嬉しかったこと

  1. 嬉しかった出来事は思うだけで終わらせず、循環させることこそが一番大事。

    札幌から羽田へ向かう機内で私は窓側に座り、あいだ一席を置いて通路側に品の良い60歳ぐらいの男性が座った。機内でのサービスの飲み物を飲み終えた紙コップの回収を待っていた私と男性。CAが近づいてくると、男性が私に手を差し出し「お預かりしましょう」と。

    続きを読む
  2. 何かをお任せするときは、まるっとお任せしたほうが想定内の上を行くことも。

    この画像は、デザイナーのさささとこさんが先日、募集していた【WEB用広告1,000円で作ります!キャンペーン!】に応募して作っていただいたモノ。ポスターまたはマガジンの表紙を選べたのですが、私はマガジンの表紙を。通常、編集者としてがっつり絡む内容。

    続きを読む
  3. 北海道から・北海道へ向けて発信したい人は札幌の“自分応援部”を要チェック❗️

    今年の5月に“かさこ塾フェスタ”に出展するため札幌を訪れたのだが、まさか年内に再度、仕事で訪れることになろうとは。今回、札幌で「自分応援部」という会を主宰されている「みりわんさん」こと越郷一代さんからお声かけをいただきそれが実現した。

    続きを読む
  4. ホテルスタッフの接客で笑顔がもたらす効果を思い知る。

    札幌滞在のホテルを間違って〝喫煙〟で予約していた私。「なんだかな〜」とちょいブルーになっていた。悪いのは自分なんだけれども。が、しかし。フロントの女性スタッフがそこを察して笑顔で「禁煙のお部屋が空いていないかチェックしますね」と。必死にpcをパチパチ。

    続きを読む
  5. 歯並びの悪さをコンプレックスに思っていた私がそれを克服した方法とは。

    以前の私は写真を撮られるときに口を開くことはほぼなかった。その理由はよくわからなかったのだけれども。そもそも撮影され慣れていないというのもあったし。モデルのように微笑むことなどできるはずもなかったし。

    続きを読む
  6. 空中泊x南大隅を堪能するアクティビティが魅力の期間限定“マジカルステイ”で贅沢なひとときを!

    南九州ではここだけという、空中に泊まれるエアーテント“テントサイル”に宿泊できることで大きな話題を呼んでいる鹿児島県南大隅町の“MAGICAL STAY”(マジカルステイ)を体験してきた!テントサイルとは、太い松の木3本を⽀柱に固定して吊るすタイプのテント。

    続きを読む
  7. 「ソース二度付け禁止」を体験したければこの店へ行くべし“名物串カツ 田中”@大阪

    大阪に行くたびに、お好み焼きやたこ焼きといった“粉もん”に惹かれてしまう私。だって大好きだから!そして、今回は念願叶っていわゆる“ザ・大阪”みたいなお店でお食事することに!それは何かというと「ソース二度付け禁止」の串カツ店。

    続きを読む
  8. 「会いたい」という圧倒的な目的があれば、たとえ「ランチをご一緒に」だけでも長距離移動するぜよ。

    岩手県の大船渡から九州へ初めてやってきた“ともみん”こと平野智美さん(画像左から3人目)と熊本の阿蘇でランチをするために鹿児島から赴いた。なぜ大船渡のともみんと鹿児島の私たちが熊本の阿蘇でランチ?話は少し前にさかのぼる。

    続きを読む
  9. 贅沢すぎた!霧島の厳選されたお店のこの日限定メニューを存分に堪能@“Taste of Kirishima”。

    食いしん坊の私がとても楽しみにしていたイベントがある。それが昨日、鹿児島県霧島市にある“住まいずさん”のモデルハウスで開催された「第2回食の祭典Taste of Kirishima」。

    続きを読む
  10. 何度でも言う! 自分にスイッチが入るきっかけは家にいたら手に入らない。じゃ、どうする?

    自分にスイッチが入るのはネットやテレビ、書籍の情報からということもあるが、誰かの「ひとこと」でというパターンもわりとよくある。それは「あなたならできる!」というような言葉ではなく心の機微に触れるようなひとことだったり。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

個人起業コンサルタント、編集者、上級終活カウンセラー。鹿児島市在住。
・最初の一歩が踏み出せない。 ・自分の強みがわからない。 ・ブログ記事に自信がない。 そういう悩みを抱える方をサポートしています。
編集者として培った「他者目線で売れるポイントを見ぬく」スキルをいかし、個人向けのブランディングコンサルティングやブログ講座、ブランディング講座を各地で開催(コンサルティングはオンラインでも実施中)。
個人起業家に役立つ集客ツール“セルフマガジン”制作もデザイナーと組んで制作を請け負う。
一方、人生の後半を有意義に過ごしたい、家族に迷惑をかけずに終焉を迎えたい方や、そういう方々をサポートする地方自治体や新聞社、葬儀社等に向けて、“終活の案内人”として講演・講座・執筆活動も行っている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る