思うこと

  1. “リスタート”とは頭で考えるのではなく、心と身体が動きだすことから始まる!

    「どうやったら私もリスタートできますか?」と、昨日、元同僚に尋ねられた。私は2年前にリスタートをしよう!と思ってリスタートしたわけではなかった。というよりもそれ以前に出口の見えない場所で、ずっともがいていた。

    続きを読む
  2. 目に見えない“引き寄せ”のタイミングをいつまで、何をして待つのですか?

    「引き寄せ」云々の投稿をFACEBOOK上でよく見かけるが私も数年前まで引き寄せ本をけっこう読んでいた。で、何か変わったか?まったく、何も。ただ、そういう本を読んだら開運するような気がしていた。読んだだけで開運していたら、誰もが開運するっていうのに。

    続きを読む
  3. 第一印象で決めつけて逃してしまう出会いを減らすにはあと一歩の勇気と努力を!

    ぱっと見の印象で、あれこれと判断してしまうことがある。相手に対するそのどこかひとりよがりな印象で、もうそれ以上、話を進めることなく終わってしまう一期一会もある。今までどれだけの「もっと話をしてみれば良かった」と思う出会いを失ってきたのだろう。

    続きを読む
  4. お互いを束縛ではなく“放し飼い”にするほうが、気持ちよく感謝できるというもの。

    今年に入ってから特に仕事等で県外に行く機会が増えて、「ご主人は何も言わないのですか?」とけっこうきかれる。そういう質問をされるたびに、皆さんわりと手かせ足かせされているのかと思ってしまう。我が家の場合、何も言われません。

    続きを読む
  5. 何かを決断したら他人の意見に左右されず自分を信じて進むこと。あなたの人生なのだから。

    編集者という仕事柄、東京に居続けたほうが仕事としてはもっといろいろできただろうに、なぜ鹿児島に?と問われることがままある。ここ最近、立て続けに尋ねられたので書いてみる。

    続きを読む
  6. “結婚(生活)”という日常のためのお見合いなのだから、普段の自分を見せることがミスマッチを防ぐコツ。

    私の人生において唯一のお見合いは、某ホテルの料亭の個室にてだった。最初からノリ気ではなかったが、「私の人生、一度くらいはお見合いしてみてもいいんじゃね?」という思いと美味しいお食事も食べられるとあって、ぼちぼち気分でお見合いに臨んだ。

    続きを読む
  7. 講座を開催する私が自分を出し尽くすために意識しているたったひとつのこと

    現在、「セルフマガジン制作スタートアップ講座」「読まれるブログの書き方講座」そして、「私のエンディングノート入門講座」という3つの講座を展開しているが、どの講座も参加者の皆さんに少しでも何かを持ち帰っていただきたいという気持ちでやっている。

    続きを読む
  8. ひたすらに“無”になれる時間は、自分を内側からいい具合に活性化してくれる。

    仕事以外のことをやるというのは良い気分転換にもなり、雑念が消える。それが卓球であっても、カラオケであってもそのとき没頭できるものがあれば幸いだと思う。先日、ヨガのクラスに参加した。友人の紹介で少し前にもヨガへ行ったのだが、身体も心も全体的に軽くなる感じがして、再びの。

    続きを読む
  9. ファッションはあなたを表現するツール。だからもっとあなたらしさを!

    (撮影:Akira Kato )今回、すごく意図して着たわけではないのだが、かさこ塾福岡フェスタでのストライプのトップスが意外と人の印象に残ることにびっくりした。ボーダー系のトップスは数枚持っているのだが、ストライプのトップスはほとんど持っていなかった。

    続きを読む
  10. 相手が望んでいるならあなたの親切は“思いやり”、望んでいなければそれは“おせっかい”と言う。

    何かを人に勧めるときに、「この人には本当におススメなんだけどな」という気持ちが強くなるとついついこちらも力が入って、ときに余計なお膳立てをすることがある。少し前に、そういう瞬間があったがぐっとこらえた。そして、思ったのだ。「それ以上、私がする必要がある?」と。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る