思うこと

  1. どうして嫌いな人はいなくならないのでしょうか?

    ある人の言葉を借りると「嫌いな人や苦手な人が自分の周りからいなくなったら、人としての学びがなくなるから」だそうです。いなくなってほしいけど、学ぶことがなくなったら、ただでさえ、学習意欲がかなり少ない私は、自堕落な人間になってしまうと思うのです。

    続きを読む
  2. “人生ひまつぶし”にしては、なかなか平穏な日々が訪れないのはなぜ?

    我が親父どのは、たまに「人生はひまつぶしなんだよ」と言うことがあります。そうか、ひまつぶしか~。しかし、ひまつぶしにしては、ちょっと、山あり谷ありな気もする我が半生。ひまつぶしもいろいろなコースがあるなって、改めて思います。

    続きを読む
  3. “土用の丑の日”で知られる“土用”の意味を知っていると、難を逃れることがあるかもしれません。

    “土用”と言えば、“土用の丑の日”でよく知られていると思いますが、実は、“土用”の期間って年に4回あると知っていますか?私は知りませんでしたが、8年ぐらい前に友人に教えてもらいました。

    続きを読む
  4. “かっぱえびせん”の新商品を見て、自分の中の“定番かっぱえびせん”ラブに気づきました。

    「あぁ~、それやっちゃいかんでしょ! かっぱえびせんが…」と、スーパーで声に出してしまいそうになりました。はい、これ。“かっぱえびせん 塩チョコ仕立て”チョコレートコーティングされた柿の種と同じパターン。味は推して知るべしだなと思い、買う気にもなれませんでした。

    続きを読む
  5. 私を嫌いな人にも私のブログを読んでほしいと、今は思います。

    ブログを書き始めて、5か月目に突入していますが、アクセス数がある一定のラインをキープできつつある昨今、どういう方々が私のブログを読んでくださっているのだろうと、ふと思いました。といっても決してかなりのアクセス数ではないことを、先に申し上げておきます。

    続きを読む
  6. 英語のヒアリング力はどれぐらいで身につくものだと思いますか?

    私の場合、3カ月目のある夜に「あ、聞きとれてる」って実感できました。(※極めて個人差ありだと思うのであくまでも参考にしてください)20代の頃、シドニーに5年ほどいたこともあり、たま~に英語について尋ねられることがあります。

    続きを読む
  7. 就寝前、枕元に本や雑誌がないとなんだか不安になります。

    自分が読書家と言うつもりは毛頭ありません。でも、枕元に本や雑誌がないとなんだか落ち着かない私です。幼稚園児の頃から、小学生の姉についていって、夏休みに小学校の図書館で特別に本を貸してもらって、本を読みまくっていました。

    続きを読む
  8. 同じ話でも話す場所を変えてみると、なぜか集中できることってありませんか?

    よく会話をする夫婦ではありますが、たまにカフェやドライブに行くと、その時のほうが、より濃い話ができるので、そういう時間が私は好きです。日常生活では、些末なこともいろいろあって、日々に追われているので、落ち着いて、お互いが考えていることを話せる時間がどうしても少なくなります。

    続きを読む
  9. ノロウィルスにかかったことは、災いだったのでしょうか?

    元旦から発症したノロウィルスのおかげで、いろいろな方々からお見舞いコメントをいただきました。どうもありがとうございました。そのいただいたコメントの中で考えることがあったので、以下ご紹介したいと思います。

    続きを読む
  10. Have a nice day! & God Bless you

    高校を卒業して、短大の“英語科”へと進学した私。最初の授業からオールイングリッシュなのでありました。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る