思うこと

  1. 日頃一緒に暮らしていなくても、共に旅をすれば高齢な親の健康状態がわかるというもの

    今回、全国に散らばる櫻木一族が湯田温泉(山口)に30名ほど集合することとなり、家族で島根~出雲~湯田温泉(山口)を旅した。2年ぶりの家族旅行だったが、今回は両親の年齢(父79歳、母77歳)を考えさせられる旅となった。

    続きを読む
  2. 「時代のせい」にして片付けていい問題もあれば、そうはしたくない問題もある。

    私が暮らす鹿児島は、お墓に供える花の消費量が全国1だと言われている。季節によっては1週間に一度ぐらいお墓にいき、供花を新しくする、そういうのが当たり前の家に育った。墓地へ行くとどこの家のお花もきれいだ。だからこそ、自分の家だけが花を枯らすわけにもいかない。

    続きを読む
  3. “うさぎとかめ”のかめでもいいじゃないか!若干、早足のかめってことで。

    「やっぱり実績を重ねていってナンボだよな」と最近、とみに思う。いくら私が「こういうことができます」「あんなこともできます」といったところで何の実績もなければ、そこに仕事を依頼しようとする人はあまりいない。

    続きを読む
  4. “私が誰よりもその人のことを一番わかっている”と思うのは傲慢か否か。

    「あの人はこういう人なんだよ」と、さもその人のことをわかった風な口をきく人がいる。そんなに付き合いも長くないのにだ。そのセリフの後に「あくまでも私の印象だけど」という一言をつければまだいいものを。そういう人の場合、断定するんだよね、断定。

    続きを読む
  5. 「イヤなことがあった後は、必ずイイことがある」あなたは心当たりがありますか?

    「イヤなことがあった後は、必ずイイことがあるというのを聞いたことがあるんです。それ以降、イヤなことの最中にこの後、どんなイイことがあるんだろうってワクワクすることもあります」と、昨日インタビューした方が口にした。これは私が思ったことと同じだった。

    続きを読む
  6. 寄ると触ると健康についての不安ばかり話していませんか? もっと楽しい話もしようよ。

    「皆で集まると、やれ病気にならないにはどうしたらいいか? とか血圧の薬やコレステロール値の話など、そんな話ばかりで気が滅入る」と言っていた父。我が父が70の声を聞いた頃だったと思う。

    続きを読む
  7. グルメ記事を頻繁に書かないのには、私なりのポリシーがある。

    自分のブログ記事にグルメレポートが激減している。外食をしていないわけではないが、ここのところ「う~ん、自分のブログに掲載して紹介するほどか?(大変失礼)」と思う店が多く記事として書くことがなくなってきている。

    続きを読む
  8. “器用貧乏”と言われ続けたあなたへ。あなたの時代がやってきた!

    私は「編集者」「ライター」「上級終活カウンセラー」「エンディングノート書き方講師」という肩書を名刺に書いているが、もっと減らしたほうがいいだろうか? とずっと思ってきた。“好きを仕事にする大人塾・かさこ塾”に入る前は、ひとつに絞ろうとしていた。

    続きを読む
  9. 嬉しい、楽しい感情を気持ちの昂りのままに言葉にするのが下手なあなたへ

    感情の起伏があまりよくわからないと言われたことがある。つまりどういうことかというと、何が嬉しくて、何に感動して…というのがわかりづらいと。特に言葉を使っての感情表現が薄いということのようだ。ほっといてくれ~という話なのだが、きっと私のような人もいるだろうと思い書いてみる。

    続きを読む
  10. “アドバイス”はそれを受けた相手が納得したときに初めて“アドバイス”となる。でなければ、単なる言葉の暴力にすぎない。

    時として、求めてもいないのにアドバイスをしてくる人がいる。そういう場合、その人は自分の意見が正しいと思いこんでいる節が強いというのが特徴的だ。だからやっかいだ。そういう人に絡まれると私はうんざりしてしまう。右から左へ受け流し、「あなたに私の何がわかるんだー?」と。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る