ブログ

あなたには苦言を呈してくれる人がいますか?

小さい頃は自分を叱ってくれる人、
注意してくれる人がたくさんいました。

皆さん、今でも誰かに叱られていますかー?

大半は大人になるにつれ
その数は少しずつ減っていき、
そのうちに、耳に痛いことを言われることが激減したなと…。

注意されたり厳しいことを言われるのが
少なくなったのは

自分が非の打ちどころのない
完璧な人になったからではないですよね。
(そうであるのが望ましいですが(笑))

周囲も相手の気持ちを考慮するようになったり

いい大人なんだから
あまり言わなくても
なんとかなるでしょう的だったり

今更自分が言わなくても
誰か気づいた人が言ってくれるでしょうとか

いろいろな思惑が働いて

大人になった自分に対して
苦言を呈してくれる人は
少なくなるのだろうなと思うことです。

個人的な思いですが、それでも、
自分に苦言を呈してくれる人がいるのならば
実はそれはありがたいことだと思えます。

「苦言を呈する」とは、相手のことを思いながらも
言いにくいことを
あえて伝えてくれることですから。

それがぐさっと刺さることだとしても

あぁ~、そうか、そうだよね~と
自分では見なかったフリをしていることだとしても

そこをあえて言ってくれる
相手の気持ちを考えたとき
「あぁ、ありがとう」と。

襟を正して、言われたことを真摯に受け止め
それをどう生かすかを考えます。

もちろん誰に言われるか、相手にもよります。

場合によっては、
自分が上に立ちたいがために
メンタル潰しの意味で強いことを言う人もいますから。

耳の痛いことを言われたら
落ち込んだりすることもあるので
なかには「そんなの聞きたくない!」
という人もいるでしょう。

そうだとしたら、自分も誰かに対して
耳の痛いこと、苦言を呈するようなことを言わないことです。

自分は誰かに対して言いたいけど、
誰かから言われたくはないというのは違うと思うので。

ということで、
櫻木よしこに苦言を呈したいという方、
こっそりメッセンジャーでお願いいたします💕

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る