ブログ

学びやアドバイスを「ま、いっか。後でやろう」と放置してしまうあなたへ。

“鉄は熱いうちに打て”

その意は

「物事には時機があり、
好機を逸してはならないことのたとえ。
また、教育や鍛練は
若いうちにすべきであるというたとえ」
(出典:コトバンク)

頭ではわかっていても
ついつい「あとで~」って
してしまうことってありませんか?

棚上げしちゃう。

で、その後、とりかかろうとするときに
「あ~あ、早くやればよかったな~」
というのが常だったりします。

自分の熱量もダダ下がりで
記憶も曖昧になってしまう。

で、結局、手付かず…。

“鉄は熱いうちに打て”的なことを
実感する出来事が時々あります。

私の場合は取材したら
そのあとすぐに原稿を書く。

ということ。

これに勝る効率の良さはない!

これは他の編集者や
ライターも口々に言ってます。

長時間の取材やインタビューは
保険用に録音しますが、
私は後にそれをほぼ聞いたことがありません。

取材の途中で肝となる内容やフレーズを
ノートにとっていて、

取材後、すぐに書くから。

「後で録音を聞いて書けばいい」と
思いがちですが、これは圧倒的に非効率なんです。

そして、原稿もなんだか
通り一辺倒になってしまうというか
鮮やかな色が出ないような原稿に。

1、2回やったことがありますが
「あ~、やっぱ早く書けばよかったー(泣)」と。

取材後、(録音を聞かずに)
すぐに書くと、相手の熱量や発した言葉が持つ
ニュアンスとかも含めて
それらが自分にも伝わっている状態で
一気に書き上げることができます。

ノリが圧倒的に違うのです。

昨日もこれを体感したのですが

こういう成功体験を自分に
味わわせるのは本当に大事です!

「次もコレでいこう!」って思えるから。

これは何も取材に限らず

何かを学んだり

アドバイスを受けたりしたら

あれこれ考えずに
とりあえず“すぐに”実行してみること。
(ココ大事です!試験に出ます(笑))

これをやるかやらないかは
一見大したことないかもしれませんが

これが大きなロスだというのは
後々気づくことなんです。
(自らの体験談による…)

そして、自分も結局何も変わらないまま。

だから、やっぱり何事においても

“鉄は熱いうちに打て”。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 サービスのご案内】

※すべてオンライン(ZOOM)提供可。

♦終活の資格を生かせていない方向け
人気終活ワーカー養成セミナーこちら

♦売れる強みを知って
売り上げに繋げるコンサル

個人起業初心者の方もお気軽に↓をクリック

♦【記事添削付き】集客をサポートするブログの書き方講座→こちら

♦実際に書く2時間!エンディングノート入門講座→こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★執筆記事連載 住友林業リフォームサイト
これからの暮らしが豊かになる、50代からの”終活”のススメ

★“LINE公式アカウント”をやっています。

ここからの各種、お問合せもOKです!

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る