かさこさん・かさこ塾

  1. 10/28(土)かさこ塾フェスタ大阪にて“セルフマガジン制作アドバイス”で出展!-先行予約受付開始!

    (photo by Akira Kato)セルフマガジンは個人最強の営業ツールとして知られ、自分の活動や仕事を知ってもらうための冊子です。そのセルフマガジンを制作したいと考える方へ個別にアドバイスするサービスが“セルフマガジン制作アドバイス”。

    続きを読む
  2. 大なり小なり“挑戦”を続けることが、リスタートのきっかけをくださった方々への私なりの感謝!

    ちょうど2年前の今日、私は『Restart』(リスタート)の“種”をアウェイな博多で手に入れた。それは、じゃん! コレです↓“好きを仕事にする大人塾 かさこ塾”塾長のかさこさんがそのとき配布していた“かさこマガジン5”。

    続きを読む
  3. 私が“セルフマガジン制作講座”を開催する2つの理由

    (写真撮影:yumiko okabeさん@サウスフラットシェア・東京)①「セルフマガジンを制作してよかった!」と思うことがたくさんあるから。② 編集者という職業柄、お役に立てることがいろいろあると思うから。

    続きを読む
  4. 五感で一気に情報を得て、そこに今は見えない可能性を感じられるからリアルに会うって面白い。

    〝ネットの世界から飛び出してリアルに会う〟ということはやはり大切なことだ。昨日は、関東在住の皆さまとランチをご一緒させていただいた。共通点は、好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」の塾生ということ。

    続きを読む
  5. 出展者とボランティアスタッフとお客様との三位一体で創り上げるフェスタだから、誰が欠けても成り立たない。

    フェスタ出展ともなると、自分の出展にばかりついつい気をとられてしまうがフェスタは出展を支えてくれる多くのボランティアの存在で成り立つ。

    続きを読む
  6. 何事も〝真剣に楽しむ〟という姿勢! これがその先にまた楽しみを生む。

    「よっちゃん、楽しかったよね?」これは、昨日開催された〝かさこ塾フェスタ@福岡〟で行われたインタビュアーでライターの鯰美紀さんの私への公開インタビューが終わった直後、開口一番、彼女から私への問いだった。私がインタビュー直後に最初に思ったことは、「無事に終わってよかった」ということ。

    続きを読む
  7. 本日開催!来て!見て!感じて@かさこ塾フェスタ福岡

    昨年のこの時期も博多にきていた。それは、博多駅駅前の〝山笠〟を見て、すぐに実感できた。2年ぐらい前まで、博多には数えるぐらいしかきたことがなく、なんだか縁遠い土地だと勝手に思っていた。

    続きを読む
  8. このずらっと並ぶ肩書を見て、気になるものがいくつかあるなら明日は迷わず博多へGo!

    主婦の時短を可能にする 仕組み家事プランナー大阪の文楽、落語、歌舞伎の面白さを伝える古典芸能案内人Sex&Beautyカウンセラーオルゴナイト・キャンドル作家編集者&【遊び×デザイン】プランナーカワイイ彼女を作りたい30代独身男性のプロ合コンコーチ筆もじスト自営業...

    続きを読む
  9. あなたはライター・インタビュアー鯰美紀のように人生を楽しめているか?

    このたび、7月1日(土)に開催される“かさこ塾フェスタ福岡”でライター・鯰美紀さん(通称:みきてぃ)のインタビューを受けることになっているのだが、一体どういうツッコミがはいるのか楽しみでもある。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る