこれと語っている人達は少ないのが現状。

    続きを読む
  10. “寂しさを埋める”or“趣味を謳歌する”の二者択一、高齢のあなたならどちらを選ぶ?

    昨年末に妻(私の伯母)を亡くした伯父。四十九日の法要が終わると、すぐに関東に住む息子がその父を呼び寄せ、90歳手前で伯父は鹿児島を離れた。とりあえずの“お試し滞在”ということで。鹿児島に住んでいるときは毎日のほどに車で10分弱の海へ出かけ、釣りを楽しんでいた。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る