ブログ

大事な人を見送る立場になったときに。

伯母が亡くなって3年が経とうとしています。

最期は、誤嚥性肺炎により亡くなりました。

その頃を思い出してみますと

日を追うごとに伯母の滑舌が悪くなり

声もかなり小さいことも相まって
伯母が何を言っているのか
聞こえづらくなっていました。

でも意識はとてもはっきりしている
という状態。

私たちがお見舞いにいくと
嬉しそうに何かを伝えたいと
声にならない声を出すのです。

そこで私たちは伯母に
「おばちゃん、滑舌が悪いから
何を言っているかよくわからない。
だから、発声練習をしよう!」と持ちかけました。

今、思えば残酷ですが

そういうことを気軽に言える
伯母と姪たちの関係でした。

そのときは、よもや伯母がその数日後に
亡くなるとは思ってもおらず

「あ・い・う・え・お~」

「か・き・く・け・こ~」と

私たちの発声の後、
伯母にそれを言わせたり…。

「おばちゃん、やればできるじゃない」と
言うと、嬉しそうにニコニコして

それを見た私たちも
嬉しく笑ったのを覚えています。

それが伯母を見た最後でした。

死期がそう遠くないと
わかっていましたが

けれども、いつもと変わらぬ会話をしたことは
やはりよかったなと今も思います。

あのときの伯母が
思い出として残っていますから。

もうそこに死が迫っていても
それを見送る側はできるだけ
平常の過ごし方で対応する。

もちろん、お別れがそこまできているという
悲しみは筆舌に尽くしがたいのは
もちろんです。

しかし、こういうときにこそ
自然体というのは大切。

というのを伯母の最期のときから
学んだ気がします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【提供中のサービスのご案内】

※すべてオンライン(ZOOM)提供可。
売れる強みを知って
売り上げに繋げるコンサル

個人起業初心者の方もお気軽に↓をクリック

②【記事添削付き】集客をサポートするブログの書き方講座→こちら

③実際に書く2時間!エンディングノート入門講座→こちら

④【個別相談付き】セルフマガジンの作り方講座→こちら
★セルフマガジンの構成を依頼したい方向けサービス
・セルフマガジン制作応援セット
・セルフマガジンリニューアルアドバイス
こちら

★セルフマガジンの制作を依頼したい方向けサービス
(編集者+デザイナーによる)
セルフマガジンプロデュース
こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★執筆記事連載 住友林業リフォームサイト
これからの暮らしが豊かになる、50代からの”終活”のススメ

★“LINE公式アカウント”をやっています。

ここからの各種、お問合せもOKです!

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る