ブログ

私が気をつけている“読みやすい記事”を書く8つのポイント

「櫻木さんのブログは読みやすい」と
言っていただけることが時々あります。

おかげさまでありがたいことです。

ブログを書くときに、何も考えずに
なんとなく書いているようで

「これは読みやすいかな?」と
自分なりにちょっとだけ
気をつけていることが実はいくつか。

そこで今日は編集者として
また、ブログを書く一人として
読みやすい文章を書く
8つのポイントをご紹介します。

①一文を長く書きすぎないこと

これは、特にスマホで見られることを
意識するとわかりやすいです。

一文を読むために
スマホの画面の横幅を何度も目で
往復するというのは疲れませんか?

ですので、できるだけ短めの文章で。

一気に長い一文を書いたときには
一旦、手をとめてその一文を分割できないか考えてみましょう。

②文末を単調にしないこと

「です」「ます」という
いわゆる「ですます調」ばかりや
「~と思います」ばかりで
文章を終わらせないということです。

その合間に、体言止めや質問「?」調の
文末を交えていく。

③同じ接続詞を多用していないかチェックする

でも、しかし、そして、など
頻繁に使いがちな接続詞をひとつの記事の中で
つい使ってしまうことも。

そういう場合は、類義語に置き換える。

④名詞のベストな使い方を考える

物という言葉ひとつとっても
「もの」「モノ」「物」という3つの書き方があります。

どの書き方が記事に合う
ニュアンスなのか、
ぴったりのイメージなのかを考えて
使い分けるのも雰囲気を盛り上げるコツです。

⑤句読点「、」「。」の入れ方に気をつける

特に「、」を入れる場所は
一文の中の意味の切れ目に入れるのが普通です。
「、」があまりない文章は
非常によみにくいので

「、」を入れるのが苦手な人は
意味の切れ目に入れる練習からぜひ!

⑥一文の中で漢字、ひらがな、
カタカナのバランスを考える

漢字のみを多用すると当たり前ですが
読みづらいです。
かといって、ひらがなばかりだと
ちょっと知性が欠けているような(笑)

全体的なバランスを見てみましょう。

⑦難しい表現を使わない

ここまで読んでいただくと
おわかりかと思いますが
私は難しい表現を使いません。

より知的な文章にするために
がんばって難しい書き方や
哲学的な書き方をする人がいますが

それは逆効果でしかありません。

⑧最終的にぜひ音読を

記事を書き終えたら
最初から音読してみる作業は
まちがいや表現の重複を見つける上でも効果絶大です!

簡単にエッセンスだけまとめてみましたが
いかがでしょうか?

どれかひとつでも意識して
お試しいただければ嬉しいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

募集中サービスのご案内】

★終活の資格を持っている方要注目!
人気終活ワーカー養成セミナー【0期生募集】
こちら

★人生の振り返りをしてみたい方注目!
【2021/5/18(火)Zoom】
実際に書く2時間!
私のエンディングノート入門講座開催予定
こちら

サービスのご案内】

※すべてオンライン(ZOOM)提供可。

売れる強みを知って
売り上げに繋げるコンサル

個人起業初心者の方もお気軽に↓をクリック

②【記事添削付き】集客をサポートするブログの書き方講座→こちら

③実際に書く2時間!エンディングノート入門講座→こちら

④【個別相談付き】セルフマガジンの作り方講座→こちら
★セルフマガジンの構成を依頼したい方向けサービス
・セルフマガジン制作応援セット
・セルフマガジンリニューアルアドバイス
こちら

★セルフマガジンの制作を依頼したい方向けサービス
(編集者+デザイナーによる)
セルフマガジンプロデュース
こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★執筆記事連載 住友林業リフォームサイト
これからの暮らしが豊かになる、50代からの”終活”のススメ

★“LINE公式アカウント”をやっています。

ここからの各種、お問合せもOKです!

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る