学んだこと

  1. 同業他者と一緒にお仕事。あなたは引き受けます?それとも断ります?

    現在、別の編集者と一緒にある仕事を手掛けています。ま、同じ編集者なのでスムーズに進むだろうと思いきや…です。これまでにお互いが制作してきた媒体が違い過ぎました。

    続きを読む
  2. 名誉棄損で訴えたい!ぐらいのことが起きたときの沈黙のススメ。

    “目には目を”という言葉があります。時にかなり腹正しいことがあると“目には歯を”と言ってしまう私です(笑)さて、生きていると思わぬことが起きます。いわれのない中傷だったりとか。私の身の上にも6、7年前にそういうことが起きました。

    続きを読む
  3. コールセンターのオペレーターから感じた、相手が見えない接客時の注意点。

    先日、宅急便の集荷についてコールセンターに電話したときのお話です。それはオペレーターの気だるそうな声から始まりました。私がある質問をすると「あ~、それはぁ~」という感じで答えもかなりアバウト。さらに私が突っ込むと「そう言われてもぉ~」という返事。

    続きを読む
  4. もがくのは悪いことではなく、むしろデトックスと再生への準備期間と捉えよう!

    40代は私にとってかなりもがいた時期でした。プライベートでは42歳で結婚したのでそれは良いコトとして置いといて(笑)フリーランス編集者として仕事をいただけるのはとてもありがたいことでしたがそうそう、自分が望むような仕事があるはずもなく。

    続きを読む
  5. 「地味だから人目をひかない」という悩みから脱却する方法をお伝えします。

    「私は地味だから人目をひくのが難しい」という悩みを持っている方は多いです。自分でそう思い込んでいるから雰囲気がそうなってしまっているというのもありますよね。

    続きを読む
  6. 私も誰かの手助けで支えてもらっている。それに気づいたらあなたはどうする?

    昨日、年に1、2回お会いする大事な知人と、とても貴重な語らいのひとときを持ちました。話をいろいろ聞かせていただきながらその方が他人のことに心を砕き陰ひなたになりサポートされていることが以前よりさらに増えていらしたことに驚きました。

    続きを読む
  7. 記事をSNSでシェアするという応援ではなく、こういう応援の形もあると教えてもらった一件。

    誰かの応援をしたいと思ったとき皆さんはどういう方法で応援していますか?例えば、応援したい人のブログの記事やイベントの告知をSNSでシェアしたり、その人のパンフレットやセルフマガジンを配布したり口コミで人柄を伝えたり、いろいろとあると思います。

    続きを読む
  8. 好きなことが見つからなかった私が伝えたい“好きなことを見つける方法”。

    私の小さい頃からの夢は「海外で仕事をする」ということでした。それは20代で叶い、その夢が叶ってから以降、自分の新しい夢や好きなことがずっと見つからずにいました。そういう自分に焦っていました。

    続きを読む
  9. 完全私流!私はこうやって、結果2位の3分間プレゼンを作りました!

    先日参加したかさこフェスでのプレゼン大賞用に作った私なりの3分間プレゼンの作り方を簡単にご説明します。※パワポ使用。①テーマを決める自分が伝えたいことは何なのか?伝えたいことや使いたい言葉などをとにかく書きだす。

    続きを読む
  10. 3分間プレゼンのテーマを絞り込むために私が採った行動とは。

    今回、かさこフェスの「プレゼン大賞」に応募し、昨日、3分間のプレゼンを80名近くの皆さんの前で無事に終えることができました。結果は1点差で2位。おしい(笑)投票くださったみなさん、どうもありがとうございました。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る