思うこと

  1. あれこれ迷っているなら、「これならできそう!」(低ハードルがベスト)をまずは探してみて。

    3年半前、私がリスタートしたきっかけは、「これならできそう!」と思えるものが見つかったからです。好きを仕事にするかさこ塾塾長のかさこさんのセルフマガジン5に“かさこ流セルフブランディング術11カ条”が私のソレでした。

    続きを読む
  2. 何が正しくて、何が悪なのか? 他人の意見に振り回されるな。

    何が正しくて、何が悪なのか?自分なりの基準でそれをいつも選んでいるわけで私にとっての「悪」は誰かにとっては「正」かもしれない。またその逆もありき。誰かが「これは適正価格ではない」と声高らかに謳ったとして。

    続きを読む
  3. 40歳を越えてからの結婚で私が挙式・披露宴を行った理由とは。

    9年前の今日、4月3日(土)、私は挙式・披露宴を行いました。入籍は前年の12月にしているのでそちらが結婚記念日と我が家では制定しています。

    続きを読む
  4. 「変わりたいけど、変われない」とため息をつくあなたに伝えたいこと。

    「変わりたいけど、変われないんですよね、なかなか」という人が時々います。そういう人の話を聞くと無理に変わらなくてもいいのでは?と思うときもあります(笑)周囲の人がどんどん変わっていくから自分だけが取り残されてしまっているような気持ちになるのだそうです。

    続きを読む
  5. ユーミンのコンサートで“タイムマシン”に乗った私が思い出したKクンからのギフト。

    一昨日(3/30)、福岡で開催されたユーミンのコンサートでのことです。私は、コンサートの途中から同級生のKクンのことをまた思い出していました。中学の同級生のKクンと私は別々の高校へ進学。

    続きを読む
  6. 「人付き合いは難しい」とよく言いますが、実は自分で難しく、ややこしくしてるのかもしれない。

    私とAさんは友達。AさんとBさんは友達。でも私とBさんは友達ではない。こういうときにプライベートゾーンを一気に乗り越えてまるで昔からの付き合いであるかのように私に接してくるBさんという人がいるとします。私はそういうBさんが苦手です。

    続きを読む
  7. 好きかどうかわからないけど、ついついやってしまうことってありますか?

    好きかどうかわからないけれども一所懸命になれるものがあるっていいですよね。自分がそれを好きなのかどうかを意識することがないぐらいに無意識に考えたりついついそのことをやってしまっているとか。思うに、それは絶対に好きである必要もなく…。

    続きを読む
  8. 断れないのはなぜ? でもそれって自分を大事にしてると言える?

    私も含めてですが「断る」ということが苦手な人が多いように思えます。しかし、少しずつ「断る」「辞める」「安請け合いしない」という自分なりのトレーニングをしだしてからちょっとずつこの「断る」ということに対してのハードルが下がってきたように感じています。

    続きを読む
  9. 小さな達成感をバカにするものは、いずれそれを積み重ねなかったことに泣くだろう。

    何かしらの「達成感」を自分で感じることはとても大事なことだと最近よく思います。大きなことを達成することでなくてもいいんです。

    続きを読む
  10. 自分のサービスがなぜパッとしないのか、他に移る前にその理由を検証してみませんか?

    起業している人の中で自分の仕事がいまひとつパッとしなければ「他に何か別のサービス(仕事)がいいのでは?」と思う人も少なくありません。もちろん、それは私もよくわかります。かつての自分がそう思いがちだったので。当時、やるべきことをまったくやっていなかった私です。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る