セルフマガジンについて

  1. 自分で作ったセルフマガジンに自信を持って配布できていますか?

    「ちょっと試しに作ってみたので」「どういうものか一冊作ってみてわかると思って」「プロっぽい人に製作を依頼したんですけど、自分が思うようなものじゃなくて」等、セルフマガジンを人に渡すときに何か言い訳をしていませんか?もし言い訳をしているとしたら、作るときに自分なりに一所懸命じゃな...

    続きを読む
  2. セルフマガジンに“付録”を付けてみるという小さなトライが次への原動力となりました。

    私のセルフマガジンを手にとってくださった方は、まず“付録”に目が留まる方がほとんどです。この付録とは、「自分で用意したい会葬礼状“こころの置き手紙”」のモニターさんの文面です。

    続きを読む
  3. セルフマガジン“Restart”を作って良かったと実感したエピソード ~その2~

    セルフマガジン“Restart”を作って以降、いろいろな方からリクエストをいただき、送付している最中ですが、リクエストメールにメッセージを書いてくださる方がいて、それが私自身の励みになっています。少しご紹介したいと思います。

    続きを読む
  4. “撮影協力”のクレジットを入れることで、素敵な循環が生まれることもあります。

    セルフマガジンの表紙、表2(表紙の裏)そして表4(裏表紙)の写真は、とあるカフェで撮影しました。撮影をするべく彷徨っていた時に休憩がてら訪れて、気合いを入れずに何気に何パターンか撮影してみました。それはまるでブログにアップするから~ぐらいのノリで。

    続きを読む
  5. セルフマガジンのテーマを探すために私がやった3つのこと

    自身初のセルフマガジン“Restart”ができあがり、マガジンは私がまだ訪れたことのない日本の各地へと旅を始めました。セルフマガジンを作るに当たって、私が一番時間をかけたのは、何をテーマにしようかというところでした。

    続きを読む
  6. セルフマガジン“Restart”を作って良かったと実感したエピソード ~その1~

    「私、このマガジンにある“私の振り返りシート”を書いたんですよ」と、私の隣に偶然座った方がおっしゃいました。それは、福岡かさこ塾フェスタの夜のオフ会での出来事。

    続きを読む
  7. セルフマガジンをより“マガジン”ぽく見せるには、一般誌を真似ることが一番の近道

    初のセルフマガジンができあがり、この前のフェスタで多くのかさこ塾塾生の方が「本当のマガジン(雑誌)みたいですね」と言ってくださいました。そう言われることは私にとって意外でした。「え? 皆さんもマガジンを作ったんじゃないの?」と思ったのです。

    続きを読む
  8. 初のセルフマガジン“Restart”の完成で、ようやくスタート地点に立てます。

    自身初のセルフマガジンができあがりようやく“Restart”のスタート地点に立てた気がします!完了ではなく、開始。「心の中にまだ燃料は残っていますか?」というコピーは自分自身が経験したことでした。

    続きを読む
  9. セルフマガジンやフライヤーの製作をプロのデザイナーに頼んだほうがいい理由

    セルフマガジ大賞の講評でかさこさんが「デザインをもっとよくすれば」「プロのデザイナーに頼めばもっとよくなる」ということをしきりに書いていらっしゃいました。私も編集者のはしくれとして、うなずくことばかりでした。

    続きを読む
  10. 記事内容が誰かとかぶった場合、パクってないなら正々堂々としていればいい。

    「どうしよう~、文章の内容がすごく似てる」と一瞬、慌てた昨日。こんなこともあるんだな~と大きくため息。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る