セルフブランディングについて

  1. 櫻木よしこオフ会“Restart”を10/28(金)鹿児島市内で開催します!

    今までブログに2回ほど若干予告していた櫻木よしこオフ会“Restart”を初めて開催します。(今回はランチです)私は有名人でも何でもありません。フリーランスの編集者かつライターであり、終活カウンセラー、エンディングノートの講師をやっています。

    続きを読む
  2. 聴講者に配布したセルフマガジンはメモ帳として、また講座案内を貼付するツールとして大活躍

    「講演の資料として聴講者の皆様に何かお配りする物がありますか?」と打ち合わせ時に新聞社サイドから問われました。そこで一瞬、考えたのち「私のセルフマガジンを資料として配っていただくことは可能ですか?」と切り返しました。

    続きを読む
  3. やりたいことがあってまだ動けていないとき、まず何をすればいいか知っていますか?

    「やりたいことがあるのだけど、どうしたら世の中に知ってもらえるのだろう? どうしたらそれを仕事にできるのだろう?」落ち着いて考えれば、その答えは簡単です。まずは“発信”すること。どうやって?新聞や雑誌広告、または口コミ。どれもこれも費用対効果はうまく推し量れない。

    続きを読む
  4. セルフマガジンを配るのに躊躇するなら、“大きな名刺”だと思えば気も楽になります。

    夫:「今夜、セルフマガジ配ったの?」私:「うん、配ったよ」夫:「オレだったら無理」私:「え? 私って恥も外聞もなく営業しまくってるって感じ?」夫:「いや、そういうんじゃなくてさ…。あなたは営業マンというより起業家だなあと思って」私は自分を起業家だと思ったことはありません。

    続きを読む
  5. 今、見比べてわかる! 名刺でやる気のなさをアピールしていた残念すぎる私。

    この9か月の間に名刺を2回作り替えました。上から順に古いもの(右は裏面)で、一番下のタイプが現在使用中の最新バージョンです。<一番上の名刺について>こうやって並べてみると、一番上の名刺は、「一体この人は何をやってる人?」という疑問はぬぐえません。

    続きを読む
  6. あなたはなぜ自分の顔写真を公開するのですか?

    「私がやっている仕事を知ってもらいたいから」その一言につきます。会社勤めをしていれば、会社が自分の信用にもなり、看板にもなってくれます。でも、今、私はフリーランスとして仕事をしているので、自分が看板になるしかない、自分の顔を信用の証として出していくしかない。

    続きを読む
  7. 一番怖いのは、私が苦手とするただの“そうめん”に戻ってしまうことです。

    photo by かさこさん“あなたにズバ抜けた才能がないなら、そうめんを流しなさい~そうめん流しに学ぶセルフブランディング術”http://kasakoblog.exblog.jp/24252354/という、かさこさんの記事を読んで私はふとあることを思ったのです。

    続きを読む
  8. 初のセルフブランディング入門講座に「アンテナがぴぴっと立ちました」という感想をいただきました!

    一昨日の記事で書いた“セルフブランディング入門”プチ講座は“ペースメソッド”というピアノの教育法を学び指導法として取り入れている鹿児島のピアノ講師の方々が対象でした。“ペースメソッド”とは、「音楽を通して人間性豊かな子どもに。

    続きを読む
  9. 本日、櫻木よしこによる“セルフブランディング入門”のプチ講座を開催します!

    「櫻木ちゃん、その話すごくいいから姉たちのグループで話してくれない?」というひとことで、本日、私が“セルフブランディング”について、語る運びとなりました。来てくださる方々はピアノ講師の皆さまです。話は遡ること、約1か月前。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る