ブログ

  1. 【6/26(水)札幌2日目】『読まれるブログの書き方講座』 &『ブランディング応援セッション会』開催!

    6月26日(水)に札幌で①読まれるブログの書き方講座(午前)②ブランディング応援セッション会(午後)を開催します。①と②の両方参加はもちろん、どちらかだけの参加もOKです。今回は札幌で2日間にわたり講座やセッション会を開催します。1日目の詳細はこちら。

    続きを読む
  2. ブログを書いているけれども反応が感じられない場合のチェックポイント!

    ブログを書き始めたらまずは習慣化することが一番の目標になると思います。趣味のブログ等は別として仕事に繋げたい場合ですが。ブログを書くのがなかなか続かないという声をブランディングの講座やセッションのときにとてもよく耳にします。

    続きを読む
  3. 文章力アップの秘訣は「書く」という数稽古と今すぐできるもうひとつのこと。

    編集者という仕事柄「どうやったら文章が上手くなりますか?」という質問はわりと頻繁にされます。質問してくるのはブログの文章を書くのに自信がないという方々です。「書いて書いて書きまくる」というある意味「数稽古」をおススメすることもあります。

    続きを読む
  4. 「どうしたらブログの文章が上手くなりますか?」の問いに、編集者として答えてみる。

    ブログの書き方のお悩み相談でわりと多いのが「どうしたら文章がうまくなりますか?」というもの。ブログの場合、まずは頻繁に更新するということを意識してとりあえず「書く」という習慣を身につけたほうがいい。

    続きを読む
  5. 「よくわからないけどよかった」というモヤっと表現に物申す。わからなかったの?それともよかったの?

    例えば、講座やワークショップや講演などに参加して、「よくわからないけどよかった」と口にする人たちがわりといる。わからないけどよかったって何?わからないならよかったかどうかなんてわからないはずなのに(笑)感想を口にするなら曖昧にせずよかった。

    続きを読む
  6. ブログはテレビ番組と一緒。偏ったネタ(番組)ばかりじゃ飽きられてしまうからネタを工夫しよう!

    ブログを書くことがものすごく大変で堅苦しいことだと感じている方が多いなというのが私が最近特に感じていることです。しかも、いわゆる“仕事ネタ”ばかりを書かなければならないという呪縛にとりつかれている人がなんと多いことか。

    続きを読む
  7. あなたという“人”をもっと知ってもらえるブログ記事の書き方

    ブログを書くときに私が意識していることがある。それは「自分の気持ちが動いたこと」を書くということ。嬉しかったこと。楽しかったこと。感激したこと。感動したこと。イライラしたこと。すっきりしないこと。とまどうこと。悲しかったこと。がっかりしたこと。

    続きを読む
  8. 思わせぶりなブログ記事タイトルはやめてね。中途半端な内容だとがっかりしすぎるから。

    ブログで“お役立ち記事”を書くと読まれやすいということで、お役立ち記事を書く人も多い。しかし、タイトルで一瞬お役立ちと見せていながら、記事を読むと中途半端な内容のものをよく見かける。記事を読んでみてあ~、残念ということもままある。

    続きを読む
  9. 「育児の真っただ中ですが、ブログのネタは何を書けばいいですか?」に答えてみる。

    育児をしながら起業してブログで発信する大事さもわかっているつもり。けれども、育児に追われてブログのネタがなかなか思い浮かばない。書けるとしたら育児についてのことばかり。けれども、やはりそんなことばかりではよくないと思ってブログを書くのが遠のいてしまう…。

    続きを読む
  10. ブログが書けないって、もしかして仕事ネタばかり書こうとしていませんか?

    起業している人、起業しようとしている人から「ブログがなかなか書けない」という話をよく聞く。さらに詳しく聞いていくと「仕事のことを書かなければいけない」と思っている人が多いように感じる。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

個人起業コンサルタント、編集者、上級終活カウンセラー。鹿児島市在住。
・最初の一歩が踏み出せない。 ・自分の強みがわからない。 ・ブログ記事に自信がない。 そういう悩みを抱える方をサポートしています。
編集者として培った「他者目線で売れるポイントを見ぬく」スキルをいかし、個人向けのブランディングコンサルティングやブログ講座、ブランディング講座を各地で開催(コンサルティングはオンラインでも実施中)。
個人起業家に役立つ集客ツール“セルフマガジン”制作もデザイナーと組んで制作を請け負う。
一方、人生の後半を有意義に過ごしたい、家族に迷惑をかけずに終焉を迎えたい方や、そういう方々をサポートする地方自治体や新聞社、葬儀社等に向けて、“終活の案内人”として講演・講座・執筆活動も行っている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る