個人起業

  1. 「何かできそうな気がする」という気持ちをもっと大切に。

    個人起業していると「あ、これはできるかもしれない!」と頭に浮かぶアイデアやプランがひらめくことありませんか?できそうな気がする…みたいな。そこまではいいのですが「でもな~やっぱり無理」となってあきらめてしまうことも多いのではないでしょうか。

    続きを読む
  2. あなたのサービスメニューは誰に向けて提供していますか?

    どういう人をターゲットにするか?個人起業をしていると常にこのことがあらゆる場面で出てくると思います。ターゲットの悩みに応えられるサービスメニューを作ることが大事!もうこれは王道というか、基礎的なことというか。はい、そうです。というか。

    続きを読む
  3. “ビジネスで成功している・していない”で人を判断していませんか?

    個人起業しているとすごい売り上げの人や集客数がハンパない人を“成功者”と呼びがちです。皆さんはいかがですか?そういう概念はありませんか。私もつい口にしてしまいます。

    続きを読む
  4. もう少し個性的になりたいと思うあなたに試してほしいこと。

    photo@Team Lab borderlessいまひとつ個性が際立たないことをコンプレックスに思う人も少なくないと思います。特に個人起業していると同業他者から選ばれるためにという意味でも個性が際立つほうがいい!と思うむきもいるかと。

    続きを読む
  5. ビジネスツール制作をプロに依頼する・依頼される際に気をつけたいこと。

    個人起業しているとビジネスツールがあれこれと必要になりますよね。まずは名刺、そしてリーフレットやセルフマガジン(自己紹介小冊子)といった紙もの。さらには、ブログ、サイトなどのネットツールも。

    続きを読む
  6. 「やりたいこと」と「できること」のどちらで個人起業すればいい?

    「やりたいこと」と「できること」のどちらを仕事にしたほうがいいのか?というのは、よくある話ですよね。お菓子作りが上手な友人から時々、お菓子をもらうことがあります。

    続きを読む
  7. 友人だから「タダでお願い」「安くして」は損をしてると気づいていますか?

    友達だから、知り合いだから「ちょっと安くして」と値切るとか「(できれば)タダでお願い」というパターンを多くの人が経験されているのではないでしょうか。

    続きを読む
  8. 何か新しい仕事を始めてみようかな?と思うときに~土曜日のゆるブログ~

    編集者になってかれこれ25年以上が経過します。うわ~、もうそんなに(笑)私が最初からその仕事が好きだったかというとそうではないように思います。小さい頃から本を読むのは大好きで東京に住む叔父が編集者というのも遠からず何かしら影響があったかもしれません。

    続きを読む
  9. 仕事に直結する紙媒体やWEB制作時、校正が必要な3つの理由。

    編集者という仕事柄、校正(文字・文章)は日常茶飯事です。紙媒体はもちろんですがWEBの文章も手掛けます。特に法人からの依頼、そして、個人起業している人からもわかりやすく、きちんとした内容を提供したいということでのオーダーがあります。

    続きを読む
  10. “真実のミートソース”を完食した後に私が知った“真実”。

    昨夜、落合務シェフのレシピ“真実のミートソース”を初めて作りました。今までのミートソースのイメージがガラっと変わる“大人のミートソース”だなというのが私の感想です。赤ワインと合う合う(笑)量をたくさん食べなくても満足感の高い一皿となりました。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る