思うこと

  1. “寂しさを埋める”or“趣味を謳歌する”の二者択一、高齢のあなたならどちらを選ぶ?

    昨年末に妻(私の伯母)を亡くした伯父。四十九日の法要が終わると、すぐに関東に住む息子がその父を呼び寄せ、90歳手前で伯父は鹿児島を離れた。とりあえずの“お試し滞在”ということで。鹿児島に住んでいるときは毎日のほどに車で10分弱の海へ出かけ、釣りを楽しんでいた。

    続きを読む
  2. 神様のご加護を賜っているかを気にするよりも、まずは現実を直視して動くほうが先。

    「私は神様に護ってもらっていると思う?」と、なんだかいつもお騒がせな彼女が私に尋ねた。護ってもらっているかどうかなんてわかりませんがな。自分がそう思えばそうなのだろうし、そう思えなければそうなのだろうし。すべては自分の気の持ちようではないかと…。

    続きを読む
  3. 「嫌われる勇気も持つ」以前に、最初から誰かに嫌われているという事実を知っていますか?

    世の中には・あなたの事が嫌いな人が2割・あなたの事がどうでもいい人が6割・あなたの事が好きな人が2割という「2:6:2の法則」というものがあるそうな。パナソニック(松下電工)の創業者である松下幸之助氏が語ったと言われている法則です。

    続きを読む
  4. 誰かを嫌いなら潔く認めよう。他者に同意を求めようとするからみっともないことになる。

    「A子さんのことどう思います?」ときいてくる人がいる。他人についてどう思うかを尋ねてくるパターン。多くの皆さんもそういう経験があると思う。こういう場合「う~ん。

    続きを読む
  5. 誰かと比較して焦ってがむしゃらに動いて息切れしそうになってませんか? 

    SNSで県外へ行っている写真などをアップしているせいか、「お忙しいですね、あちこち行かれて」と声をかけられることが多くなった。しかし、私の場合、外へ出て一気にスケジュールを詰め込むときと、そうでないときがある。外へ出ないときは自宅で別の仕事をしている。

    続きを読む
  6. グーグルマップを片手に仕事の目的地へと急ぐだけの無味乾燥な仕事旅に少しの潤いを!

    私は仕事を絡めての旅となると、できるだけ時間的ロスを少なくして動こうとしてしまう。しかし、今回、名古屋ー大阪ー京都という4泊5日の旅のうち3日間は完全な移動日にして、仕事を一切いれなかった。

    続きを読む
  7. 「こうなりたい」という理想を現実のものにするためにこの2年間私がやってきたこと。

    大阪で会った友人たちといろいろな話をするなかで改めて気づいたこと。それは、以前望んでいたことが現実のものになってきているということ。大々的な話ではないけれども(笑)「先々こうなりたい」と思っていたことが具現化している。

    続きを読む
  8. 「所詮、私の人生なんてこんなものだ~」とため息をついてあきらめていませんか?

    先日のテレビ取材のときのこと。ディレクターが私のセルフマガジンを見て「なぜ、タイトルがRestart(リスタート)なんですか?」と尋ねてきた。それは3年前に私が大きくリスタートしたから。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る