ブログ

私が“終活カウンセラー”になった意外なきっかけとは。

現在、個人起業ブランディングコンサルタント
編集者という肩書に加えて
上級終活カウンセラーとしても
仕事をしています。

そこで、これまで書いていない(多分)
“終活カウンセラー”になった理由を
時々、尋ねられることもあるので
改めて書いてみたいと思います。

かれこれ、6年以上前のことになります。
(私が大きくリスタートする前)

世の中には葬儀告別式が遺族が用意する
「会葬礼状」なるものがありますが

その“オリジナル会葬礼状”を作る会社で
2か月ほど文章・文字校正のバイトを
したことがあります。

気分転換もしてみたかったというのもあり(笑)

“オリジナル会葬礼状”とは
以下のようなものです。

「父は生前、魚釣りが大好きで
週末ごとに友人たちと魚釣りに出かけて
釣ってきた魚をうまくさばき、
私たち家族に新鮮なお刺身をふるまってくれました」

というように故人とのエピソードが
具体的に盛り込まれています。

ごらんになったことが
あるのではないでしょうか?

全国の葬儀場から鹿児島の数十人の
オペレーターが待機する会社へ
電話がかかってきて、
オペレーターが遺族にインタビューをし
すぐに文章を書き、
校正へまわし印刷へという
スピードを求められる作業が
日々繰り広げられています。

毎日そこで私は黙々と
文字・文章校正をしつつ
こんなことを思ったのです。

「亡くなってからは
遺族もバタバタと大変なんだから
生きている間に自分でお礼状を
準備しておけばいいんじゃないのかな?

それだったら自分が伝えたいことを
しっかりと盛り込める!」

その想いが強くなり
いきなりこうサービスを作りました↓

自分で用意したい会葬礼状
“こころの置き手紙”

私が対面または電話でインタビューし
本人が残したいメッセージを
会葬礼状仕立てに仕上げるというもの。

これまですでに数名の方に
ご利用いただいております。

ご利用いただいた方は
「自分がインタビューを受けてみて
自分の想いがいろいろわかり
家族に対してわだかまりが
何だったのかもわかり、
素直に感謝できるようになりました」
といううれしいご感想もくださいました。

これらのことから、
私は終活に興味を持ち始め
ちょっと勉強してみようと
(社)終活カウンセラー協会
初級・上級資格を取得しての今があります。

現在は、人生の後半を有意義に過ごしたい、
家族に迷惑をかけずに終焉を迎えたい方々を
サポートする地方自治体や
新聞社、葬儀社等に向けて、
“終活の案内人”として講演・講座・執筆活動も行っています。

明日(1/19日)は鹿児島県阿久根市にて
“親子で終活”をテーマに
講演させていただきます
(10:40-11:50)。
終活に興味がある方、
ぜひお気軽にお越しください。
https://bit.ly/2NBWI5K

————————————————————-
・自分の強みを知って集客に繋げるコンサル(オンライン)
https://bit.ly/2uViStn

・セルフマガジンの内容(構成)を考えるサービス
https://bit.ly/2QXDQ3i

・セルフマガジン制作サービス
https://bit.ly/2QXDQ3i

講座・イベント情報

鹿児島市開催

2020年2月5日(水)残席2
『新年の目標を実現させる!パワーアフタヌーンティー』
https://bit.ly/2MSFj8B

 ◆“LINE公式アカウント”をやっています。

ここからの各種、お問合せもOKです!

◆講座やセッションの
開催リクエストを希望される方へ

※上記都市以外で開催を希望される方は
お気軽にお問い合わせください。
こちら

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

個人起業ブランディングコンサルタント、編集者、上級終活カウンセラー。鹿児島市在住。
・最初の一歩が踏み出せない。 ・自分の強みがわからない。 ・ブログ記事に自信がない。 そういう悩みを抱える方をサポートしています。
編集者として培った「他者目線で売れるポイントを見ぬく」スキルをいかし、個人向けのブランディングコンサルティングやブログ講座、ブランディング講座を各地で開催(コンサルティングはオンラインでも実施中)。
個人起業家に役立つ集客ツール“セルフマガジン”制作もデザイナーと組んで制作を請け負う。
一方、人生の後半を有意義に過ごしたい、家族に迷惑をかけずに終焉を迎えたい方や、そういう方々をサポートする地方自治体や新聞社、葬儀社等に向けて、“終活の案内人”として講演・講座・執筆活動も行っている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る