ブログ

【後編】誰もが後悔しないために妹の子供たちがとった行動とは。

昨日の続編になります。
昨日の記事はこちら▼

家族へのお見舞いを断る判断基準はどこに合わせればいいのでしょうか?

お見舞いをあきらめていた妹です。

しかし、妹の子供たちはその様子を見て
やはり後悔のないようにしてあげたいと
姉の子供(いとこ)に連絡を取りました。

いとこ同士のやりとりです。

なんとかひと目だけでも
面会をさせてもらえないものか?
とメールでお願いしました。

母にとっては姉は家族で
二人の間の想いというものも
あると思うと…。

一度は断られたことを踏まえて
とても丁寧なメールを書いたそうです。

すると、その誠意が伝わったようで

面会ができることになりました。

妹の子供たちは、
母が義兄にあんな風に言われて
面会をあきらめていたけれども、

ここですべてをあきらめたら

自分たちを含めて
みんなが後悔するのではないかと
思ったそうです。

無理かもしれない

互いの家の関係性がこじれるかもしれない

と思いながらも

お願いすることは悪いことではない。

ということで
本音でいとこにメールを書いたそうです。

いとこに連絡をとることを、
母に言ったら止められるかもしれないと
母に黙ってそのメールを
いとこに送ったという。

イチかバチかだったみたいですが
功を奏して本当によかったと思います。

後々、

断った後悔(義兄)

あきらめた後悔(妹)

何もしなかった後悔(妹の子供たち)

という起こりうる3つの後悔は
少なくともクリアできることになったわけです。

私はこの話を聞いて
“想い”というものの強さを感じ

ひとつの事案に対し
多方向から物事を考える
ということも改めて学びました。

最後になりますが、

昨日、書いた記事を読んでくださった
看護師で折り紙クリエイターとしても
ご活躍の望月祥子さんの記事を
ここにご紹介したいと思います。

悲しいことを悲しいままで終わらせるな

▼折り紙クリエイターshoko
すぐにやってみたくなる
折り紙の動画です。
ぜひ一度、ご視聴を!
You Tubeはこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼ 時間のある今のうちに
一歩先へ進みませんか?

【オンライン提供メニュー】

自分の売れる強みを知って売り上げに繋げるコンサル
強みを知って新しいコンテンツを考えることもできます!↓をクリック

集客をサポートするブログの書き方講座→こちら

③実際に書く2時間!エンディングノート入門講座→こちら

④セルフマガジン関連サービス→こちら
・セルフマガジンの内容(構成)
・セルフマガジンの作り方講座
・セルフマガジン制作

★執筆記事連載 住友林業リフォームサイト
これからの暮らしが豊かになる、50代からの”終活”のススメ

★“LINE公式アカウント”をやっています。

ここからの各種、お問合せもOKです!

★講座やセッションの
開催リクエストを希望される方へ

※上記都市以外で開催を希望される方は
お気軽にお問い合わせください。
こちら

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る