嬉しかったこと

  1. “禅寺体験”に興味があるなら短時間でも満足できる京都・東山の圓徳院へ!

    日頃から興味のあった禅寺体験を先日、案内いただいたお寺でまさか体験できるなんて。これは、短時間で京都らしいことを体験してみたいという方にもおススメだと思い、ご紹介します。豊臣秀吉の妻、北政所ねねの終焉の地として知られる京都・東山にある圓徳院。

    続きを読む
  2. 時には普段しないようなことをして自分の感覚をアップデートせよ!

    先日の午後のこと。出先にて時間がスコーンと空くことになりました。長らくお会いしていない人と会おうかなと思い連絡をとりましたが急すぎて無理でした。じゃあ、他の誰か?と思ったりしましたが私の中で、ストップがかかりました。

    続きを読む
  3. 記事をSNSでシェアするという応援ではなく、こういう応援の形もあると教えてもらった一件。

    誰かの応援をしたいと思ったとき皆さんはどういう方法で応援していますか?例えば、応援したい人のブログの記事やイベントの告知をSNSでシェアしたり、その人のパンフレットやセルフマガジンを配布したり口コミで人柄を伝えたり、いろいろとあると思います。

    続きを読む
  4. いにしえの時代にもセミナージプシーは存在したのだと伺える『日新公いろは歌』!

    昔にもセミナージプシーみたいな人たちが存在したのだと思わせてくれるものを見つけました。それは『日新公いろは歌』という中にある“いにしへの道を聞きても唱へても わが行に せずばかひなし ”という歌です。

    続きを読む
  5. 誰かのがんばりを見て凹んでもいい。ただし、長引かせなければ。

    誰かがイキイキとがんばっているのを見て「うわ~すごいな、それに比べて私は」と凹むときがあると思います。反対に「うわ~すごいな、私ももっとがんばろう」と発奮させられることもあるでしょう。私もこの両方を感じることがあります。

    続きを読む
  6. 3分間プレゼンのテーマを絞り込むために私が採った行動とは。

    今回、かさこフェスの「プレゼン大賞」に応募し、昨日、3分間のプレゼンを80名近くの皆さんの前で無事に終えることができました。結果は1点差で2位。おしい(笑)投票くださったみなさん、どうもありがとうございました。

    続きを読む
  7. まだセルフマガジンを作らないの? セルフマガジンを作らなければこの活躍ぶりは体感できない!

    異業種の方々がたくさん集まる場所に出かけたときのこと。4、5名のグループで自己紹介をする場面があった。皆さん、名刺入れを手に向き合い、そのときに私の手にあったものはもちろん“セルフマガジン”と名刺。※セルフマガジンとは個人版会社案内のような小冊子。

    続きを読む
  8. 私が自分主催のランチ会を“パワーランチ会”と銘打った理由。

    昨日、開催した「みんなで開運! 櫻木よしこの立春パワーランチ会@鹿児島」は限定10席(満席)で無事に終了しました。そもそもなぜ「パワーランチ」と銘打ったのか?“パワーランチ”とは、一般的にはビジネスに関するミーティングを兼ねたランチのことを言うようです。

    続きを読む
  9. 疲れ知らず、風邪知らず、今のところインフルエンザ知らずの私の武器はコレ!

    今年の冬はいつも以上に風邪とインフルエンザの予防に努めている。今までと違うのは写真にあるはちみつ(ヴェーダヴィ マヌカハニー650)シナモンパウダー葛根湯を生活に取り入れているということ。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

個人起業ブランディングコンサルタント、編集者、上級終活カウンセラー。鹿児島市在住。
・最初の一歩が踏み出せない。 ・自分の強みがわからない。 ・ブログ記事に自信がない。 そういう悩みを抱える方をサポートしています。
編集者として培った「他者目線で売れるポイントを見ぬく」スキルをいかし、個人向けのブランディングコンサルティングやブログ講座、ブランディング講座を各地で開催(コンサルティングはオンラインでも実施中)。
個人起業家に役立つ集客ツール“セルフマガジン”制作もデザイナーと組んで制作を請け負う。
一方、人生の後半を有意義に過ごしたい、家族に迷惑をかけずに終焉を迎えたい方や、そういう方々をサポートする地方自治体や新聞社、葬儀社等に向けて、“終活の案内人”として講演・講座・執筆活動も行っている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る