思うこと

  1. 地震に不慣れな九州の私達は、ちょっとの地震でも不安を募らせる人が多い気がします。

    昨夜もここ鹿児島も大きな揺れが二度ほどあり(震度5を含む)、落ち着いて眠れない夜でした。大きな揺れのときは、スマホの警報音が大きな音で鳴り、飛び起きて、じっとしてると、ぐらぐらっとくる。大小の地震が断続的に続くことは初めてで、なんとも落ち着かないです。

    続きを読む
  2. やはり 「来るもの拒まず 去る者追わず」を信条として生きていきたいと思うのです。

    ブログを日々更新し、FBでも動きを見せていると、友人・知人があれこれと声をかけてきます。「どうしたの? 何があったの?」「前の櫻木ちゃんに戻りつつあるね」「櫻木さん、変わったよね~」など、まあいろいろです。

    続きを読む
  3. やりたいことをやっている人の足を引っ張るのは、自分がやりたいことをやれていないから。

    やりたいことをやっている人を陰で批判したり悪口を言う人は、自分がそれをやりたくてもやれていないから…。それに尽きると思います。最近、いくつかそういう事例を見聞きして思うのですが、人を妬み、足を引っ張るようなことをする前に、自分のことを見つめてみたらどうですか?と…。

    続きを読む
  4. あなたにとって“元気をもらえる人”ってどういう人ですか?

    「この人と会うと元気になる」っていう人が皆さんの周りにもいませんか?私の周囲にはそう感じられる人たちがいます。相手が私のことをどう思っているかはわかりませんが、私にとってはとてもありがたい存在です。だからといって、私が元気のないときに会うわけではないのです。

    続きを読む
  5. 奄海るかさんの公開リーディングの答えは、私の気持ちの裏付けにもなり後押しにもなりました!

    「薔薇の魔法」を扱う全国3人の魔法師の1人かつ霊能師でもある奄海るかさんが、FB上でオラクルカードの公開リーディングをされていて先着10名の募集に応募してみました。るかさんがアプリでオラクルカードを引いて、一言だけ関西弁でメッセージを伝えてくださるというものです。

    続きを読む
  6. 写真に撮られれば撮られるほど、笑顔ではない自分に落ち込んでしまいます。

    ここのところ、写真に写ることが多いのですが、とにかく私は笑顔で写っている写真がかなりレアです。自分では撮影されるたびに、笑顔になっているつもりですが、なかなかどうして仕上がりは仏頂面手前。先日、終了したかさこ塾@鹿児島の集合写真も私だけがなんだか中途ハンパな笑顔手前。

    続きを読む
  7. これからは物を増やすのではなく、心に残ることを増やしていきたいと思います。

    最近、よく思うのは「私がどんなに高価は物を買っても残す人がいないのなら、無意味だ」ということです。私には私が所有するものを受け継ぐ子供はいません。もし子供がいたら、私が持つちょっとだけいいものを形見として残すという考えも出てくることでしょう。でもいない。

    続きを読む
  8. メディアに煽られて3.11を思い出すのではなく、自ら思い出すことで“生ききること”について考える

    3.11から今日で5年。メディアはこぞってあの日のことをあれこれと放映しています。私は、1週間前に自分なりに時間をとって祈りを捧げ、あの時のことを思い出していました。テレビから流れた信じられない画像を今でもはっきりと覚えています。

    続きを読む
  9. ハラスメントで悩むとき、それは同時に相手に時間まで奪われているということに気づいていますか?

    一昨日書いた記事を再び読み返してもう少し書いてみたいと思いました。動けなかった時期(傷つきたくないと思っていた時期)の私から見たら一昨日の記事は、「それはあなたが今、ポジティブになれたからでしょ?人間、そういう時ばかりじゃないんだから」と愚痴ったかもしれません。それも理解できます。

    続きを読む
  10. 新しい人と出会わなければ傷つく確率は下がります。でも、嬉しい出会いを逃す確率は上がります。

    半年前までと今を比べたら、リアルでもネットでも多くの新しい出会いが生まれています。人との出会いは、時に喜びや嬉しさそして、心浮きたつこともあれば、不快や怒り、悲しみをもたらすこともあります。一時期、人間関係が煩わしく感じられる時があり、新しい出会いを求めない私がいました。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る