思うこと

  1. 白黒つけられない思いはそのままでいいよね? いつか釈然とする日がくるかも~ぐらいのノリで。

    今日は亡くなった祖母の命日。亡くなってから36年経つ。父方のこの祖母とは同居していて、姉と私は祖母から必要以上に厳しくしつけられた。先生をしていたからなのか孫たちを良妻賢母にしたかったからなのか。今となっては聞くこともできないけれども。

    続きを読む
  2. ブログはテレビ番組と一緒。偏ったネタ(番組)ばかりじゃ飽きられてしまうからネタを工夫しよう!

    ブログを書くことがものすごく大変で堅苦しいことだと感じている方が多いなというのが私が最近特に感じていることです。しかも、いわゆる“仕事ネタ”ばかりを書かなければならないという呪縛にとりつかれている人がなんと多いことか。

    続きを読む
  3. マナー違反の客達に占領されている人気レストランで改めて思ったこと。

    先日訪れたレストランでの出来事。そこには私達以外に男性ばかり10人の先客がいた。年齢的には40~50代の人たち。そこで待つ友人たちより少し遅れてレストランに到着した私が一歩足を踏み入れたらそこは、完全に「飲み屋」の世界になっていた。

    続きを読む
  4. にぎやかな場所にばかり足を運んでいると、自分の中のエネルギーが無意識に枯渇するから気をつけて。

    いつも多くの人たちに囲まれて過ごしている人は、自分が疲れていることに気づきにくい。多くの人たちと一緒にいると無意識にテンションが上がっている。気を張っている。以前、嬉しいことや楽しいことでもストレスがかかるという記事を読んだことがある。

    続きを読む
  5. 今からだって遅くない!「継続は力なり」に近づくために「千里の道も一歩から」を始めよう。

    成功している人の今だけを見てうらやましがる人が多いように感じる。成功している人、うまくいっている人はキラキラしているように見えるから。でもよくよくそういう人の行動を見てみてほしい。

    続きを読む
  6. 名刺は一度作ったら終わりではなく、進捗状況に応じて作りかえればいい。もっと軽やかにいこう!

    今回、札幌・金沢でお会いした方々の中で「まだ名刺を作っていなくて」という方が数名いらした。個人起業している、またはこれから起業しようとしている方たちだが自分を名乗るものが何もないという状態。

    続きを読む
  7. 接客業の方達に問いたい!お客さんからスマホで撮影を頼まれたらどうしますか?

    ある観光地のカフェに友人たちとはいったときの出来事。オーダーしたものが運ばれてきた時せっかく久しぶりに会ったのだからとカフェの店員さんに「すみませんが、写真を撮っていただけませんか?」とお願いした。

    続きを読む
  8. 苦手意識のあった『ライブ配信』をやって気づいたこと、それは「やりたければやればいい!」ということ。

    今年の誕生日を記念して何かにチャレンジしたいという思いがあった。自分が苦手と思い込んでいることは何だろう?と。それが『ライブ配信』。これまでのライブ配信経験は誰かのライブ配信にちょこっと登場ぐらいの感じ。

    続きを読む
  9. 今年の誕生日にいただいたプレゼントは私があの世へ持っていけるもの。

    一年前の誕生日(下の画像)鹿児島で私は家族と友達とで食事会をしていた。そう、こんな感じで。そして今年は札幌にて誕生日を迎えた。一年前、偽札束を持ってウハウハと笑っている自分に教えてあげたい。「一年後、あなたは札幌で誕生日を祝っていただいているよ」と。

    続きを読む
  10. 講座告知の開催地名の書き方ひとつにビジネスの発展を左右する鍵が!

    これまでもさんざん、いろいろな方が書いていることですが私もそろそろかなり気になったので書いてみたいと思います。私自身、シェアしたい誰かの講座があったときに、開催地がわかりづらいところに書いてあったり、そもそもその地名が何県なのかさえわからないということもよくある。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る