ブログ

東京の出版社に決まっていた就職を一瞬で断る決断をした不思議なお話。

ずっとずーっと前に
私は自分でも「おっと、どうした私?」
という決断をしたことがあります。

普通はそこまで決まっていて
それはやらないでしょ?
というような。

先日、ある方々に私の経歴を話していた流れから
「なぜ鹿児島に?」と尋ねられ
そこのところを話したら、
とても驚かれたので
ちょっと書いてみたいと思います。

シドニーで5年間編集者として仕事をした後、
私はそのまま故郷の鹿児島へ
ストレートに帰らず、
東京で一度仕事をしようと思いました。

まずは東京にある
既知の出版社からフリーランスというカタチで
仕事を請け負い、やっていました。

そのうちに、そこで編集者として
就職することが決まり、
鹿児島にすべて預けていた荷物を
とりまとめるために
一旦、鹿児島へ帰ったときのこと。

ひとりでぼーっと海を見に行っていたら
突然、「東京はだめだ」というのが
降ってきました。

これは自分でも
かなりびっくりしたのですが
“降りてきた”という感覚に等しかったかと。

東京で出版社に就職が決まり、よかったな
ということが頭にあったのに
いきなりそんな出鼻をくじくようなことが…。

すると、不思議なことに
私も「あ、そうなの? 
え? だめなの?
じゃあやめます」と
すっとそれを受け入れたという。

そして、自宅に戻り家族に
「やっぱり東京では就職しない。
鹿児島に住む」と伝えたのですが、
家族のほうが「はぁ?」と
かなりびっくり(笑)

東京に残していた仕事を終えるために
就職をお断りするために
すぐに東京へ戻りましたが
東京にいながら、鹿児島での就職先を
探し、決めた私。

周囲からは「編集者なんだから
どう考えたって東京でしょ。
チャンスはたくさんあるし、
活躍できる場だって、刺激だって
鹿児島とは比べ物にならないよ」と
さんざん言われました(笑)

でも、私はなぜか揺れ動かなかったのです。
そして、あのときの
一瞬の不思議な感覚のほうを大事にして
今に至ります。

ベースは鹿児島。

桜島がどーんと変わらぬ姿であり続ける場所。
鹿児島を拠点にして
ときに日本の端っこにあることを
「あぁ不便だな(笑)」と苦笑いしながら出張します。

私の人生を変えたひとつの決断だったと思います。

条件や状況よりも
自分の気持ちや感覚を優先させたことに
後悔はないというのが今の正直な気持ちです。

————————————————————-
・自分の強みを知って集客に繋げるコンサルティング(オンライン)
https://bit.ly/2uViStn

・セルフマガジンの内容(構成)を考えるサービス
https://bit.ly/2QXDQ3i

・セルフマガジン制作サービス
https://bit.ly/2QXDQ3i

講座・イベント情報

鹿児島市開催

2020年2月5日(水)残席2
『新年の目標を実現させる!パワーアフタヌーンティー』
https://bit.ly/2MSFj8B

 ◆“LINE公式アカウント”をやっています。

ここからの各種、お問合せもOKです!

◆講座やセッションの
開催リクエストを希望される方へ

※上記都市以外で開催を希望される方は
お気軽にお問い合わせください。
こちら

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

個人起業ブランディングコンサルタント、編集者、上級終活カウンセラー。鹿児島市在住。
・最初の一歩が踏み出せない。 ・自分の強みがわからない。 ・ブログ記事に自信がない。 そういう悩みを抱える方をサポートしています。
編集者として培った「他者目線で売れるポイントを見ぬく」スキルをいかし、個人向けのブランディングコンサルティングやブログ講座、ブランディング講座を各地で開催(コンサルティングはオンラインでも実施中)。
個人起業家に役立つ集客ツール“セルフマガジン”制作もデザイナーと組んで制作を請け負う。
一方、人生の後半を有意義に過ごしたい、家族に迷惑をかけずに終焉を迎えたい方や、そういう方々をサポートする地方自治体や新聞社、葬儀社等に向けて、“終活の案内人”として講演・講座・執筆活動も行っている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る