思うこと

  1. 初詣へ行く方へ、終わり詣もおすすめいたします!

    年に数回、神社へお参りさせていただきますが、今年最後のご挨拶という意識をもって、神社を参拝したのは昨日が初めてでした。毎年、ほぼ欠かさずお正月に初詣へ行き、神様へ新年のご挨拶をさせていただいています。

    続きを読む
  2. せめて人生の現在地を把握できれば、魑魅魍魎の人波に飲まれずに済むかもしれません。

    クリスマス直前の表参道を次の待ち合わせのために歩いていたら、途中すごい人の波に飲まれていく自分がいました。「目的地はたぶんあのあたり」と、ぼんやりわかっていても、自信がないから、足がなんだか迷ってしまいました。だめだ!と思い、そこからなんとか離脱して、立ち止まり、スマホで現在地と目的地を確認。

    続きを読む
  3. 50人x1分間のスピーチを聞くというまたとない機会をあなたならどう活かしますか?

    昨日は試験が終わったあと、1分間のスピーチタイムがありました。

    続きを読む
  4. 新幹線や飛行機の中でかなり集中できるってことありませんか?

    新幹線や飛行機の中という、自分がしたいことのできる空間と時間が、私は好きです。特に一人で行く場合は、誰にも邪魔されず、自分のペースで考え事をしたり、考えをまとめたり。本を読んだり。でも一番納得のいく時間の使い方はやはり、考え事をすることかもしれません。

    続きを読む
  5. 少しでも前に進むために!リアルで会う人にお渡しするフライヤーを作ってみました。

    セルフブランディングをするために9月にブログを立ち上げ、FBをリスタートさせました。次に、自分で用意する会葬礼状“こころの置き手紙”のサイトを整えて、本格的にオープンさせました。こちら→http://oki-tegami.jimdo.com/いずれもネット上のことです。

    続きを読む
  6. 大人になった今でもマンガを一気に読みたくなる衝動に駆られます。

    小さい頃から少女マンガが大好きでした!私は“別マ”を買って、友達は“別フレ”を買って、交換して読み漁っていました。そんな私が一気にマンガにのめり込んだのは、“エースをねらえ!”でした。

    続きを読む
  7. “自分の話ばかりする人”になっていないか、時々、ふと気になることがあります。

    皆さんの周りには自分のことだけを延々と話す人はいませんか?そういう人と会う時は、いつも聞き役にまわることが多くなりますが、それもだんだんときつくなって、自然と足が遠のくという現象が起きてしまいます。

    続きを読む
  8. 珈琲と蜜柑の香りのお線香にちょっと考えてしまいました。

    初めて見ました!“珈琲”と“蜜柑”のお線香です。キャッチコピーに「香りの記憶」とありますので、故人がコーヒー好きだったり、みかん好きだったりするなら、それも良し。なのでしょうか?う~ん、毎日、仏壇から若干煙くさいコーヒーの香りとか焼きみかんみたいな香りが漂うのもどうかな~。

    続きを読む
  9. 私が知らなかった“アンティークを所有する”という世界

    西洋アンティークが収蔵されている友人の石蔵へと久しぶりに赴く機会に恵まれました。そこを訪れていたアンティーク家具の修理や修復をする方々と、たまたまお話することができました。

    続きを読む
  10. 決して終わりではないと思いたい、超世代文芸クオリティマガジン “en-taxi””

    たまに読む機会に恵まれていた文芸誌“en-taxi”(エンタクシー)の今号が最終号ということで、とても残念な気がしています。責任編集として、坪内祐三、福田和也、リリー・フランキー、重松清の4氏が関わっているマガジンです。リリー・フランキーの名作“東京タワー”は、このマガジンの連載でした。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る