ブログ

反目しあう相手の懐に入る必要があるときとは。

出版社勤務のころ、
私の昇進について
直属の上司はよく思っていませんでした。

もちろん推薦などするはずもなく(笑)

上司のさらに上の役員から
「櫻木を昇進させるように」ということで
仕方なく…だったようです。
(というのが私の耳に入ってきました)

それはそうでしょう。

私はこの上司のやり方に
反発していましたから。

私が上司なら
私みたいな部下はもう切って捨てたいはず(笑)

しかしながら、
彼女の右腕にならざるを得ない立場になり

嫌だな~ばっかり言っていられないと
思ったのを覚えています。

「売れる本をつくれ!」という
大きなミッション込みの昇進だったので。

そのままだったら
上司派・櫻木派という
ことにもなりかねず、

そんなことでは
売れる雑誌など作れるはずもなく。

そこで私は、
日頃からひとりランチをしていた彼女を
ランチに誘い始めました。

最初、彼女は「ぎょっ」と
驚いていましたが、

それが日常になると
彼女との間のわだかまりのようなものが
少しずつ氷解していき…。

早い段階で、媒体を丸ごと、
任されるようになりました。

私の場合、「売れる雑誌を作る」
という目的があったので
相手の懐に入っていきました。

しかし、そんな目的がなければ

ただ「嫌われたくないから」
という理由だけならそんなことはしません。

自分に無理をさせてまで
相手の懐に入らなくてもいい。

と思うのです。

誰とでも仲良くなんて
もう無理ムリ~。

自分にそういうストレスを与えないこと。

そこを考えるだけでも
ストレスなのですから。

あなたが心地よくお付き合いできる人は
世の中にまだまだた~くさんいますよ。

人とのお付き合いも
固執しすぎないことが大事ですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【提供中のサービスのご案内】

※すべてオンライン(ZOOM)提供可。
売れる強みを知って
売り上げに繋げるコンサル

個人起業初心者の方もお気軽に↓をクリック

②【記事添削付き】集客をサポートするブログの書き方講座→こちら

③実際に書く2時間!エンディングノート入門講座→こちら

④【個別相談付き】セルフマガジンの作り方講座→こちら
★セルフマガジンの構成を依頼したい方向けサービス
・セルフマガジン制作応援セット
・セルフマガジンリニューアルアドバイス
こちら

★セルフマガジンの制作を依頼したい方向けサービス
(編集者+デザイナーによる)
セルフマガジンプロデュース
こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★執筆記事連載 住友林業リフォームサイト
これからの暮らしが豊かになる、50代からの”終活”のススメ

★“LINE公式アカウント”をやっています。

ここからの各種、お問合せもOKです!

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る