かさこさん・かさこ塾

  1. “チャンスの前髪”を逃したくなければとりあえず「YES」と言おう。あとはそれから考えよう。

    もう3年前の話になります。好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長のかさこさんが当時「かさこでいいかも!」というインタビュー形式の動画配信をしていた頃のこと。

    続きを読む
  2. 好きなことをカタチにしたい!仕事にしたい!と思う人は11/17(土)鹿児島開催のこのイベントへ!

    自分が好きなことを仕事にしたり何らかのカタチにするのはすぐにできることではないかもしれない。人によっては、簡単にできるかもしれないがその多くが、模索しているように見受けられる。それをすごく難しいものに考えて、躊躇している人もいるだろう。

    続きを読む
  3. 住む場所は離れていてもそれぞれの土地で花を咲かせよう!〜かさこ塾フェスタ大船渡レポ〜

    さすがに鹿児島から大船渡(おおふなと・岩手県)までは本当に遠かった。鹿児島から伊丹(大阪)まで飛行機で約1時間。そこで飛行機を乗り換えて仙台まで1時間10分。仙台から車で高速を走りながら被災地の陸前高田の「奇跡の一本松」のところまで約3時間。

    続きを読む
  4. 私もかつてグダグダでした。あなたもグダグダなら一緒に“ブランディング作戦会議”しましょ。

    先日、ある方に問われた。「なぜ“ブランディング応援セッション”をやりたいと思ったのですか?」と。3年ぐらい前までずっとグダグダで迷路にいた私みたいな人がいるなら自分ができることで応援したいと思ったから、というのが一番の理由。

    続きを読む
  5. 新サービスを始めた原点は、3年前までの自意識過剰でダメダメすぎた自分にあり。

    先日、新しいサービス『編集者目線で強みと魅力を探り出す!あなたのブランディング応援セッション』をご案内しましたが、これをやってみようと思ったのには私なりの理由があります。フリーランス編集者の私は3年ぐらい前まで悶々とした日々を送っていました。

    続きを読む
  6. たまにはSNSから飛び出さないとあなたのイメージは誤解されたままかもしれないぞ!

    「いや〜ん、櫻木さん、そんなことする人なんですか?」とまたまた言われました@札幌冒頭の写真のようなポーズをとったときのこと。初めてお会いした方々が口々に意外そうにそう言った。私が口にしようとしているものはスイカバーではなく、スイカバーのような付箋紙。

    続きを読む
  7. いつも同じメニューがウケるとは限らない。苦肉の策のトライアルメニューが新メニューに!

    photo by 江藤智徳一昨日札幌で開催された「かさこ塾フェスタ札幌」の10日ぐらい前、当初の出展メニュー「セルフマガジン制作よろずアドバイス」に「セルフブランディングのプチアドバイス」も付け加えた。

    続きを読む
  8. 出展者、来場者の立場に立った見習うべき細やかなサポート@かさこ塾フェスタ札幌

    17年ぶりに札幌にやってきた目的は「かさこ塾フェスタ札幌」に出展するためだった。そのフェスタも昨日無事に終了したのだが、自分のことはさておき、とても印象深かったのは、札幌の運営スタッフの皆さんの当日の動きと表情だった。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る