学んだこと

  1. 地震発生時はまずはテーブルの下へ!どのタイミングで外へ逃げるかは二の次。

    昨夜、夕食のおでんをひとりでダラダラとビールを飲みながら食べていたときのこと。突然、横揺れが。「え? 桜島? 地震?」一瞬、桜島の爆発かと思ったが、揺れが続き、大きくなっていったので地震だと確信した。

    続きを読む
  2. 今からだって遅くない!「継続は力なり」に近づくために「千里の道も一歩から」を始めよう。

    成功している人の今だけを見てうらやましがる人が多いように感じる。成功している人、うまくいっている人はキラキラしているように見えるから。でもよくよくそういう人の行動を見てみてほしい。

    続きを読む
  3. 苦手意識のあった『ライブ配信』をやって気づいたこと、それは「やりたければやればいい!」ということ。

    今年の誕生日を記念して何かにチャレンジしたいという思いがあった。自分が苦手と思い込んでいることは何だろう?と。それが『ライブ配信』。これまでのライブ配信経験は誰かのライブ配信にちょこっと登場ぐらいの感じ。

    続きを読む
  4. お正月恒例の“福袋”販売に見る顧客ファーストの姿勢とは?

    一時期、編集者のキャリアを3年ほど離れてアジア雑貨店のマネージャーをしていたときのお話。転職の経緯はこちらのブログにて↓編集者の私が“アジア雑貨店のマネージャー”に転職したきっかけとそのミニ奮闘記。

    続きを読む
  5. SNS集客ではなく、口コミで集客している人たちのすごさを考えたことがありますか?

    SNS上であちこちに仕事で出かけている人たちを見ると、「わ、すごい!」と思う人も少なくないはず。実際に私もそう思う時もあるし(笑)でも、ブログやFACEBOOKといったSNSで集客できている人もいれば、そうではなく、なかには口コミで集客できている人もいるわけで。

    続きを読む
  6. 菓子店店員の接客から学ぶ「購入の決めては何なのか?」について考えてみる。

    駅や空港でお土産屋店が軒を並べるコーナーでのこと。客に話しかけるきっかけをつかもう、試食してもらおうと店先に立つ店員さんも必死だ。かといえば、必死そうにしてないところもあったりするんだけど(笑)つい先日のこと。

    続きを読む
  7. 皆さんのイベントにもぜひ“イベントコンシェルジュ”を!来場者にも出展者にもストレスのないシステムが作れます。

    一昨日(11/17)、鹿児島市で開催された「好きをカタチにする達人ミニフェスト@カゴシマ」はおかげさまで来場者が途切れることなく無事に終了することができました。

    続きを読む
  8. 最初から妙にウマが合う人にはちょっとご用心ということも?!~私の手痛い人生勉強のお話~

    もう8年ぐらい前の話になります。2年間ぐらい、行動を共にしていたAという人がいました。今から考えると、Aも私も「何かをしたい!」けれども何をしたらいいのかわからない状況でした。そういう気持ちが似ていて急速に親しくなったのだと思います。

    続きを読む
  9. 嬉しかった出来事は思うだけで終わらせず、循環させることこそが一番大事。

    札幌から羽田へ向かう機内で私は窓側に座り、あいだ一席を置いて通路側に品の良い60歳ぐらいの男性が座った。機内でのサービスの飲み物を飲み終えた紙コップの回収を待っていた私と男性。CAが近づいてくると、男性が私に手を差し出し「お預かりしましょう」と。

    続きを読む
  10. ホテルスタッフの接客で笑顔がもたらす効果を思い知る。

    札幌滞在のホテルを間違って〝喫煙〟で予約していた私。「なんだかな〜」とちょいブルーになっていた。悪いのは自分なんだけれども。が、しかし。フロントの女性スタッフがそこを察して笑顔で「禁煙のお部屋が空いていないかチェックしますね」と。必死にpcをパチパチ。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る