ブログ

日常的に起こる「譲る・譲られる」から想起すること。

先日、自宅近くの神社へ友人と
車で向かっていたときのこと。

おしゃべりに夢中になっていたのか
なぜか神社の入り口をスルーしてしまい
(というより、感覚的には
見失ってしまったというような)

そのまま狭い道路を走っていると
先方から車がきたので道を譲りました。

その後、ようやくたどり着いたら
神社でお祓いを終えたばかりの
車が出てきたので、また道を譲りました。

神社でゆっくりと過ごした後

神社を出てすぐにまた車と離合することになり
これはなんだか意味があると思い
2台の車に道を譲りました。

その後、友人と
「“譲る”がキーワード」という話に。

私になりに思うところもありましたが

そのひとつとして

「これまで何かしらいろいろと
人様に譲ってもらっていたのだろう」と。

だから、この日は自分たちが「譲る」
ということになったのではないか。

ここで自我が出て
自分たちが先に進まずよかった~
と思うことでした。

そもそも、運転をしていた友人は
まったくそういうタイプではないので
ありがたいことだったのですが。

自分が知らないところで
譲っていただいていることは
たくさんあるはずですよね。

だから、自分が「譲れる」状況のときは
できるだけ「譲る」ことをしたほうが
気持ちもいいし、巡り巡って

「譲っていただきたい!(どうかプリーズ)」と思うときに
譲っていただくこともあるのではと
思った秋の日の出来事。

以下、余談(笑)

どうしても譲っていただきたい時って
どういう時だろう?とふと考えてみました。

例えば、「もう、ムリーっ!!!」と
トイレへ駆け込んだときに
列ができているときとかかな(汗
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【提供中のサービスのご案内】

※すべてオンライン(ZOOM)提供可。
売れる強みを知って
売り上げに繋げるコンサル

個人起業初心者の方もお気軽に↓をクリック

②【記事添削付き】集客をサポートするブログの書き方講座→こちら

③実際に書く2時間!エンディングノート入門講座→こちら

④【個別相談付き】セルフマガジンの作り方講座→こちら
★セルフマガジンの構成を依頼したい方向けサービス
・セルフマガジン制作応援セット
・セルフマガジンリニューアルアドバイス
こちら

★セルフマガジンの制作を依頼したい方向けサービス
(編集者+デザイナーによる)
セルフマガジンプロデュース
こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★執筆記事連載 住友林業リフォームサイト
これからの暮らしが豊かになる、50代からの”終活”のススメ

★“LINE公式アカウント”をやっています。

ここからの各種、お問合せもOKです!

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る