ブログ

亡くなった人に何もしれやれなかったと後悔した時には。

大切な人が亡くなったときのお話です。

亡くなった人に
「何もしてやれなかったな~」
という後悔を持つ人がいます。

親孝行という言葉がありますが

親孝行って子どもとしては
どれだけやっても満足するものには
ならないんじゃないかとひとり勝手に思います…。

すでに私のエクスキューズでもありますが(笑)

さて、話を戻します。

あるお坊さんからこの件について
お話を伺ったことがあります。

するとお坊さんはこうおっしゃいました。

何もしてやれなかったと後悔したその時は

「仕方がないと自分に言い聞かせて
生きていってください」と。

確かに仕方がないです。

亡くなってしまった人に
今更何もできないですしね。

そのお答えに対して

「あら、意外とシンプル」と思ったと同時に

本当にそれしかないし、
それしかできないと妙に納得しました。

生き返ることのない人のために

後悔をひきずっていくのは重すぎます。

遺された者たちはそこからまた
生きていかなければならないのですから。

いつか来るそのときのために
このことを覚えておこうと思います。

もし後悔があれば、故人を思い出すたびに
心のなかで「ありがとう」と。

亡くなった人に対してもですが

それ以外のことでも

「仕方がない」とあきらめたり

踏ん切りをつける必要があることって
意外とありそうです。

=======================
⭐️個人起業初心者の方もお気軽にどうぞ。

売れる強みを知って
売り上げに繋げるコンサルティング
https://bit.ly/38z0WFk

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る