ブログ

“自分軸で生きる”とは思うよりも覚悟がいること。

「自分軸で生きる」
というフレーズがありますが
具体的にどういうことなのだろうと
思うことがあります。

もしかしたらこういう事例は
「自分軸ではない」のかもと
思ったことがあります。

例えば、
『自分がすごく参加したいセミナーが
8月に開催されるとします』

しかし、こういう声が上がってきました。

「子どもが夏休みなので
参加できません。またの機会に…」

「その日は仕事が入ったので
参加できません」

これらは自分軸で生きていると
言えるでしょうか?
(いきなりキツイ書き方かしら~(笑))

子どもが理由になるのなら
それは他人軸で生きているということでは?
と思ったんですよね。

本当に参加したければ
子どもをどこかに預けるなり
どうにか手段を講じると思うのですが
そうではないということ。

「仕事が入った」というのも
絶対に参加したければ、
仕事が入らない手段をとることでしょう。

やりたい!という
自分の心の向く方向を大切にし
それを実現するのが“自分軸”だとすると

上述のそれは、
やはり自分軸で生きるとは
言わないと思うのです。

自分がセミナーに参加したいからと
子どもを預けたりすることに対して

仕事よりセミナー参加を選ぶことに対して

家族から、周囲から
何か言われるんじゃないか?

という他人の目を意識しているとしたら
それはやはり他人軸で生きているということ。
(急病やそれ以外のヘビーな理由は別として)

他人の基準(ルール)に従うことが
“他人軸”と言えるのかもしれません。

もちろん、最初から
がっつり「自分軸」で生きている人は
そうそういないかもしれませんが

少しずつ自分軸で生きるということを
(自己中とは違います)
トレーニングしていけば
いつしか、そうなれるのでは。

ちょっとした勇気とトライが
小さな成功体験を重ねていける手段であり

自分軸で生きていける、
つまり後悔少なく生きられるということに
繋がると私自身は思っています。

皆さんはどう思われますか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【提供中のサービスのご案内】

※すべてオンライン(ZOOM)提供可。
売れる強みを知って
売り上げに繋げるコンサル

個人起業初心者の方もお気軽に↓をクリック

②【記事添削付き】集客をサポートするブログの書き方講座→こちら

③実際に書く2時間!エンディングノート入門講座→こちら

④【個別相談付き】セルフマガジンの作り方講座→こちら
★セルフマガジンの構成を依頼したい方向けサービス
・セルフマガジン制作応援セット
・セルフマガジンリニューアルアドバイス
こちら

★セルフマガジンの制作を依頼したい方向けサービス
(編集者+デザイナーによる)
セルフマガジンプロデュース
こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★執筆記事連載 住友林業リフォームサイト
これからの暮らしが豊かになる、50代からの”終活”のススメ

★“LINE公式アカウント”をやっています。

ここからの各種、お問合せもOKです!

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る