思うこと

  1. 「好きなことをやるのは幸せなことです」と言い切るための生き方とは。

    「好きなことをやるのは幸せなことです」挨拶の中でそう語られたのは、御年86歳にして長年演奏活動をされている声楽家の池端ミチ子先生です。鹿児島国際大学の名誉教授の先生は長年にわたり各地で慈善音楽会を精力的に開いていらっしゃいます。

    続きを読む
  2. 判断力を鈍らせるのは、自分の感覚より他人の意見を大事にしてしまうから。

    「あの人いい人だよ、やってることもすごいし!」という誰かをおススメする言葉をよく聞くことがありませんか?すごい人いい人面白い人やさしい人頭のいい人仕事がデキる人などなど、魅力的な形容詞がつくとついつい興味をもってその人を見てしまいます。

    続きを読む
  3. “好きを仕事に”は特別ではなく、振り返るとこれまでに経験してることかも。

    「好きを仕事に」ってちょっと特別だったりなんだかそれは難しいことと捉えていませんか?自分を振り返ると実は「好きを仕事に」してたということもありそうです。これまでの私自身を振り返ると結果的に「やりたい!」と思う仕事だけをしてきたなーと。

    続きを読む
  4. あなたがその素晴らしい経歴を出さないのはなぜですか? 

    編集者として人を取材するときに素晴らしい経歴を持っているにも関わらず「それは書かないで…」という方が時々います。ブランディング応援セッションのときも公にはしていない経歴ですごいものを持っている方もいます。

    続きを読む
  5. 「どうせ私は目立たない」を克服するたったひとつの方法。

    「どうせ私は目立たないですから…」それが口癖の人と複数会ったことがあります。私は目立たない=個性がない=地味という風に自分で思い込んでいるような感じです。なぜ目立たないのか?目立ちたくないのなら話は別です。

    続きを読む
  6. SNSにアップされた写真は人を喜ばせ、笑わせ、ときに人を傷つける。

    これは、先日、盛岡でお会いした占い師の田村さんと話をしていて話題になったこと。SNSでどんどんいろいろな人たちの写真がアップされてきます。誰かが写った写真に自分も写り込んでいたり、積極的に撮影してもらうこともあるでしょう。

    続きを読む
  7. 自分主催の講座やセッションのレポ記事をブログで多めに書いている人へ。

    自分主催で講座やセッションをやっている人はブログ記事もおのずとそれ関連を書く人をよく見かけます。

    続きを読む
  8. 他人はあなたが望むことはわからない。だから自分で自分の背中を押さなきゃ。

    ときに「アレをやればよかったな~」と後悔することありませんか?大小の様々な後悔があると思います。あの人に思い切って話しかければよかった。あのときにアレを買えばよかった。誘われたときにすぐに参加するって言えばよかった。

    続きを読む
  9. 「やりたいことはあるけど目立ちたくない」という友人に対し、私がとった行動とは。

    「やりたいことはあるんだけどね。櫻木ちゃんみたいにSNSで露出はしたくないのよね。できるだけ目立たなく静かに生きていきたいから」と、かなり久しぶりに会った友人に言われたひとことです。私は何も言いませんでした。

    続きを読む
  10. “きれいですね”と度々言われるならばそれを放置せず武器に変えるべし。

    私は、美しい人を見るのが好きです。この場合の美しい人とは外見の美しさという意味です。なので、美しい人とお近づきになったら素直に「お綺麗ですね」と伝えます。周囲の人から美しいですね。きれいですね。と度々言われるならばあなたは美しいのだと思います。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る