思うこと

  1. 私が旧姓をペンネームとして使い続けている理由

    “櫻木よしこ”という名前は本名ではありません。旧姓です、そして“よしこ”も本当は漢字です。ではなぜ、この名前を仕事で使っているのか?①ジャーナリストの“櫻井よしこ”さんと一字違いで、覚えてもらいやすい。

    続きを読む
  2. 自分の進む道が決まらない、わからないというモヤモヤしてる時をこそ楽しもう

    とはいってもさ、やっぱり悶々としてしまって、動こうにもどっちへ行ったらいいかわからないから、動きがとれなくなる…。自分の道を定めてドンドン進んでいっている人を見ると、「なぜ、私はこうなんだろう?」って思ってしまう。

    続きを読む
  3. 90歳になってからでも軽々と腹筋ができる自分であるためには、身近な存在の生活ぶりを見ることから。

    「え? そんなことまでできるの?おばちゃん!!」と驚いたは、90歳の伯母が、“ワ●ダーコア”顔負けの腹筋を使った起き上がりができるということでした。しかも、軽々と。これにはもうぶったまげたわけです。

    続きを読む
  4. 「もういい年齢なんだから」の、その “いい年齢”って何歳ぐらいのことを言う?

    「いやいや、もういい年齢だから」といって、いろいろなことをあきらめていませんか?振り返ると私は若い頃からあまり年齢を意識せずに生きてきたような気がします。20代はともかく、30代になって周囲が結婚していくなかで、私自身は特に焦りもなく…。

    続きを読む
  5. 相手のためを思って口にしていたことは、つまり自分の価値観を押し付けているだけのこと。

    私はもう何年も私の価値観を夫に押し付けてきました。結婚以来、ほぼ毎日。問題になっているのは“睡眠”。我が夫は、年中夜更かしをするショートスリーパーです。午前0時前に寝ることは非常に稀です。結婚して以来、睡眠に関する私との感覚の違いに私は毎日ストレスを抱えていました。

    続きを読む
  6. なんだかまだ自分の中でしっくりとつかめない“自己開示”というもの。

    SNSの世界だけでなく、リアルな世界においても「もうこれ以上“自己開示”することはない。すべて開示しきった」という人がどれほどいることでしょう。私自身、ブログを書き始めて自分の考えや思いを書くことにより、自己開示が以前よりできていると思います。

    続きを読む
  7. いざ行動を起こしたら必ず別の悩みが出てきます。そんなときあなたはどうしますか?

    行動を起こし始めると、それに付随していろいろと考えなければならないことや、やらなければいけないことがどんどん出てきます。そこだけを見ると、「あ~、なんでこんなに問題が出てくるの~」とつい投げ出したくなるときがあります、私の場合。

    続きを読む
  8. 「変わりたい!」と思っている“あなたという車”は、現在、時速何キロぐらいで走行していますか?

    「●●をやったらいいとわかっているんだけど、イマイチ動けない」という人が私のまわりにはわりと多いです。そしてその後に続く言葉が「まあ、しばらくはこれでいいかなと思って」というパターン。あと、「ちょっと動くに動けないから」とか。

    続きを読む
  9. 自分だけではなく、周囲の変化にももっと大らかでいられたら心持ちも楽になるはず。

    これまでの人生の中でポイントとなる時がいくつかありました。そのポイントにいるとき、出会うべき人と出会って、何かを共有し、物事をなしてきています。では、そのときに出会った人たちと今も同じテンションでお付き合いしているかというとそうではありません。

    続きを読む
  10. “欲しいものは欲しいと言ったほうが勝ち”を地でいく友人に見るストレスを軽減するコツ

    「これ、誰か欲しい人いる?」って言われて、周囲の様子を見つつ、欲しいけどどうしようかと悩みながら、結局、他の人に取られてしまうパターンの人っていませんか?もしかして自分がそうだったりします?他の人に持っていかれたとき、「あれは私には縁がなかったものだったんだ」と、自分を納得させる言...

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る