ブログ

「○○セミナーに参加しました!」記事を単なるレポート記事で終わらせない方法。

“起業初心者向けライティング・コーチ”の
櫻木よしこです。

と初めて名乗り、
いつもとは違った導入を試してみました。

いかがでしょうか(笑)?

前置きはさておき、

講座やセミナーセッション、
コンサルなどを受けたときに
その感想を記事にする方は多いです。

しかし、そのタイトルは

「○○講座に参加しました!」

「○○のコンサルを受けてよかったです!」

というようなものが多く
その記事も講座の概要などが
書かれている部分が多くを占めます。

それだとなかなか多くの人には
読んでもらいにくいです。

なぜか?

あなたはそれを前のめりで
読みたいと思いますか?

単なるレポート記事と
思われてしまいがちだからです。

例えば「○○セミナーを受講した」
という事実をネタにするならば

切り口はいくつかあるので
それについて今日はご紹介します。

以下のようなポイントで
自分が好感を持てた部分について
深堀して書いていけば

単なるレポート記事にならなくて済む
ということです。

①講師の話し方について書く

わかりやすい、ききとりやすい
話し方をしていたか?
大事な部分は理解しやすいように
抑揚をつけていたか?等。

②セミナーに参加するまでの
講師の対応について書く

申し込んでから当日まで
講師の対応は丁寧だったか?
不安はなかったか?

当日の個別のあいさつなど
安堵感を得られたか?等。

③講師が準備したスライドや
資料について書く

セミナーで使った
パワーポイントのスライドや
講師が用意した資料が
とても見やすかった等。
それはどこが良かったのか?

④講座のペース配分について書く

一方的に話を聞いたりして
眠気を誘うようなものではなく(笑)

受講する側もそのときに考えたり
話をする機会があるなど
動きのある内容かどうか?
(それがいい悪いではなく
自分が快適だったならそのことを書く)

⑤それ以外で好ましく思ったことを書く
上述した以外に「この点がよかった」
というポイントがあれば
そこを深堀して書いていく。

タイトルについても
「○○セミナーに参加しました!」だったら
セミナーのレポート記事と判断されがちで
読まれる人も限られます。

しかし、
“講師の話し方”について記事を書いたなら

「セミナーの理解力は講師の話し方でキマる!」
みたいなタイトルにすることで

セミナーを主宰する立場の
人たちも興味を持ちます。

「セミナーに参加した」という
ひとつのネタをどう料理して
単なるレポート記事に思わせないようにするか。

それは、そのセミナーを通して
あなたが「ここが一番よかった!」という
ところにフォーカスして書くということ。
そして、タイトルを工夫する。

この2点です。

とはいえ「ブログを書くのが苦手~」
という方はお気軽に開催リクエストをどうぞ!
★【記事添削付き・ZOOM】
集客をサポートするブログの書き方講座→こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【提供中のサービスのご案内】

※すべてオンライン(ZOOM)提供可。
売れる強みを知って売り上げに繋げるコンサル
強みを知って新しいコンテンツを考えることもできます!↓をクリック

②【記事添削付き】集客をサポートするブログの書き方講座→こちら

③実際に書く2時間!エンディングノート入門講座→こちら

④【個別相談付き】セルフマガジンの作り方講座→こちら
★セルフマガジンの構成を依頼したい方向けサービス
・セルフマガジン制作応援セット
・セルフマガジンリニューアルアドバイス
こちら

★セルフマガジンの制作を依頼したい方向けサービス
(編集者+デザイナーによる)
セルフマガジンプロデュース
こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★執筆記事連載 住友林業リフォームサイト
これからの暮らしが豊かになる、50代からの”終活”のススメ

★“LINE公式アカウント”をやっています。

ここからの各種、お問合せもOKです!

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る