思うこと

  1. ものすごく退職したいとき、意外と辞められなかったりすることってありませんか?

    会社を辞めたくてたまらないときはなぜか辞められないっていう経験をしたことはありませんか?私はあります。ある出版社を辞めたくてどうしようもなくなって「明日、辞表を出してやる」と息巻いて、バッグに辞表をずっと入れていました。

    続きを読む
  2. 美人は「美人ですね」と何度言われても嬉しいものなのか? それとも「当たり前」と思ってしまうのか?

    「美しいですね」と言われ慣れている美人って、そう言われたとき、自分でどう思うのだろうと、ふと思ってしまった。美人だけでなく、イケメンと言われる男性たちもだ。こんなことを思うこと自体、くだらないと思いながらも、ふと気になった。

    続きを読む
  3. 「フリーランスで仕事をしていて、嬉しいことは何ですか?」

    この問いに皆さんはどう答えますか?この思いがけない質問に対して、私は「お客様が自分が思う以上に喜んでくださったとき」という風に答えました。

    続きを読む
  4. 宗教に限らず何かを他人に勧めるときは、自分の熱意を伝えるだけでなく、引き際もきれいに。

    「私は●●教で救われたから、あなたにもぜひ勧めたいと思って」という電話をある方からいただきました。夫側の親戚でしたので、夫に電話を代わろうとしたのですが、「いえ、今回はあなたに話しておきたいと思って」というピンポイントでターゲットになった私。

    続きを読む
  5. 自分が“オンステージ女”になっていないかどうか振り返ることは人間関係を築く上で大事なことです。

    最近、立て続けに自分独壇場で話をする人と一緒になることがあり、ずっとそういう人の話を聞き続けることをとても苦痛に感じている自分に気づきました。今まではさほど思うことはなかったのですが、最近、頻繁にそういう機会があるからなのか…。

    続きを読む
  6. 「やる・やらない」の決断はすべて自分の手中にあるのであって、他人のせいではないということ。

    何か事を起こそうとするとき、「こういうことをしたら、あの人たちに何か言われるかもしれない」と思って、あきらめてしまう人も多いのではないでしょうか?そして、「あの人たちのせいで自分はできないのだ」という風に考えたりもする。しかし「やらない」とあきらめたのは自分。

    続きを読む
  7. FACEBOOKという情報ツールに振り回されるのではなく快適に使いこなす術を身につけよう

    ずっと放置していたFACEBOOKを再開してから1年ぐらいが経過します。日々、いろいろなアドバイスや意見、ブログのシェアを読んだりして、自分に取り込みたい、参考になる、ためになる考え方などをまま目にします。

    続きを読む
  8. 私が旧姓をペンネームとして使い続けている理由

    “櫻木よしこ”という名前は本名ではありません。旧姓です、そして“よしこ”も本当は漢字です。ではなぜ、この名前を仕事で使っているのか?①ジャーナリストの“櫻井よしこ”さんと一字違いで、覚えてもらいやすい。

    続きを読む
  9. 自分の進む道が決まらない、わからないというモヤモヤしてる時をこそ楽しもう

    とはいってもさ、やっぱり悶々としてしまって、動こうにもどっちへ行ったらいいかわからないから、動きがとれなくなる…。自分の道を定めてドンドン進んでいっている人を見ると、「なぜ、私はこうなんだろう?」って思ってしまう。

    続きを読む
  10. 90歳になってからでも軽々と腹筋ができる自分であるためには、身近な存在の生活ぶりを見ることから。

    「え? そんなことまでできるの?おばちゃん!!」と驚いたは、90歳の伯母が、“ワ●ダーコア”顔負けの腹筋を使った起き上がりができるということでした。しかも、軽々と。これにはもうぶったまげたわけです。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る