学んだこと

  1. 自分だけが話し続ける“オンステージ女”にならないために。

    「私ばかり話してても大丈夫?」とは、先日のごはん会で友人が言ったひとこと。私たちはこの友人が話してたことをもっと聞きたかったので「もちろん!」と答えました。なんか、この気遣いがとても印象的だったのです。

    続きを読む
  2. あなたは“マスクが似合うヘアスタイル”ですか?

    ステイホームの時間が長いせいか髪の毛も伸び気味になっていました。ついには、こんなことに▼私はくせ毛なので、伸びてくると、外ハネくるりんになってしまいます。

    続きを読む
  3. 個人起業はしたいけれども、できれば顔は出したくないというあなたへ。

    先日、個別コンサルをしていたときのこと。(FacebookといったSNSやブログに)「私も顔を出すのがめちゃくちゃ嫌で出したくありませんでした」とクライアントにお伝えしたらとても驚かれました。

    続きを読む
  4. 大きな後悔があるから私は“ブログ”のことをよく記事する。

    私は“ブログ”のことをよく記事ネタにしますがそれには実は訳があります。5年前の私は自分を知ってもらう手段として“ブログを書く”ということがまったく頭にありませんでした。今思えば、本当にもったいなかったと思います。

    続きを読む
  5. 「何をやってもうまくいかない」とすぐにあきらめてしまうあなたへ。

    一躍“時の人”とか、現在とても活躍している人というのは今、ぱっと出てきて脚光を浴びているわけじゃないんですよね。今の華やかなイキイキしてる様子だけを見てつい、軽く考えてしまいがちなんですけれども…。

    続きを読む
  6. 褒められたりアドバイスされたことを放置したままにしていませんか?

    何だか動いているつもりなのに変わらないな~停滞してるな~ということはありませんか?そういうときにぜひ思い出してもらいたいことがあります。それは、誰かに褒められたときのこと。

    続きを読む
  7. 素直に受け止めて身軽に進むことが“開運のコツ”というお話。

    現在、40歳の友人夫婦は今度、お店を開くために自分たちでやれることを一所懸命にやっています。

    続きを読む
  8. 【後編】誰もが後悔しないために妹の子供たちがとった行動とは。

    昨日の続編になります。昨日の記事はこちら▼家族へのお見舞いを断る判断基準はどこに合わせればいいのでしょうか?お見舞いをあきらめていた妹です。しかし、妹の子供たちはその様子を見てやはり後悔のないようにしてあげたいと姉の子供(いとこ)に連絡を取りました。

    続きを読む
  9. 【前編】家族へのお見舞いを断る判断基準はどこに合わせればいいのでしょうか?

    ※以下の話はコロナ禍の状況とは関係のないお話として読んでいただければと思います。重篤な状況で入院している女性がいます。命の灯が今にも消えそうな状況を家族も見守るしかできないという。その女性には遠方に住む妹がいます。

    続きを読む
  10. 「それぐらいタダで」と思うのは、相手の職業に対する敬意のなさの表れ。

    時として自分以外の職業に対しては無頓着な時があります。自分の仕事(職業)については大変さを身をもって経験しているので同業者の大変さもわかります。しかし、それ以外の仕事(職業)については未経験のところからくる想像力不足もあり、理解が浅いときも。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る