思うこと

  1. 理想とする人がいるのは、今のあなたが進化していける可能性を秘めているということ。

    例えばこう思うことはありませんか?「あんな人になりたいな」「あんな仕事のやり方ができたらいいな」「あんな生き方ができたらいいな」誰かを見てこういうことを思ったことがある人は多いのではないでしょうか。

    続きを読む
  2. あなたの“終の棲家”はハワイですか? それともどちらに?

    最近、たまに考えること。それは、「終の棲家」について。。私は晩年、どこで暮らしたいのだろうと。自分の晩年の前にまずは両親の晩年があります。

    続きを読む
  3. あなたは自分の仕事に合う話し方をしていますか?

    ときにヒトの話す言葉に敏感になるときがあります。先日、ある方と初めてお会いしたときのことです。

    続きを読む
  4. 会社員時代に経験した“立ち上げ”よりも、“自分を立ち上げる”ほうが難儀な理由とは?

    会社勤めをしていた頃、なぜか“立ち上げ屋”のようなことを任されたことがわりとありました。例えば、シドニーで編集者になり、新しくできた別の出版社から声がかかり、新しい編集部の編集長として立ち上げを担当。鹿児島の出版社で売上回復のため副編集長を拝命。

    続きを読む
  5. SNSで自分の講座やセッションのシェアをしてるのに集客できないのはなぜ?

    だって、“自分自身のこと”をあまり発信していないから。ただ自分のイベントの告知記事をSNSでシェアしたからといって簡単に集客できるわけではありません。

    続きを読む
  6. ビジネスのために何もかも自己開示する必要はない。場合によってはリアルに会った人に。

    ブランディング応援セッションをするなかで「自己開示はどこまでしなければいけないですか?」と問われることがあります。ネット上だったりプロフィールに書くという意味で。

    続きを読む
  7. 状況は変化するものだから販促ツールも作り変える前提でもっと気楽に作りましょ。

    名刺を作るサイトを作る。セルフマガジンを作る。プロフィールを作る。ビジネスに関係することで販促ツールを作ることは多々あると思います。

    続きを読む
  8. “一発逆転”を夢見てもいい!でも時間をムダにしないために老子のこの言葉を捧げます。

    例えば、収入だったり知名度だったりが一足飛びに飛躍する方法ってないかな?何か“一発逆転”できることはないかな?と思ったことはありませんか?私はあります。正直に告白するとそれは一度や二度ではありません(笑)。

    続きを読む
  9. “目線を変えて物事を見る”とは、例えばこういうやり方もあります。

    目線を変えて物事を見る。という習性は、編集者という仕事を通してだいぶ培ってきたものだと思います。これまでお店や人物の取材を相当数こなしてきました。1000件を超えているかどうか(笑)?さて、ここで目線を変えて物事を見る一例をご紹介しましょう。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る