かさこさん・かさこ塾

  1. 4/16(日)かさこ塾東京フェスタにて“セルフマガジン制作アドバイス”で出展!-先行予約受付開始!

    “セルフマガジン制作アドバイスって何?”という方へ。昨年、福岡・大分中津・名古屋のかさこ塾フェスタにて“セルフマガジン制作アドバイス”で出展し、自分自身、良い経験を積んだので、今回は東京フェスタにて出展します!“セルフマガジン制作アドバイス”の内容は以下の通りです。

    続きを読む
  2. ブログを書くのが苦手なら他の発信手段でも営業方法でもいい。自分が納得するやり方を試してみよう!

    「ブログを書いたほうがいいということはわかっているんだけど…」だけど、ブログを書けない。という声をよく耳にする。いやいやわかっていないから、書けないんでしょ。私はブログだけが絶対ではないと思う。

    続きを読む
  3. 何もせずにグダグダしてるんじゃねぇ、時間は待ってくれない。

    「何かやりたいんです!」とかさこ塾の鹿児島2期生の有志が、3分間の最終プレゼンを控え、声を挙げた。それがそもそもの始まりだったと思う。短時間で、皆が集まれる時間もなかなか合わないという状況でできることは何か?そこで、出た答えは「歌を歌う」ことだった。歌なら、各自自宅で自主練ができる。

    続きを読む
  4. とにかく目の前のことに一所懸命になることが、その先の自信につながることもある。

    大人になって自分を試す機会というのは学生時代からすると激減する。そもそも自分を試すことに臆病にもなるから、資格試験や昇進試験でもない限り、そういうチャンスはなかなか巡ってこない。私が通った「好きを仕事にする大人塾・かさこ塾」では、4回講座の最終回に3分間のプレゼンがある。

    続きを読む
  5. 「好き」を仕事にしたいけど、その「好き」が見つからずセミナージプシーになっているあなたへ。

    “何かをやってる感”が欲しくて、あちこちのセミナーやワークショップ、講座、はたまたランチ会などに頻繁に参加する人たちがいる。とにかく“動き”を見せていれば「何かが見えてくるかもしれない」「素敵な出会いがあるかもしれない」というどこにも確信のない言い訳を自分にしつつ、参加してしまう。

    続きを読む
  6. 一度受講して二度、三度おいしい気がしてきた『かさこ塾』は、噛めば噛むほどの類に違いない

    基本的には録画したテレビ番組や映画など100%に近いぐらい一度しか見ない。人によっては、同じ映画を何度も見る人もいるが私はそうじゃない。なぜだかわからないが「一度でOK」なのだ。こういう私なので、今まで同じ講座をリピートして聴講することは皆無に等しい。

    続きを読む
  7. 赤字だとわかっていながら“かさこ塾名古屋フェスタ”へ出展する理由

    ひとえに鹿児島では体験できない空気に自分の身を置き、自分の仕事を試したいからに他ならない。赤字を出すという言い方よりも“お金を出して経験を買う”という言い方のほうが正しいのかもしれない。

    続きを読む
  8. コスパの高いレストランにも似た“かさこ塾”(11/4鹿児島スタート)をあなたは見逃しますか?

    私のブログを読んでくれている“かさこ塾生”以外の皆さんは、私がかさこさん、もしくはかさこ塾関連の記事を書いたら「また?」と思われるかもしれない。そう思われても、私にとって書かないといけないと思うから、書く。だって、ここ鹿児島でかさこ塾塾生という共通項を持った仲間が欲しいから。

    続きを読む
  9. 窮屈な人間関係から脱出するために発信する術を学び、自分と合う人を見つけたいあなたへ。

    『櫻木よしこオフ会』の開催をFACEBOOKで告知して、「いいね」を押してくれる友人たちは、まだリアルに会ったことがない県外の人たちも多い。なのに「いいね」を押してくれる。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る