ブログ

近くにいる人よりも他者の口を借りるほうが得策の場合が多い。

そもそも神社とか運とか、気とか
まーったく興味のない夫です。

私はその逆でそういうの好きですし
興味もあります。

ある意味、真逆です(笑)

だからといって、
お互いを非難することなく

「それはそれであなたの世界だから」と
認め合って生きてきました。
(なんだか大げさ(笑))

私は心の中で
「良いと言われることは
やったほうがいいのにな」と思っているので

「●●をやったらいいみたい」と
時々話をしたりもします。

しかし、
「ふ~ん、そうなんだね」で終わるので
それ以上言ってもそれは私の押しつけになるしな~で
そういうことを頻繁に言うことは
避けてきました。

そんな夫がなぜか昨夜
ある一冊の本を持参して帰宅したのです。

私はタイトルを見るなり、

え? え? どうしたの?と
びっくりしました。

なんとそれは「運を上げる」というワードが
タイトルに入っている本だったからです。

私が手に入れそうなタイトルの(笑)

もう驚きでした!

タイトルを紹介したいのですが
夫がそれを会社に持って行ってるので
手元にないという(笑)

私的には開運の本は
“神頼み”というよりも

そこに書かれていることは
つまるところ自分を「整える」ことだと感じます。

だから読むのが好きだったりもします。

夫は今興味を持ってやりたいことがあるようですが

いろいろと見たり読んだりした結果

“運を上げる”というtipsが
それには必要だと思ったようです。

いいじゃないですか~。

入り口はどうであれ。

さんざん回り道をしたとしても~。

で、本をパラパラとめくり

「ほら、ここに書かれていることは
私がこれまでも言ってきたことじゃない」と
言いたくなる衝動をぐぐっとこらえました(笑)

余計なことは言うまい。

私が言うよりも本で読むほうが
彼の頭には入っていくのだから。

「他人の口を借りる」って大事なことですね。

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る