かさこさん・かさこ塾

  1. 自分が感じたことを言葉として、自分のなかに落とし込んでおこう。

    祭りのあとの脱力感やロス感を感じていない〝福岡かさこ塾フェスタ〝翌日の朝。気持ちはニュートラルな感じです。自分が肌で感じたこと、直感、そういうものをないがしろにせずに大事に、流されずにいきたいと思います。

    続きを読む
  2. 6月のことなどわからないままに、2月にフェスタ出展を決めた私の直感は当たりでした!

    明日開催される“福岡かさこ塾フェスタ”への出展を決めたのは、2月の前半ぐらいだったと思います。まだ“かさこ塾”を卒業しておらず、第1回目が終わった頃ぐらいだったでしょうか?なのに、6月に予定されていたフェスタに出展しようと決めたのです。

    続きを読む
  3. 「好きを仕事にする」ことができるかどうか、かさこ塾フェスタでリサーチしてみませんか?

    「好きなことを仕事にするってできるの?」と、疑問に思っている人も、それにトライしてみようと思っている人も無理だと思っている人も、まずはこのフェスタへ足を運んでみたらいいと思います。

    続きを読む
  4. “編集アドバイス”として「好きを仕事にする見本市!かさこ塾フェスタin福岡6/25」に出展!

    Q:かさこ塾フェスタって何?A:誰もが遊びに来れる!入場無料の楽しいイベント。好きを仕事にする見本市=かさこ塾フェスタ。 それぞれの好きを武器にしたかさこ塾生たちが共同で出展しセミナー、ワークショップ、相談ブース、セッション、展示、物販などで 来場者を楽しませるというものです。

    続きを読む
  5. あなたも“セミナージプシー”から脱却して“自立した個人の一匹狼”になりませんか?

    世の中には、いろいろな起業塾や自己啓発セミナーが溢れかえっています。人の話やネットの情報などを見て、本当にいろいろなものがあるなあと。それぞれに説得力のある成功例なども紹介されているのですが、どの成功例を見ても、「いや、これって私にはできないなあ」と思うことがほとんどです。

    続きを読む
  6. 次はあなたの街に“かさこさん”という“スナフキン”がふらりと訪れることでしょう。

    昨日、全4回の“かさこ塾19期@鹿児島”が無事に終了しました。“かさこさん”という“スナフキン”が鹿児島というムーミン谷を去る日がやってきたのです。

    続きを読む
  7. 本日、ようやく? もう?ちょっと寂しいですが“かさこ塾”を卒業します!

    2月8日に入塾してから、約1カ月半の間に4回の講義を受けたわけですが実際に宿題自体は、自分にとても必要なことだったので、自分のこれからの下準備だと思えば、苦になることはなかったです。むしろ楽しかったことのほうが大きかったです。

    続きを読む
  8. “かさこ塾の打ち上げ”というよりは、どうみても“かさこ町内会の会合”って感じ?

    先日、博多で行われた“福岡かさこ塾”二期生の打ち上げに参加させてもらったわけですが、一人を除いては初めて会う人達ばかり(FBではすでに友達でも)の中で、さほどの緊張感もなく、しっくりと馴染んでいることが自分でもおかしくもあり…。

    続きを読む
  9. かさこ塾へ入塾して気づいたもうひとつの意義

    上を見て進む、進もうとしている仲間を得たこともかさこ塾に入った大きな意義でした。昨日、かさこ塾2回目の講義を受けて、その後、塾生達と語りながらそのことを思いました。かさこさんから何を得るかは、それぞれに違うと思います。

    続きを読む
  10. “かさこ塾”は、ブラックの露出の塩梅を学ぶ塾なのでした。

    かさこ塾@鹿児島の第1回目で何を学んだのか?それは以下の二つのかさこさんの実際の発言に見る、ブラックの露出加減です。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る