思うこと

  1. 就寝前、枕元に本や雑誌がないとなんだか不安になります。

    自分が読書家と言うつもりは毛頭ありません。でも、枕元に本や雑誌がないとなんだか落ち着かない私です。幼稚園児の頃から、小学生の姉についていって、夏休みに小学校の図書館で特別に本を貸してもらって、本を読みまくっていました。

    続きを読む
  2. 同じ話でも話す場所を変えてみると、なぜか集中できることってありませんか?

    よく会話をする夫婦ではありますが、たまにカフェやドライブに行くと、その時のほうが、より濃い話ができるので、そういう時間が私は好きです。日常生活では、些末なこともいろいろあって、日々に追われているので、落ち着いて、お互いが考えていることを話せる時間がどうしても少なくなります。

    続きを読む
  3. ノロウィルスにかかったことは、災いだったのでしょうか?

    元旦から発症したノロウィルスのおかげで、いろいろな方々からお見舞いコメントをいただきました。どうもありがとうございました。そのいただいたコメントの中で考えることがあったので、以下ご紹介したいと思います。

    続きを読む
  4. Have a nice day! & God Bless you

    高校を卒業して、短大の“英語科”へと進学した私。最初の授業からオールイングリッシュなのでありました。

    続きを読む
  5. 年賀状を元旦配達に間に合わせることよりも、メッセージを添えることを優先します。

    年賀状もおおかた届いた今日この頃。またしても、ひとことメッセージなしの賀状のなんと多いこと!しかもそういう賀状は、元旦配達分に多く見られます。ひとことのメッセージも添えられていない賀状は、本当に即スル―です。「元気ですか?」というひとことだけでもいいと思うのです。

    続きを読む
  6. 初詣に行くまでもなく、おみくじの内容が決定いたしました!

    実家の玄関に生けられていたお花をみて、ようやくお正月だなと感じられた新年。そう思う頃には、お正月も終わり。FB上でもお見舞いコメントをいただき皆様のやさしさに触れた3日間でもありました。本当にありがとうございました。ベッドの中の友は、スマホでございました。

    続きを読む
  7. 新年早々、強制断食に突入しました。

    つまり、ノロウィルスの症状が、除夜の鐘を合図にスタートし、深夜から今まで、絶賛絶食中です。上からも下からも大概にせいよ!と言わんばかりの猛威が体内を吹き荒れています。あまりにひどくて、とうとう病院へ行く始末。そして、ノロウィルス認定ア~ンド点滴。

    続きを読む
  8. 初詣へ行く方へ、終わり詣もおすすめいたします!

    年に数回、神社へお参りさせていただきますが、今年最後のご挨拶という意識をもって、神社を参拝したのは昨日が初めてでした。毎年、ほぼ欠かさずお正月に初詣へ行き、神様へ新年のご挨拶をさせていただいています。

    続きを読む
  9. せめて人生の現在地を把握できれば、魑魅魍魎の人波に飲まれずに済むかもしれません。

    クリスマス直前の表参道を次の待ち合わせのために歩いていたら、途中すごい人の波に飲まれていく自分がいました。「目的地はたぶんあのあたり」と、ぼんやりわかっていても、自信がないから、足がなんだか迷ってしまいました。だめだ!と思い、そこからなんとか離脱して、立ち止まり、スマホで現在地と目的地を確認。

    続きを読む
  10. 50人x1分間のスピーチを聞くというまたとない機会をあなたならどう活かしますか?

    昨日は試験が終わったあと、1分間のスピーチタイムがありました。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る